« 第2回わんだほーろぼっとか~にばる・ぷち観戦記【サイコロシュート】 | トップページ | 第2回わんだほーろぼっとか~にばる・ぷち観戦記インデックス »

2009.04.30

第2回わんだほーろぼっとか~にばる・ぷち観戦記【ROBO-ONEバトル~ランブル~表彰】

 20分より、per4mのミニコンサートが行われ、そのあとトーナメント戦が行われています。見ている人がきょとんとしているような気がするのが非常に気になる処。

 さて、これで予選全組み合わせはこれで終了!
 最後の決勝トーナメントに進む機体が決定します。まずは決勝参加選手が呼び出され、リング前に登場します。

No.21 シグマ (しまけん) vs No.22 サアガ (イガア)
No.3 ストライカー (ひろき) vs No.2 automo 05(Go-Wan) (holypong)

 バトルモーションが入っていないというストライカー、バトルが大好物オートモ。そしてご存じ、なんでも投げるロボット起重機サアガ。そして掟破りの多足マシン、シグマ登場。
 …………なんとシグマが決勝トーナメントに進出です。いろいろな意味でどういう試合になるのか気になります。後ろで特別ルールの打ち合わせが行われています。しまけんさんによれば、「バトルをするとかそういう次元のことを考えていなかった」と。そりゃまあ、そうですよね。
 なんとここで主催者から差し入れが! 箱いっぱいのバナナが優勝賞品として提供されます。これはなんていうか、想像のできない勝負になりそうだ。

No.3 ストライカー (ひろき) vs No.2 automo 05(Go-Wan) (holypong)

 さて、バトルスタート。まずは回り込んで位置を取りに行くストライカー、一方のオートモは間合いの広い攻撃で打ち込んでいく、跳ねて旋回するストライカー、位置を取っていきますが、オートモの攻撃レンジを外していきます。サイドパンチを狙うオートモ、しかしストライカーは位置を取って背後を背後を取りに行く、オートモのパンチで押し汲むがストライカーも投げのモーションで押し戻す、胴体を抱え込む、いやストライカーが打点を外す、距離を外したストライカー、しかし交錯ざまの攻撃でストライカーがダウンを奪われる。
 大きな体格差で手数の多いオートモ、ストライカーを投げに捉えますが、これは倒せない。胴体を掴んだまま右に左にぶれてしまう、サイドに追い込むオートモ、ストライカー崩れない。掬うようなオートモのパンチ、ストライカーは致命傷を避けて攻撃のチャンスを狙う構え、おっと腰の下に入った、吹っ飛んでストライカー2ダウン、これでぎりぎり、追い詰められたところで時間がなくなってきた、両者サイドパンチを繰り出してワンチャンスを狙うがここで試合終了。2-0でストライカー2ダウン、オートモが勝利を収めました!

「素早い動きで避けられていたが、攻撃の決め手を欠いていた」とひろきさんでした。

No.21 シグマ (しまけん) vs No.22 サアガ (イガア)

 さて、これは一体どういう対決になるんでしょうか、シグマとサアガの対決です。投げが決まるかどうか予想もできない、とサアガ。何が起こるか僕にも判らない、とシグマでした。「楽しんで貰えるのか。時間が欲しかったですね」とシリアスなコメント。
 さて、この試合には特別ルールが入ります。6本脚はダウンが取れないので、「ひっくり返されたら、その時点で即負け」と言う特別ルールが入ります。
 さあ、この補足ルールをサアガが生かし切れるか。気になる試合はいまスタート。まず一気に突っ込んだサアガ、腕を突っ込んでひっくり返しを目指します。シグマはずるずると押していく構え、サアガ、脚の一本を掴んだが投げきれない、シグマが押していく、さらにサアガがそれでも押しに行く。シグマが逃げるのか、サアガに押されているのか、しかし体を入れ替えてシグマがいつのまにかサアガを押す構え、まず1点を奪う。かたかたと歩き回るシグマの胴体に絡んだサアガ、今度は脚を2本同時に掴んで投げにかかる、しかしこれもひっくり返せない。サアガ、果敢に投げに行く。掴みに行く。シグマも困っている、攻めきれないか。1ダウン有利のサアガ、頭を掴んだがこれも押し切れない、コーナーに追い詰められたサアガ、すごい勢いで離脱、今度は押し出しにかかった! シグマ、押し切られて1ダウン、1-1引き分けの構え、サアガが押し出し、今度はシグマが主導権を握る、押し合いだ、ぐるぐる回ってしまう、しかしさらに押しにかかるサアガ、サアガに投げを諦めさせたのか、コーナーポストに突き刺さったシグマ、なんと後退しすぎた動きでオウンゴールのようなダウン! これで2-1、さらに最後まで押し合いが続いたところで試合終了、サアガが勝利を収めました。
 
「いい体験をさせていただきました」としまけんさんでした。

No.22 サアガ (イガア) vs No.2 automo 05(Go-Wan) (holypong)

 さあ、いよいよ決勝戦! 大型オートモ、Go-Wanと、難敵シグマをぎりぎり退けたサアガの対決。アウトスタンスからの一撃に賭けるオートモに対し、今度こそ投げる、と誓うサアガ。打撃と投げと、大型機と小型機と、いよいよ本日総決算の対決のはじまりです。
 さあ、まず突っ込んだのはサアガ、中央での睨み合い、凄まじい勢いで突っ込んで横突きを放つオートモ、しかしサアガとオートモ、両者が投げ技を同時に正面から打って相殺した、屈んで突っ込んでいくサアガ、オートモが押し切られ、反撃の構え出し切れずリングアウト、すごい勢いで突っ込んだサアガ、持ち上げかけたところで乗り切った! そのまま姿勢が落下する、サアガが後ろから狙いにかかる、しかし姿勢を適確に落としてオートモが凌ぐ、長いパンチ、しかしサアガが躱していく、伸ばした腕は体の前へ、サアガの頭を掠めた投げはしかし決まり切らない、伸ばした腕に食いついた投げは、しかしスリップと見なす、長い腕を引き倒して倒すが、しかしこれも決まり切らない。なかなか間合いに入りきれない、今度はオートモのパンチの出がかりを潰していく、オートモも投げに掴みに舞いますが決まりきれない、先に倒れてしまうオートモ、これは時間がない、どうなるのか、ダウン、最後はオートモがダウン。
 結果的に、オートモ2ダウン、サアガ0ダウン! これでオートモを下し、サアガが優勝となりました!

「パンチをまさか掴まれるとは思わなかった。メリッサにこれから頑張ってほしい」とHOLYPONGさん。
「パンチを捕まえたのはほとんど偶然でした。攻撃と投げがほとんど同時に出ていたので。勝因は小さいロボットは素早く動けるのが、スピードがあるほうが有利なのかな」と言うことでした。

 優勝賞品のバナナ一箱が、イガアさんの好意で皆さんに配布されたあと。いしかわさんの一言で、ランブル開催が急遽決定! 動くロボット全てを動員しての30体大ランブルが開催することになります。

 さあ、ランブルです。もう何が起きてるのかさっぱりわかりません。人垣です。おっと、煙が出たらしい。なんか燃えた! なんか燃えてる! 白い煙が。メカボンが燃えたようです。自主的に回収して下さい、とダイガック回収して下さい、と声が飛びます。電話が鳴ったりロボットが肩よたり、もうなんだかわけのわからないことになっています。ちっちゃい子が横でper4mのステージを見ています。自主的に回収して! の声が飛んでおります。収集はすでにつかなくなっています。オサルはひっくり返っても大丈夫。悲鳴にも似たアニメイダーさんの声が飛びます。キノピーとオサルがどうやら残っているようです。キャバリアはいつものように残っている。サイコロが生き残ってのか。ガルーも闘っている、竜鬼Ⅱが落ちた、残りはあと1分。もうなにがなんだかわからなくなっています。ガルーがひっくりかえったところで終了となりました。

 会長判断で、ランブルで生き残った選手にバナナ2本が配布されることが決定されたところで、全競技、全種目、全予定外競技全て終了となりました。
 第2回わんだほーろぼっとか~にばる・ぷち、バナナの匂いとともに。これにて全編の終了と相成りました。

 さてその後。「GATはバナナの皮で転ぶか」と言う崇高な命題を皆で追求していてすっかり忘れていましたが、結果発表と表彰が行われます。
 総合優勝はサアガ。ダッシュ優勝はメリッサ・ヘカトンケイレス、ボトル優勝はサアガ、サイコロシュートはストライカーが最優秀選手となります。
 紅白対決は、272対245で、紅組の勝利となりました!

 戦い終わって日が暮れて、一時の夢のようにはかどっていく撤収作業。
 主催であるものクリの方からも、また見ている方からもだいぶんご好評頂いたとのことで。参加者の皆さんに感謝するとともに、本来ないほうがいい領域でも割とハラハラドキドキしたわんだほーろぼっとか~にばる・ぷち、これにて全編の終了となりました。
 参加者の皆さんの、なんていうかイベント慣れ度はすでに鉄板の領域で不安のないところですから、もう少しあれこれと微改良して。競技している皆さんが気持ち良く、お客さんが楽しくやれるようになったら、あちこち行けて面白そう。などと思った一日でありました。

 さてさて。このあとはいよいよ休めない大型連休、ROBO-ONEウィークがひかえてますよー。

|

« 第2回わんだほーろぼっとか~にばる・ぷち観戦記【サイコロシュート】 | トップページ | 第2回わんだほーろぼっとか~にばる・ぷち観戦記インデックス »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/44848651

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回わんだほーろぼっとか~にばる・ぷち観戦記【ROBO-ONEバトル~ランブル~表彰】:

« 第2回わんだほーろぼっとか~にばる・ぷち観戦記【サイコロシュート】 | トップページ | 第2回わんだほーろぼっとか~にばる・ぷち観戦記インデックス »