« 第16回KONDO CUP観戦記【準決勝】 | トップページ | 第16回KONDO CUP観戦記【表彰】 »

2009.06.14

第16回KONDO CUP観戦記【決勝】

2009061405
 残るは決勝戦。

 さあさあ、15分からはいよいよ最終試合。
 第11試合、決勝戦となります。

第11試合
スピード☆スターズ vs トリニティ

 大型ユニット一機と小型ユニット二機から為るスピードスターズチーム、対するは途切れない猛攻で圧倒的な攻撃力を誇るトリニティチーム。鍵を握るのは両チームのストライカー、サアガとガルー。そして鉄の双璧、ガットとガーゴイルの超大型キーパー同士の対決に期待がかかります。
 まずはスピードスターズのキックから。いきなりサアガが転んでしまいます。いきなりのキック、これはキャバリアが横っとびにカット。突っ込んでいったサアガとストライカー、これはキャバリアが防ぎに入る。ガルーがスローインの構え、ガットがすでに防御に入っている。角度を調整した、さあ長距離砲、しかしガットが腕を伸ばしてカット、転がったボールをサアガが転がす、ストライカーがカット、サアガが突っ込んでキープ、しかしガルーがカット。戻ったボールをガルーが取りに行く、今度は中央で団子、キャバリアが体を入れる、サアガが取り返す。ネジが飛んだか。おっと、一気に転がったボールをガーゴイルがキャッチ。これを掴んで、持ち上げて、溜めて投げた、しかしストライカーが足下に落としてカット、キャバリアのヒールキック、しかしゴール寸前でガットの裏に、ガットが腕を持ち上げて旋回、クレーンのようにキープしてゴールスローへ、投げたスローはキャバリアがカット、しかしサアガとガルーがラインで睨み合い、ラインを割ったボールがガルーのスローイン。残り2分10秒。一気に投げ込む、しかしストライカーに当たったボールはフリー、キャバリアがシュートに構えるがサアガがカット、転がったボールはガルーの足下、しかしサアガがさらに弾き返す、ストライカーが拾いに行くがガーゴイルがカット、ゴールスロー、サアガがトラップ、ガルーと一対一、ボールは横へ、ガルーが足でサイドに出した、ここでストライカーのセットプレイ。スローインでガルーが逆サイド、しかしボールは直接ゴールへ。これはノーカウント。さて、ガーゴイルのスローから再開です。あれ、ぺたっと腕を下ろしてしまう。ガーゴイルのスロー、大きく飛んだボールは逆サイドのコーナーまで一気に飛ぶ。ストライカーのスローイン、飛んだボールは抜けた、サアガが追いすがる、しかしガルーが横にカット、取りに行くサアガをキャバリアが、そしてガルーがカットする、ガルー、強引なドリブル、しかしこぼれたボールをサアガがシュート、これをガーゴイルがキャッチ。持ち直してガーゴイルがゴールスロー、時間を使っていく。しかし飛んだボールは味方のいないサイドへ、サアガの前、ガルーが抜いた、ストライカーが押さえる、中央での奪い合い。ボールはややトリニティサイド、サアガが背後から押していく、最後はサアガごとボールをガーゴイルがキャッチしホールドしたところで前半戦終了、0-0で時間切れとなりインターバルと相成ります。

 これは本当に点数が入るのでしょうか、と言われている中、インターバルに入ります。
 あっと言う間にインターバル終了。さあ、両チームコート中に姿を現します。トリニティは満を持してクロムキッドが登場。元気な選手が入ることで戦力をさらに保持します。今度はガルーのキックから試合再開。
 いきなりのロングシュート、抜けたゴールをしかしガットがキープ、見事なキャッチで奇襲を止めた、ボールを掴んでサイドから力強く投げる、しかし角度がつきすぎたか、これはサアガに追いつけずサイドを割る、ガルーのサイドスロー。セットプレイ。飛んだボールはガットの腕の下を…… おっと、触ったと言う判断! これで1-0、トリニティが先制します!
 スピードスターズ、サアガのキックで再開、こぼれたボールをストライカーが拾う、またサアガ、しかし誰もいない、シュートを打ちたいが、ボールは逆サイドに戻っていく、空間が詰まる、クロムキッドとガルーが二機で塞いだところに、ガーゴイルがキャッチ。ボールを掴んで投げ上げる、大きく投げたボールはクロムキッドの頭上から落ちた構え、今度はストライカーの投げるチャンス。両腕で掴んだ、サアガが逆サイドに構える、しかしクロムキッドがトラップ、下がったところにサアガが突っ込む、しかし転がったボールはサイドを割り、ガルーのスローだ。持ち上げて角度を取り、ストライカーの胸に当たったボールは、投げたガルーの足下に。しかしぶつかりあい、サアガがクロムキッドとガルーと当たって、倒れてしまう、しかしこぼれたボールをストライカーがカバー、サアガが横からシュートを狙う、しかしボールはサイドへ、再びガルーが狙いを定める。サイドスロー、しかしロングスロー、今度はノータッチでゴールへ。これはスコアになりません。ガットのサイドキックから入ります。ここでクロムキッド、キャバリアと再び交替。
 投げて残り1分切った、ガーゴイルが取り損ねボールは前に転がる、サアガとガルーの奪い合い、そして横に出たボールをストライカーが掴む、ガットが前に出た、壁と壁、ガットとガーゴイルが睨み合う、すごい巨大なぶつかり合いだ。さあ、壁と壁、どういう勝負になってしまうのか。ガーゴイルの腕の前に…… あっと、ストライカーのボールは大きく上から飛んだ! 予想外のところにガーゴイルの頭上、頭の上をぼん、と飛んで、ボールはゴールに飛び込んだ!
 1-1から再開、最初のファーストタッチ、しかしゴール寸前に転がったボールを、追いすがるガルーを横にガットがキープ。腕を下げて掴んだ、ぽいっと横に投げる、このボールは空白の飛ぶ、サアガが拾いに行った、しかし進路上にガルーが居る。シュート、しかしこれはガーゴイルがキャッチ。残り8秒。
 掴んだ、持ち上げた、置いた、もう一度。狙う、キャバリアが転がる。飛んだボールは落ちてストライカーの足下に、そして攻めきれず時間切れ、ここで延長戦。1-1で、サドンデスの延長戦に突入します!

 さて、インターバルの後はサドンデスの決勝戦。どうしたんでしょう、キャバリアが故障した模様。クロムキッドがコートに復帰しますが、このクロムキッドも故障している状況とのこと。トリニティ、万全とは言えない状況で延長戦に挑みます。サアガの鉢巻がコートを吹き抜ける風に靡く。いよいよ決着です。

 さあ開始、いきなり大丈夫でしょうかクロムキッド、かなり削れる音がしている、かなり嫌な音がしています。ガルーが構えた、慎重に位置を取る、しかしなんとサアガが見事なトラッピング、しかし受け止めたボールはサイドへと転がった、これはトリニティボール。クロムキッドがスローインに入る、ガーゴイルも上がってきて全員攻撃の構え、壁対壁、攻守を変えての展開、持ち上げた、サアガが転がった、クロムキッドが構え、角度を取る。ガーゴイルはペナルティエリアぎりぎり、転がったボールは集まった選手達の中央へ、見事にゴールエリア寸前、空白のエリアに落下する! ガルーとサアガが、全ての選手が、一瞬の空白の後追いすがる、早かったのはガルー、一瞬の横蹴りでボールをゴールへ叩き込む、これで2-1。延長の死闘、サドンデスマッチを制して。クロムキッドのスローをガルーがフォローし、トリニティが優勝をもぎ取りました!

 このあとはKHRクラスの決勝戦が行われます。

|

« 第16回KONDO CUP観戦記【準決勝】 | トップページ | 第16回KONDO CUP観戦記【表彰】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/45343342

この記事へのトラックバック一覧です: 第16回KONDO CUP観戦記【決勝】:

« 第16回KONDO CUP観戦記【準決勝】 | トップページ | 第16回KONDO CUP観戦記【表彰】 »