« 第16回KONDO CUP観戦記【予選】 | トップページ | 第16回KONDO CUP観戦記【準決勝】 »

2009.06.14

第16回KONDO CUP観戦記【一回戦】

 さて、休憩のあとは決勝トーナメント。
 予選によって決められた対戦順の通りに対戦していきます。この後半戦からは、前後半それぞれ5分ハーフのフルタイムの試合となりますよ。

2009061402
 決勝トーナメント表。

第7試合
SKY vs 四川会

 今回はデシュミット、ファントム、デュミナスの三機で決勝に挑むSKY。一方の四川会、トコトコ丸がまだいません。メタリックファイター二機だけが現在コート上に上がっています。人数が不足のまま闘う事になるんでしょうか? トコトコ丸が到着しないと厳しいところですが……。
 あみのさんが戻ってこないまま、2vs3で戦う形となってしまいます。ファーストタッチのじゃんけんで全敗してしまう四川会。いよいよキックオフです。
 デュナミスのキック、平べったく変形してブロックするメタx2。ボールと絡んでいないところでのチャージと言うことで、四川会、あ、チャージを取られます。デュミナスのキック、再び平べったくなってブロック。中央のラインに転がったボールをファントムがドリブル、しかしデュミナスが転がってボールにのしかかってしまう、メタリックファイターがぶつかって防いでいく、ボールはサイドヘ。ここでデュミナスのキックイン、キーパーがうまくブロック。キープした。
 さあ、メタリックファイターのゴールスローが飛ぶ、超長距離のスローイン、メタがトラッピングしてシュートの構え、しかしデシュミットが掴んでキープ、ゴールキックに切り替える。腕で転がしたボールはサイドへ、メタリックファイターのスローインから再開です。ここでぶつけて入れていけるか。掴んで持ち上げた、お、トコトコ丸が復帰してきた。真上に上げたボールはデュミナスに当てた、距離を稼いで再びサイドからのスローイン、トコトコが逆サイドへ移動する、大きく投げるがトコトコの後ろまでボールは飛んでしまう、ボールはまだ生きている、コーナーからファントムが下がって掴む、これをデシュミット、掴んでキープ。ゴールキックから再開。あ、腕が絡んでしまったようです。やや待って再開。残り1分となります。
 デシュミットのスローインから再開。デュミナスが前に、しかしトコトコ丸がカットしドリブル、メタリックファイターが割り込んでボールはサイドへ。SKYのボール、ファントムが入れます。キックはデュミナスの前方へ、デュミナスの前を見事なブロックでボールを横へ、コーナーに逃げた。SKYのコーナー、ボールはトコトコの前へ。ゴールで団子になった、キーパーが転倒、デュナミスの後ろに入ったボールは横へ、四川会のボールに変わる。残り11秒。サイドからのスローイン、大きく…… あっとSKYキーパーがいない。スローインが入ったところでタイムアップ。これで前半5分が終了となります。
 インターバルを置いて、後半戦となります。コートチェンジはありません。

 SKYチームはマノイも復帰、選手交代…… はなしですね。デシュミットがそのままキーパーを務めます。あら、ファントムが下がってマノイと交替ですね。
 後半戦開始、メタのキックをデュミナスがカット。マノイが横から蹴り入れる、ボールはセンターからサイドへ、デュミナスのスローイン、転がっていますメタ。トラッピング、しかし弾き返しすぎて再び逆サイドへ。デュミナス、再びキックイン。これは抜けた、いいところに転がったボール、ボールはフリーに、団子状態になったところで、チャージとなります、マノイのシュートチャンス。トコトコとメタの防御を抜けるか、ドリブルで攻めるがキーパーがブロック、ゴールキックに変わります。
 メタリックファイターの地獄のゴールスローが飛んでくる、大きく上に飛んだボールはフォワードのメタリックファイターの背中に、これを押し戻してしまう。デュミナスとマノイがゴールの前までボールを運ぶ、コーナーでボールを前に睨み合う、メタリックファイターが転がした、しかしいいボールは逆サイドへ、トコトコ丸がドリブル、しかしからぶってしまう、サイドでドリブル、デュミナスのシュートをブロック、マノイが突っ込む、もはや団子状態、メタリックファイターが足にボールを挟んでしまう、再開からまっしぐらに突っ込むマノイ、しかしトコトコ丸が後ろにボールを転がしてしまう、デュミナス、後ろに。トコトコ丸が転がってしまう、これはどうなった、起きあがりにボールを巻き込んだメタリックファイター、マノイのコーナーになります。
 キックはトコトコに、まだボールは生きている、デュミナスのシュートはかろうじて抜けたがブロックされる、突っ込んできたメタリックファイターがカット、ボールを押さえる。ボールはしかしまだ生きている、マノイがボールを押す、これをキーパーがキャッチ、ゴールスローにうつる、残り8秒。ラストワンプレイ、また長距離砲が出るか。まっすぐ投げたボールはかなり惜しい、あともう少しのところでゴールの僅か脇に。トコトコの足に当てられれば、というところ。ここでタイムアップ、時間終了で0-0です。

 1分のインターバルのあと、前後半3分のサドンデスの延長戦となります。なかなか両チーム、コートにロボットが戻せません。バッテリを突っ込んで大至急でコートへ。四川会は、これまでコントローラーを握っていなかった森永さんがいよいよ登場です。SKYは再びファントムがコートへ。
 ファントムのキックから攻め込んでいく、SKYが押していく展開、転がったボールはフリーでトコトコの前に、後ろに転がっていく、これはオウンゴールのピンチだ、転がったボールはコーナーへ。ファントムのコーナーキック、弾き返してゴールの目の目へ、しかしファントム、ボールを転がされてしまう、ボールはサイド、四川会のボールに。デュミナスがマノイに交替。コーナーキックはファントムがカット、なぜかトコトコ丸がシュートの絶好の位置に、ボールはどうなった、ファントムとトコトコ丸とメタリックファイターが団子になってゴールに転がり込む、キーパーがキャッチし、ゴールスローから再開です。これを決めていくのか、一気に転がったスローをカットし、デシュミットがキープしホールド。スローしますが、頭が無くなっていますデシュミット。ボールは中央へ、ファントムとトコトコの睨み合い、トコトコ丸がボールを抱えた、これは流した。メタリックファイターとファントムがぶつかり合う、マノイがファントムにのしかかってしまったところで時間切れ、延長でも0-0のまま、じゃんけんでの決着となります。

 じゃんけんのルールは3on3の勝ち抜き戦になるそうです。あ、当人の申し出で一発勝負に。おっと、ここで四川会、まさかのじゃんけん運再生そして勝利。
 SKYがまさかのじゃんけん負けで四川会が二回戦に進みました。

第8試合
RFCバンブーブリッジ vs 関東学生連合

 続いての第8試合は、バンブーブリッジと関東学連の対決となります。関東学連、かなりの人数ですね。uru/runとキーパーのドルカス、法政大はドリラーが登場のようです。
 学連のキックから開始となります。まずはキック、転んだキックを押さえたバンブー、ボールはサイドへ転がる。いや出ていない、バンブーがそのまま戻す、中央から学連サイドへボールは転がった、ドルカスの腕にちょっと止まらない、ボールにぶつかったバンブー、ゴールを転がしてキーパーにキャッチさせてしまう、ゴールキックは間を抜ける、しかし追いすがるバンブーブリッジ、うしろからカットしたのはドリラー、学連二機でドリブルしボールはサイドへ、ドリラーが中央で待つが、ウルルンがキックインで転んでしまう、いいパスだったがドリラーとボールの間に転がり込むバンブー、しかしボールを押し切れないドリラー、バンブー側のゴール前で押し切れない、ここでサイドへバンブーがクリア、なんとかボールはサイドへ。しかしドリラーのキックイン、うるるんが前に出ますがバンブーがカット、ボールはセンターまで押し戻される。うまい動きで一気にロングドリブル、しかし押し切れないうちにキーパーがボールをキープ、ドリラーに交替の指示、ラッキースターが入ります。
 キーパーのスローイン、角度を狙っていく、しかし足下に落ちてしまった、前に出たバンブーがカット、ボールはコーナーにオンラインで転がる。コーナーから、いやゴールキック。ドルカスが蹴ります。
 またスローインか、キック、しかしホイッスルでやりなおし。これはぶつかったボールはサイドへ、ぎりぎりで止めたバンブー、中央に戻す。ボールはサイド中央辺りでの奪い合い、ラッキースターとウルルンが押し合いになってしまう、残り30秒を切った、一瞬フリーになったバンブーですが、ブロックに回られてしまう。センター辺りまで戻ったところで時間切れ、1分のインターバルとなります。

 続いては後半戦。監督ケインさんが扇片手に指示を飛ばします。バンブーのキックで開始、学連がカット、しかし反対にころがったボール。キーパーがラッキースターに交替している、ボールはぎりぎりで粘っていましたが、最後は追いすがったバンブーブリッジがリカバリし、1-0。まず点をキープします。
 学連の転がしたボールを転がし返すバンブー、フリーになったボールにドリラーがぶつかります、これはサイドにクリア。バンブーのキックイン、これはあぶない、転がったボールをあやうく学連がオウンゴールしかかる。弾き返されたボールは再びサイドへ、今度はドリラーとドルカスが交替。小刻みに交替を繰り返す学連。慎重にキックの位置を取る、しかしこれはドルカスがカット、ドリブルで持ち込むか、相手の裏側へ、じわじわと上げていきます、これはパスになってしまう、ドルカスが転がす、大きな音とともにパワフルな起き上がり、しかし学連のキックは裏側に、キックインをカット、中央でのぶつかりあい、後ろに下がる、学連、体でバンブーをブロックするような構え。サイドから中央へ、ぶつかりあいです。今度はどうなった、機体が絡まってしまったバンブー。、時間を大きく使っていく構えなのか。バンブーブリッジ、一機コートの外に出てしまいます。スローインの構え、バンブー長いスローイン、しかしこれは距離を稼ぎきれない、ドルカスに当たりもう一度。頭の上をぎりぎり越えたシュート、しかしコーナーぎりぎりに転がるボール、しかしなんと、ラッキースターとドルカスの二機のガードを潜り抜け、ボールを奪い返してそのままサイドからゴール! 2-0で追加点を挙げます。
 残り23秒。これはシュートをカット、バンブー、センターから押していく構え、学連はラッキースターも上がって全員攻撃の構え、ボールがサイドに出たところで時間切れ、2-0でバンブーブリッジの勝利となりました。

 ここで、ふたたび休憩となります。
 2時15分より、準決勝試合の開始です。

|

« 第16回KONDO CUP観戦記【予選】 | トップページ | 第16回KONDO CUP観戦記【準決勝】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/45343178

この記事へのトラックバック一覧です: 第16回KONDO CUP観戦記【一回戦】:

« 第16回KONDO CUP観戦記【予選】 | トップページ | 第16回KONDO CUP観戦記【準決勝】 »