« 三代目はハイヴォルテージ。(☆☆) | トップページ | KHR 5thアニバーサリー観戦記【一回戦】 »

2009.06.13

KHR 5thアニバーサリー観戦記【入場編】

2009061303

2009/06/13 11:53

 山手線からTXを乗り継いで、やってきましたのは浅草ROXスーパーコート。もうここにくるのも結構何度目かになりますが、浅草の通りの雰囲気もROXのコートの突然な雰囲気も大変好きだったりします。こういうオープンなフィールドがあるのもおもしろいですけど、そこでロボットのイベントなんてのが、唐突なのに妙に嵌ってて、おもしろいところですよねー。

 さて、やってきたのは11時40分すぎ。どうやら大発表にぎりぎり乗り遅れた様子。近藤さんの新型、KHRー3HVが発表になっていました。
 僕もパンフ貰いました&展示中の実機を見ましたが、のっぺらぼうな感じと膝のあたりに面影がある意外は、見事にスマートになってシェイプアップした感じですねー。これで完成品、と言う感じがしつつも、素体の感じが漂う、と言うか。
 動いているところはまだ見ていないのですが、来年にはこの3が世に満ちあふれているはず。おもしろそうです。

 それはともかく、41のバッテリがこころもとないので、細かいメモはポメラで取ろう、と思っていたら、割とポメラ話で周りのみなさんと盛り上がったりしておりました。プロのみなさんも推薦の逸品ですよ、ポメラ。(ト、読んでいなさそうな人にも宣伝してみる)。こういう屋外での作業だと、反射型液晶のパワーを思い知る思いです。

 さて、ちょっとトーナメント表を回収してこなくてはと。

2009/06/13 12:11

 開会式開始寸前。X41Tのバッテリが少々危険な状況のため、今日は試合以外はポメラに頼る事になりそうです。
 半分に区切られたスーパーコート、半分は選手用の調整スペースとなります。残り半分がオープンスペース、全体の中心にバトル用のリングが設営され、その周りを取り囲むように客席と協賛企業ブース、そして反対側には自律ビーチフラッグ用の競技スペースがあります。あっちも見たいんですけど、同時だとさすがに無理かなあ。

 まずはバトルの構えとなる会場。実況は土田さん、解説はご存じ先川原先生の黄金の組み合わせです。隅っこの方に賞品らしきものが積まれていますが、「目録」って貼ってある看板、あれKHR3ですよ。あれいきなり賞品でしょうか、これは目の色変わりそうな展開です。
 あ、もうそろそろ開催みたいです。

 まずはオープニングデモから。ステージ上に設置されたゲートから、初代KHR-1が登場します。フラットな胸板が目印ですね。ゆっくりと進み出て一礼、ステージのやや脇へ。
 今度はKHR-2、同じ動作を全く素早い動きで繰り返し、前転後転。側転もびしりと決めていきます。
 そしてKHR-3登場。これは背が高い、実物は思ったより足が長い感じです。前方後方からの起き上がり、横歩きからキック、ウサギ飛びから倒立、足を前後に振ってから復帰。最後はKHR三兄弟が並んでポーズを取り、終了となります。

 続いて社長から開会のご挨拶。「本日三年ごしでKHR-3HVをようやく発表できました。第五回アニバーサリーを開催いたします」と開会宣言。
 優勝トロフィーの返還は、えまのんさんから。続いて選手宣誓が行われます。
 そのあとは大会概要と出演者の紹介、そして本日のスケジュール。メインリングでは32体のロボットによるバトルトーナメント、そして自律型KHRバトル、サブステージでは学生チームによるサッカートーナメントと、ビーチフラッグが行われます。
 続いて本日のルール説明。土田さんの名札を落としてしまう浅野さん。3分1R制のバトルとなりますが、五体を投げ出して攻撃する、いわゆる「捨て身技」が5回まで繰り出せるのが、バトルトーナメントの特徴となります。

 このあとはいよいよ、実戦開始となります。

|

« 三代目はハイヴォルテージ。(☆☆) | トップページ | KHR 5thアニバーサリー観戦記【一回戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/45330906

この記事へのトラックバック一覧です: KHR 5thアニバーサリー観戦記【入場編】:

« 三代目はハイヴォルテージ。(☆☆) | トップページ | KHR 5thアニバーサリー観戦記【一回戦】 »