« ニソコン観戦記【入場編】 | トップページ | ニソコン観戦記【一回戦】 »

2009.06.08

ニソコン観戦記【デモンストレーション】

 次はデモンストレーション。観客席からドルカスチームが何気なく登場ですよ。

----

No.1 ドルカス

 最初のドルカスはクワガタモチーフのロボット。クワガタやカマキリなど、昆虫っぽい動きのモーションをインタビューで披露します。ちょっと音楽のスタンバイに手間がかかっているようですが、大丈夫でしょうか。ちょっとスタンバイ中のようです。

 さて音楽が来ました。というわけでデモンストレーション開始のようです。
 左右の突きから上体の動き、カマキリの構えなどを繰り出します。ちょっと途中転倒してしまいますが、左右に体を振って素早く移動を…… おっと、障害物のコースの上でデモをやるのはやはり危険です。一本橋のコースに引っかかって転落してしまう。徹底した肉抜きで、軽い機体を目指して作ったとのこと。機体重量は2kg程度とのことでした。
 今回はガルーへの雪辱が目標、とのこと。戻ってきた観客席でガルーのくままさんとすれ違います。

No.2 おふじゃんびぃZ

 一瞬いないことにされてしまった佐藤さん。会場に登場です。
 音楽開始とともに、前進してステージッ中央へ、正面に向き直って背中の剣を抜きます。忍者刀のように逆手に刀を抜いて放り出し、横突きを繰り出します。ちょっとサボテンダーっぽい構え。腕になにか持ちました。これはなんでしょうか、緑色のスポンジの銃を保持し、ぎゅっと握り締める事でスポンジの球をすぽんと飛ばします。
 刀に銃と、武器ありルールを生かしたおふじゃんびぃZのデモでした。

No.3 サアガ

 さあ登場はサアガです。素早い横歩きで障害をものともせず突撃し、リングの反対側の障害物へ、なんと障害物である回転平行棒の柱に抱きついて、そのままバックドロップの構えで、そのまま引っこ抜いて背中側へと吹っ飛ばしてしまいます!
 フィールドのオブジェクトを破壊するほどの威力を見せたサアガ。ポイントは低重心と多彩な投げ技、そして最後に前転と大連続後転を繰り出して、終了となりました。

No.4 さくら2号

 続いての登場はさくら2号。音楽の用意が出来てないということで、午後の部へ回るそうです。

No.6 ドリラー

 続いてはドリラーが演技を行います。インタビューでドリルパーツの話が。まずは横突きを連続で角度を変えながら繰り出していく。転がったところから起き上がります。能力値の男の浪漫はドリルの力が人類の夢。でも技術的な問題で、まだドリルは回転しないのだそうです。
 勝ちたいロボットは? と聞かれて、ライバルは同門ラッキースター、と言い切っていきます。

No.7 ラッキースター

 続いてはそのラッキースターの登場。回転平行棒の近くでデモを開始したラッキースター。これに絡んで何か…… と言うわけではないようです。ひょいと腕を上げて、敬礼から中華風ご挨拶。おさがりサーボのロボットなので、ヘタレなところがポイントだそうです。
 最近はドリラーが好調だが、ラッキースターも上り調子。対抗していきたい、とのことでした。

No.5 マンボー

 順番が前後しましたが、登場したのはマンボー。膝が、これはどうなってるんでしょう。小兵ながら不思議な構造のロボットです。画面のスペックに「ダンボール」ってあるのが気になります。
 あ、ダンボールの外装を被せる予定だったのが、時間の関係でダンボール分はゼロになったのだそうです。腕を伸ばして、サイコロのぬいぐるみを掴みに行くマンボー。そのあと、なんとなくくてっとした感じの側転を繰り出す。電池がパワー不足で起き上がれなかったとのことですが、軽量を生かして頑張りたい、とのことでした。重量は実に1.6kgだそうです。

No.8 TINY WAVE

 気になる一機が登場です。真っ赤な金属フレームのロボット、スギウラさんの操縦での登場。これはまたずいぶん軽快に動き回っています。まずは一礼からスタート。ダイナマイザーから小型化したタイニーウェーブ、まずはヘッドスピンを繰り出してくるくる回転します。コマンドサーボを使ったシステムは、大型ダイナマイザーのシステムを応用して小型化させた設計とのこと。重量は1.34kg、これでなんと15分も駆動すると言うから驚きです。だいたいは1/3くらいですよね。
 このタイニーウェーブ、価格未定ながら市販が決定しているとのこと。これはおもしろそうです。人気投票用紙に(エントリー時期の関係で)名前が載っていないので、ぜひ投票してください、とのことでした。
 ヘッドスピンから復帰する瞬間に、腕でぴょん、と体が飛ぶのが素敵過ぎる。これは面白いロボットです、

No.11 銀紙

 さて折り返し、続いては芝浦工大チームの銀紙の登場。腕先がブレードになったユニークなロボットです。
 軽快に腕を揺らしてダンスのモーション。銀紙と言うのは頭が銀紙だからなのですが、思ったほど銀紙っぽくないとのこと。小さなジャンプからその場旋回を繰り出す。足の素材とリンク構造の関係で、足の強度がうまく足りず、そこを調整するのが大変だった、とのことでした。

No.12 ザウラー

 続いての登場はナガレ…… ザウラー登場。音楽は無しでのスタートです。
 まずは頭の恐竜ヘッドをあぐあぐしながら歩行。鳴き声を上げて、頭のモチーフと、足のリンク機構についてもそれとなく紹介。
 パラメータでは、顎力がかなり強烈という表現。最後は時報を繰りだして「……と言う威嚇技があります」と言うアピールで、終了となりました。観客席で多少ずっこけてた人がいましたよ。と、ロボットプロレス総裁の人にこっそり報告。

No.13 クロムキッド

 次なる登場、大型化著しいクロムキッド。大股の歩行からその場での高速回転、頭部のデザインの説明に力も入ります。画面のパラメータのテクニックの数値に突っ込みが入ります。
 パンチの域を遙かに超えた、地面すれすれを急襲するような横突きに、長くなった腕を生かしてのつかみ投げと、次々と得意技を繰り出して。「かっこいいのでぜひ投票をお願いします」と〆となりました。

No.14 ガルー

 侵掠すること火の如し、ガルーの登場。長い長い腕を繰り出しての高速横突きから、姿勢を落としたままのカニライクな横移動。ちょっと生っぽいです。足裏はクロムキッド同様、木を使っているとのこと。パラメータの「根性」が気になります。一礼でガルーのデモは終了です。

No.15 キノピー

 よいこみなさんお待ちかね、キノピーのショーがはじまるよ! 観客席でガルーとタイニーウェーブのアピール合戦が行われているのが気になります。これがロビー運動でしょうか。
 お、キノピー。これはひさびさに木琴だ。と言うか、新型キノピーで木琴は初めてじゃないでしょうか。これは気になります。

 デモ開始。キノピー、かなり大きな声を出す。マイクなしでも通ってます。100人収容くらいのホールできちんと声が通ってるのは、これはスピーカーがかなりいいですね。
 手にバチを持たせて、ひさびさの木琴の演奏。曲のタイトルを忘れた小田さんですが、キノピーはばっちり。ぴっちぴっちちゃっぷちゃっぷらんらんらん♪ と、途中でちょっと胴体がスピンしてしまいますが、手動で見事リカバリ。さらにもう一曲繰り出します。
  「手を叩きましょう」を続いて繰り出す。木琴を叩くとか、脱力するところが難しそうだと思うんですけど、さすがに堅実にやっていきますねー。最後は両手を挙げてご挨拶。キノピーオンステージこれにて完結です。

No.16 アルディア

 これぞロボット異形の洗練、鳥足と同じ長さの長い爪を搭載しているアルディアの登場。ステージにはなにやらカートが出てきています。長い爪とシールドを動かし、横パンチを繰り出していきます。重さ3kgのスーツケースを薙ぎ倒すデモで観客席から驚きが。実験では5kgクラスの相手でも倒していったとのこと。さらに爪にも繰り込む秘訣、それはバトルのお楽しみ、とのことでした。
 重心移動がうまく決まればトルク以上のパワーが出せるはず、と言う熱いコメントで〆となりました。

No.19 竜鬼Ⅱ

 光って回って竜鬼Ⅱ…… あっと、デモは午後に回るのだそうです。このあとはYG不知火のデモが先に行われます。

No.20 YG不知火

 というわけで、登場YG不知火。拳を打ち合わせてご挨拶、相変わらずガチガチと凄い音がします。
 まず最初は不知火型で土俵入り、続いて打撃技。正拳突きから肘打ち、何か当たるたびに異様な音がします。立ち上がる時もかなりすごい音がします。かめはめ派から両腕を振り上げて…… 不知火インパクトを繰り出しますが、回転平行棒に躱されてしまう。これは当たっていたら棒が折れちゃってますね……。二回目は持ち上げた腕が棒に引っかかってしまいますが、これは失敗して良かったのかも知れない。そういった展開で、YG不知火のデモでアピールタイムも終了となります。

 ここで午前競技は全て終了。午後は13時から、バトル一回戦の開催となります。あー、不知火。回転平行棒こわしちゃった……。

 休憩時間に木琴を演奏するキノピーに、ほとんど食いつかんばかりにしているお子さん。お母さんがサベッジなくらいの勢いで捕まえてました。

 というわけで休憩時間に入ります。

|

« ニソコン観戦記【入場編】 | トップページ | ニソコン観戦記【一回戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/45271164

この記事へのトラックバック一覧です: ニソコン観戦記【デモンストレーション】:

« ニソコン観戦記【入場編】 | トップページ | ニソコン観戦記【一回戦】 »