« ニソコン観戦記【一回戦】 | トップページ | ニソコン観戦記【準決勝~決勝】 »

2009.06.08

ニソコン観戦記【二回戦&デモンストレーション午後の部】

 さてさて、ベスト8が出そろって。5分休憩のあと、二回戦に突入です。

 っと、その前に運営から情報が。

 手違いでさくらvs不知火の試合が早く終わってしまったため、ダウン条件などを維持して続きを行うとのこと。

一回戦第6試合(再)
No.4 さくら2号 vs No.20 YG不知火

 この段階で2分の追加マッチとなります。ダウンは前回試合の終了条件通り。開始直後、からまってしまった両者。まずは審判が分けます。不知火どうした、ちょっとアンテナの調整。不知火、さくら2号の攻撃を躱すも転倒する、不知火の攻撃をさくらが凌いでいく、不知火も攻撃直後を狙われますが倒れていかない、倒れかけた不知火を、逆に攻撃に伸ばした手で支えてしまう。「甘い」と審判の声。腕をつかみかけるが、連打に入って不知火、さくら2号の攻撃に崩れ、押し切られてダウン。さくら2号が勝者となりました。そのため、組み合わせに変更はなしです。

二回戦第1試合
No.12 ザウラー vs No.3 サアガ

 かなりロボスポ対決っぽいこの勝負。サアガ再び駆け回るか。ハンデなしのマッチです。突っ込んでいった後、真横に動いたサアガ、しあkしザウラーも下半身をつかまれかけるものなとか回避、起き上がるところでリングアウトしかかりますが戻ります。ザウラーが腕を振り回して牽制しますが、ものともしないサアガが突っ込んで胴体をひっつかむ、ザウラーそのままなすすべもなく投げ捨てられる。再び突っ込み、胴体を抱え込んで横への投げは、これは有効とはならず。足を浮かんでの投げは回避されてしまう。しゃがみながら突っ込んでいくサアガの低姿勢突撃、ザウラーは攻撃に押し切られて倒れてしまうが、ノーカウント。後ろに回り込んだサアガ、ザウラーの背中から尻の当たりをつかみますが、これは投げきれず。サアガ、攻め続けますがザウラーを倒していけない、一方のザウラーも早く小さいサアガに狙いを絞りきれない、掴んだところから左右にパンチのサアガ、しかしザウラーもこれを凌ぐ、残り10秒、突っ込んだ、掴んだ、胴体を抱え込んだ、カウント2。持ち上げた、投げた! 丁度カウント1、2-0でサアガ、圧勝で勝利を収めました。

二回戦第2試合
No.14 ガルー vs No.16 アルディア

 一閃して吹き飛ばすガルーに対し、アルディアはどう対抗していくか。まずは詰めたガルー、睨み合いからアルディア接近、間合いに入った瞬間にガルーが連打を放つ。間合いの狭いところに入ったところに、ガルーが投げの体勢に入る、しかし投げに入りかけた予備動作でアルディアを吹き飛ばす。
 タイムっぽい動きはありますが、アルディアが突きを連打、突いたあとに横に流す攻撃、しかしガルーには当たらない、今度は両腕を広げて投げの構え、抱えて横に投げ倒し、ガルーが2ダウンを立て続けに奪う。 
 最後は広大な攻撃レンジにアルディアを捉え、ガルーが吹き飛ばして一気の3ダウン。猛攻で準決勝へ進みます。

二回戦第3試合
No.11 銀紙 vs No.4 さくら2号

 続いての対決は、銀紙とさくら2号。銀紙トラブルでしょうか、ちょっと登場に手間取っているようです。なかなか出てこないですね…… さくら2号はスタンバイ完了です。
 突っ込み気味の位置のさくら2号に対し、後ろの位置から攻めてきた銀紙、両者慎重に睨み合い、中央での押し合い、さくら2号が腕を伸ばし、銀紙の攻撃をぐっと押して倒す、まずはダウンを奪い、これで1-0。
 銀紙どうした起き上がれないか、なかなか起き上がれない、10カウントを取られ始めます。カウント7でタイムが入る。これで2-0、これから調整に入ります。どうしたのか銀紙。さくら2号はしゃがんで待ちかまえます。
 再び後方に構えた銀紙に対し、待ちかまえるさくら2号。トラップのように待ちかまえます。何気なく歩いてきた銀紙、旋回して前を通りぬけようとしたところを、さくら2号が後ろから後頭部をぺたし。
 バランスを崩して3-0、調整に難のあった銀紙、さくら2号の前に涙を呑みました。

二回戦第4試合
No.13 クロムキッド vs No.7 ラッキースター

 二回戦も最後の試合、クロムキッドとラッキースターの対決となります。一気に詰めていったものの、前につんのめってしまったクロムキッド、ラッキースターもスリップしてしまう。左右に牽制するクロムキッド、投げを打つがこれは掴みきれない、クロムキッドの横突きがラッキースターを外していく。
 接近していくクロムキッド、プレッシャーをかけてラッキースターをリング脇へ。攻撃でダウンを奪われたラッキースター、そのままリング脇に転んでしまいます。再開直後、慎重に近づくラッキースターですが、クロムキッドを倒していけない。打撃でダウンを奪われた後、接近したところをクロムキッドは投げの構え、攻撃のために伸ばした腕を、投げに入った相手の腕にめくりあげられ、一気に持ち上げられて3-0。クロムキッド、圧勝で勝利となります。

 このあとは、デモンストレーションの二回目になります。

----

No.19 竜鬼Ⅱ

 竜鬼Ⅱのデモのために、照明が落とされますよ。……いや、周りがこれだけ暗い光景の中で竜鬼Ⅱを見られるのも珍しい。なんだかLEDが軍服の飾り紐みたいに見えますね。かなり光っています。しかも移動する時に光りが変わったり、攻撃の動きに合わせて明滅したりグラデーションしたり。「バトルでは負けてしまったので、人気投票はお願いします」と言うデモでした。

No.4 さくら2号

 続いてはさくら2号のデモですが、なにやらバッテリを一杯持ち出しています。どうなってるんでしょう……。そうそう、音楽は特別に用意しているんですよね。……なるほど納得。ポニョの曲でダンスする。……あれ、途中からリトライの要請が入ります。やっぱりバッテリが足りないみたいです。

 何事もなかったかのように再開。がんばって音響さん、とか言われる中。今度はかなり頑張った音量で再開となります。会場の音響の良さを味方につけたデモでした。

No.18 エミリオ

 続いては、緑色の小型ロボットエミリオ。このずんぐりした感じのデザインは好みですね、おや、wiiリモコンが出てきました。bloetoothの判りやすい使い方ですね。お、傾き検知で動かしているようです。
 会場で動かしてみたいお子さんを募集。お子さんの操縦で、前に進み、左右に旋回しと、綺麗な動きで操縦していきます。なるほど、操縦系が整理されているのも好感ですね。

「wiiが好きな人ロボットが好きな人、宜しくお願いします」と、綺麗に完成度の高いデモでした。

No.17 コセキト

 フォークのような腕先が気になる、コセキトのデモンストレーション。最大の特徴と言う刀をアピールし、加速度センサーを利用して起き上がりをワンボタンで判断可能など、いくつかデモを繰り出します。
 ここでエミリオとコセキトが1vs1のバトルのデモを。かなり小さく見えますね両機とも。

----

特別対決
No.18 エミリオ vs No.17 コセキト

 なかなか同じくらいのレベルでの勝負、小競り合いからコセキトの攻撃でエミリオが吹っ飛ぶ、wiiコントローラを思いっきり伸ばすが復帰せず、タイムで起き上がります。エミリオ、なんとか復帰。コセキトの攻撃を横を通りすがりに一撃貰い、コセキトがエミリオからダウンを奪う。3-0でコセキト、エミリオを下してエキシビジョンの勝者となりました。

----

 5分休憩のあとは、準決勝となります。

|

« ニソコン観戦記【一回戦】 | トップページ | ニソコン観戦記【準決勝~決勝】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/45271232

この記事へのトラックバック一覧です: ニソコン観戦記【二回戦&デモンストレーション午後の部】:

« ニソコン観戦記【一回戦】 | トップページ | ニソコン観戦記【準決勝~決勝】 »