« サタスペった日。(☆) | トップページ | オイオイオイオイオイ縁起でもないぞ(☆☆) »

2009.06.01

Re:10月は酔いどれの国。(☆☆☆)

2009060101
 雨天休業。

 土曜日の話をもうちょっと詳しくなんですが、そもそも土曜日、最初はオクトーバーフェストに行くつもりじゃあなくて釣りに行くつもりだったんです。西麻布に。
 何の話をしているのかよくわからないと思いますが、僕も連れて行かれるまで、なにがなんだか解らなかったので大丈夫ですよ。

 いろいろ遊びに行く予定などが錯綜した結果、土曜日の動き目は最終的に、「KKさんと風波さんと僕で、まず釣りに行く。せーじさんとがおさんがオクトーバーフェストに行く。その後、六本木の蕎麦屋で合流し、ラムの専門店に呑みに行く」と言う動き目でだいたい妥結。
 さらに当日の天気の関係で、「雨が降ったら釣り中止、最初から日比谷公園でフェスト合流」と言う第一条補記が採決されたのですが、当日フタを明けてみると、これがまたフタが空いてるんだかなんだか解らないような、実にハンパな天気。
 仕方がないので当日、まずは釣り堀の最寄りに集合して、現地の天気で判断…… と打ち合わせ、とりあえず移動してみたら…… 着いてみてもはっきりしない天気でした。首をひねる僕と風波さんの前に現れたKKさんを見て、ふたりは一斉にブーイングをした。いったいなぜ? 解答する → KKさんが傘を持っていたから → 正しいようです。
 雨天の場合は別のところ集合で傘持参と言うこころなしな矛盾を追求しつつ、広尾から上陸して、西麻布の片隅にあると言う釣り堀を目指します。周りはホントにここ日本? と思うほど、外人さんばっかり。近場のスーパーはアルファベット表記が大きくて日本語のほうが小さく書いてあったりしてマーベラ-(レオパルドンに変形)。
 炭酸水のボトルがポーションっぽくて素敵。と言う話をしながら、飲み物だけ買って移動開始。有栖川宮公園を回ってフィンランド大使館の周りをぐるり、小学校の脇の道をどんどん下がっていって、おいおいこんなところに釣り堀が…… あった。雨天休業。

 あちゃー。と思いつつ、坂道をのぼりてくだりて、有栖川記念公園の中を移動して帰ります。
 サッカーボールをいまひとつかっこよく蹴り返せなかった人がいたり、釣り禁止のポイントにツラーがいっぱいいたり、女の子が自分より大きいカモに絡まれてたり。

2009060102
 記念されている宮様。かっこいい。

 そんなこんなで、日比谷に移動し、日比谷公園に勇躍乗り込んだ我々。すでに別口で飲み始めていた、せーじさんとがおさんの二人が入り口近くに陣取っていたのに首尾良く合流。さっきの外国語スーパーの前の屋台で、帰り道に購入した鳥の丸焼きがお土産です。

2009060103
(てまえ/風波さん 奥/がおさん)

 だいたいなんで五月末にオクトーバーフェスト? と疑問に思った自分でありますが。この日比谷のオクトーバーフェスト、実はプレオクトーバーフェストとでも言うべきもので。五ヶ月かけて、全国のあちこちの会場で開催されて、最終的に10月、本物のオクトーバーに、本会場である横浜で開港150年祭とフックしておこなわれる、と言う寸法になっているみたいです。
 ともあれ、日比谷公園の噴水の周りにぐるりと座席とビールテントが設置され、周りは酔っぱらいでいっぱい、と言うのが目下の状況。前日にも乗り込んでいたせーじさんの情報によると、平日のほうがもっと混み合っていたら細工。今日は微妙な天気のせいで、人手がちょうどいい塩梅になっていたみたいです。これはもっけの幸い。

 ソーセージの盛り合わせに、塩味のきりっとした柔らかプレッツェル。暖かいザワークラウトがこんなにおいしいとは思わなかった、とは言いつつも、ビールの目玉はやっぱりビール。面白いのはジョッキのシステムで、最初の一杯はジョッキ代とビール代をお支払い。あとでジョッキを返却すれば、ジョッキ代は返してくれる、と言うシステムで、ジョッキがもし気に入ったら、お土産に持って帰ってもいい、と言うそんなシステムなのです。自分は持って帰りませんでしたが、がおさんはお土産にかっこいいジョッキを持って帰ってましたよ。
 詳しい事はわかりませんが、みんなしてあれこれ試してみたり。フルーティだ! 甘苦い! カラメルっぽい! 普通だ! ええと、なんだ、珍しい! みたいな感じで。あれこれ騒いで楽しんでおりました。

 黒ビールのホフブロイデュンケル、おいしくないわけがない。うまー。
 おもしろかったのが、メニューに載ってなくて、屋台に行ったら売っていたラオホと言うビール。燻製、じゃないや、燻煙ビールなんだそうです。何が燻煙なんだろう? って聞こうと思ってすっかり忘れてた。詳しくはこちら
 そんなこんなで結構飲んでいたんですが、途中で音楽が急に始まって、途中にカンパーイ!が挟まるところで、我々大人げないくらい大喜び。なぜか貰えるドイツの国旗で手旗信号(適当)まで繰り出して、すばらしく適当に盛り上がっていましたよ。

2009060104
 ステージおやすみ中。

2009060105
 噴水とお祭り。

 さて、いろいろあったあと、移動の時間と相成りますリッターのでかいジョッキを頼んだせーじさんを後に残して、半ばグロッキーのがおさんを引っ張るようにして移動を開始する(結構酔っている)我々。

 次なる目的地は、六本木のこじんまりとしたおそば屋さん。そもそもの事の起こりは、蕎麦屋でのんびり過ごす会だったので、本来であれば一番の目的地というべきところ。
 こちらの田舎蕎麦が非常に美味しく頂戴致しましたよ。KKさんがカモ汁ひっくり返して、風波さんがお茶をひっくり返して、がおさんがオチ担当と言う事は、次は僕が何かひっくり返すんじゃないかとか言ってましたが。

2009060106
 風波さんの割り箸に起きた悲劇。

 次にラムが控えているので、と言うことで、ここでは飲まずに次に移動を開始。
 お店の前で烏羽さんと首尾良く合流できた、ものの、お店の開店時間を30分勘違いしていたために、六本木の路上を不審者と化して移動する我々。怪しい古道具屋で一つ目の猫の人形に魅入られる烏羽さん。そしてがおさんはグロッキー続行中。

2009060107
 遠くにありて思うヒルズ。

 そんなわけでラムバーの開店直後に突撃。とってもコパカバーナな感じでした(適当過ぎる意見だ)。
 風波さんが葉巻を吸ってみたり、葉巻の専門雑誌のバックナンバーが積んであるのに感心したり、同じラムでもいろいろあるんだなあ、と、ストレートで主にいろいろやっていたりしておりました。
 椅子のきしみを楽しんだり、積み上がった葉巻の箱に思いを馳せたり。のんびりだらり、と脱力させていただいたあと。六本木の本屋を覗いて、散会相成った次第でした。

 このあと、烏羽さんと風波さんとは、また翌日に横浜で会って飲んでたのですが、それはまた、次のお話。
 それにしてもオクトーバーフェストは面白かった。どこかに遊びに行く傍ら、またちょっぴり依ってみたいな、と思っている自分です。

|

« サタスペった日。(☆) | トップページ | オイオイオイオイオイ縁起でもないぞ(☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/45204469

この記事へのトラックバック一覧です: Re:10月は酔いどれの国。(☆☆☆):

« サタスペった日。(☆) | トップページ | オイオイオイオイオイ縁起でもないぞ(☆☆) »