« 第7回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【入場】 | トップページ | 第7回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【ボトルトラクション】 »

2009.07.20

第7回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【ダッシュ!2000】

 そんなこんなで最初の競技、ダッシュ2000からはじまりますよ!
 こちらは2mのダッシュ、コーンを廻ってカーブして戻ってくるだけのシンプルな競技です。なのですが……。

No.1 ドカはるみ(ドカ父) vs No.2 サアガ(イガア)

 しかしそれにしても、いきなりあまりの展開。最初のカードは、小学校5年生ほどもあるドカはるみと、豆タンクサアガの対決です。考えても見て下さい、冗談のようなこのサイズ差。ドカはるみとサアガの対決、身長差は軽く5~10倍はありそうです。早いサアガか、ストライドの大きさでドカはるみがリードするのか。おもちゃと大人の対決と評されたこのカード、どうなりますでしょうか。
 いしかわ委員長からの大会の主義(弱そうな方に肩入れしますと言う)宣言のあと、いよいよ競技開始! 圧倒的なバネでスタートダッシュしたサアガ、一回コーンを蹴ってしまいますがコース復帰のあと復帰、猛烈な横ダッシュでゴール! 遅れたドカはるみも着実な歩行、「腰の動きがセクシーですね、とか言われつつ、着実なゴール。
 10秒09、29秒40。サアガの勝利でした。

No.5 で・か~る(道楽、) vs No.6 竜鬼Ⅱ(リュウキツー)(コイズミ)

 さあ、続いてはでかーると竜鬼Ⅱの対決です。つづいてはちょっと大きいのとよく光るのの勝負となりますよ。コースは逆側からのスタートです。なぜだかでかーるは有線操縦。
 音を出して歩く竜鬼Ⅱは素早いうごきで飛び出した、ちょっと滑りつつもターンを決めて、素早い戻りでゴール。でかーるは歩きすぎて飛び出してしまった、直進して2mを走破、しかしターンができません。起き上がれない。転んでしまい神の手で復帰するも再びのけぞり気味にダウン。丸まった状態から復帰しますが、後ろによろけてあおむけに倒れてしまう。その状態からゴールににじりよって走破となりました。
 竜鬼Ⅱは15秒06、でかーるは1分8秒22でした。

No.7 まりん(かつ) vs No.8 メカコーギー(武居)

 続いては動物対決、くま型まりんと犬型コーギーの対決。武居さんは背中にお子さんを背負ったまま開始、まりんは先に猛ダッシュ、小刻みに出て回りますが、その間コーギーは変な方に進んでいってしまう、戻ってくるまりんの往路を妨害したあと大きく跳び出す、歩行はきちんとしちえるが変な方に歩いていってしまう。大きく飛び出してはみ出した後、コースをふらついたあとでなんとかターンを決めて復帰。タイムはコーギーが59秒01、まりんが20秒71。まりんの勝利でした。

No.9 ローリングピラニ(法政大学電気研究会) vs No.10 ゼルファー(白風M(シラカゼエム))

 続いてはこちら、名前を襲名した新設計か。大きな爪を携えた法政大のピラニとゼルファーの対決となります。初心者上等三年目、白風さんの鉢巻きに突っ込みの声が集まります。なんとゼルファー、ターンの目標のコーンが専用のものになっています。ピラニが横歩きで飛び出しますが、コーンの前で転倒、大きな腕を広げますがなかなか起き上がれない。神の手が入った間に軽快に歩いていたゼルファーが、ターンを決めてゴール。ピラニも復帰すると早い、安定した横歩きで素早くゴールを決め、ピラニが34秒89+5、ゼルファーは23秒50でした。

No.13 虎華(こはな)(軍曹さ~ん) vs No.14 Eorz(いーおーあーるぜっと)(零型(ぜろがた))

 機体不調により、発表と順番が一部組み代わります。つづいては虎華とEorzの勝負。
開始直後、猛烈なダッシュから斜めに切った虎華、一瞬突っ込んできたEorzのレーンと衝突してぶつかり合いとなりますが、このまま復帰し走りきってゴール! Eorzも勢いを殺されたものの加速しなおし、コースアウトしかかるもゴールを決める。両者早い。
 虎華、13秒16。Eorzは21秒39。好タイム同士の勝負でした。

No.15 プロトザウラー(KENTA) vs No.16 KHR-2HV 改(東京都市大学2足歩行ロボット研究チーム)

 続いては、メリッサの流れを汲むプロトザウラーと、名前からしてKHRの改造機、KHR-2HV改の対決。まずはザウラーが斜めに横切りながらもダッシュ開始、コースを修正してターンを決める、小刻みではあるものの安定してゴールを決める、HV改はその間まったく動けない。タイム計り直しで再トライ、今度は動いた。大股な歩行でずしんのっしりと前進していきます。コーンの真横で止まってしまったしかしどうした。通信系のトラブルか、と言う声が飛ぶ中、コントローラを近づけて様子を見ますが動く様子がありません。今も昔も大事なリモコン。そんなことを言っているうち、大会委員長の手で機体がワープ! あと一歩、しかし動けない。前転でもなんでもいいから、と声が飛ぶ中、ザウラーが何かを狙って動き出したところで、なんとか復帰してゴール!
 プロトザウラーのタイムは16秒18、KHは1分36秒70+5秒でした。

No.17 BLACK TIGER NEO(ブラックタイガーネオ)(IKETOMU) vs No.18 ダイガック(アキツカ)

 さあ、続いての勝負はBTネオとダイガック、自律の雄と中部の勇者の対決です。まずはスタート、互角の勝負だがネオが倒れた、横歩きに切り替えてさらに加速したダイガック、一気にゴールを横切ってゴール。しかし今日のブラックタイガーはどうしてしまったのか、転倒を繰り返して起き上がる事ができません。膝がおかしいと言う声が飛ぶ、たしかに膝がおかしい。ここでリタイア、11秒10のダイガックが勝利となります。この時点でダイガック、サアガに次いでの暫定二位となります。

No.19 おふじゃんびぃZ(B作) vs No.20 アルミイ(Alumiy)(オマタ)

 さあ、なんだかコメントしづらいロボットの登場だ。さきほどの自己紹介のときも、「ロボットが自己紹介します」と言いつつまさかの口パク。オリンピック開会式状態だった銀色の、ええとなんだ、銀ピカのキノピィみたいなもの、アルミィです。
 おふじゃんびぃとそのアルミイが睨み合っての開始、おふじゃんびぃは大きくダッシュして横歩きで回る、後ろに戻る最中後頭部から倒れてしまう、アルミィは今度も何かネタをするかと思ったら意外にそうでもなく、こちらも安定したダッシュ。
 おふじゃんびぃ20秒82、アルミィ23秒39と、安定した勝負でした。

No.23 マノイさん(ざき) vs No.24 ミルフィ(カイン技師)

 さあ、続いては可愛い対決というカード。マノイさんとミルフィの女子型ロボットの対決です。ダッシュしてたマノイさんが先行する、先にポールまで走りきって、小刻みに角度を修正して戻ってきます、おっとコーンを蹴ってしまう。出遅れたミルフィが動き出したところでマノイさんは一気にゴール。昨日大阪大会で4位を獲得した(外見のコンテストで)連戦の疲れもびくともしません。ちょっとゆっくりしてしまっていたミルフィさん、神の手の支援を受けてなんとかゴールを果たしました。
 32秒53対1分12秒70。

No.21 Kinopy(キノピイ)(小田利延) vs No.22 鏑(かぶら)(mota(もた))

 さあ、続いては、こちらは本物キノピィと鏑の対決です。まずはダッシュ、両者ほとんど互角。内から外へと回ったキノピィ、ちょっと回りすぎた気配はあったものの素早くゴール、「やったー!」と掛け声が飛ぶ中、鏑も大きく行きすぎたものの戻ってきてゴール。
 14秒16に対し、21秒25でした。

No.26 小雪(シムカ) vs No.犬 マロン

 小雪と対決するのは、助っ人の犬型ロボット・マロンです。小雪が猛ダッシュしているのに猛追するマロン、しかし走っていったマロン、コーンのところで小便の構え、今度はもう一つのコーンのところにも一気に寄ったマロン、もう一回小便の構えのあとゴールでした。
 17秒ジャストに対し40秒07です。

No.25 RANDY(ランディー)(湘南ライナーズ) vs No.29 マンボー(東京理科大学ロボットクリエーターズ)

 さて、ちょっと組み合わせが錯綜としていますが、ここで学生チーム対決。ランディーとマンボーのたいけつです。横歩きで駆け出すマンボー、しかし斜めに進みすぎてリングの外に出てしまう、ランディは調子が出ない感じ、脱力して倒れたランディーの横を抜けてマンボーがゴール、バッテリトラブルとのランディ。あとにもう一度登場の予定とのこと。28秒16がマンボーのタイムでした。

No.30 NOVA-K(ノバケイ)(KUWA) vs No.31 サイコログレート(東京理科大学Ⅰ部無線研究部)

 自律を組み込んだノバケイと、御存知サイコロメカ・サイコログレートの対決。サイコログレートはサイコロに変形する外装をキャストオフ。言うなれば素のグレートとして登場です。
 スタート、ゆっくり動き出した両者。姿勢を大きくゆすりながらのっそりのっそり前進します。横歩きで急に加速したサイコログレートに対し、ノバケイはスタートラインで倒れてしまう。グレートは一気にダッシュしてゴール、ノバケイはトラブルと言う事でもう一度のチャレンジとなります。
 小刻みに前進するノバケイ、操縦していません。自律で考えながら動いているようです。ポールを認識できず、ああ。コンパスで角度を見て動かしているのが、想定の地形と実際の地形の角度に差があるせいでうまく回れないとのこと。しかしここで前転ダウン、ゴールに転がり込んでゴールでした。サイコログレートは24秒87、ノバケイ1分28秒26+5秒でした。

No.33 WegweiserIII(ユウ・ヒロヒト) vs No.34 ゴーレムくん(人形つかい)

 おおお、自己紹介のときは来ていなかったゴーレムくんと人形つかいさんが登場です! 対決するのはうっちーさん。ガンダムと現代アートと二足ロボットが合成合体したようないかした機体、ウェーグバイザーが相棒です。マテリアルなカラーでかっこよい。不動と言われた両者の対決が実現ですよ。
 まず歩き出したウェーグバイザー、いきなり転倒! 足の股がすごく変な角度に上がります。ジョジョ立ちからダウンして復帰したウェーグバイザー、しかしスタートラインから後ろに転んで藻掻いてリングアウトしてしまいます。一方のゴーレムくんは足踏みをしながら前進するような独特のスタイル、着実に歩いていきましたが、倒れてしまいます。倒れたゴーレムくん、腰をひねって起き上がり。そしてぺったり股を開いた状態から、腰をうまく使って起き上がりを果たします。起き上がったゴーレムくん、ゴールに…… おっと、ゴールが向こうになってしまった、ルールが変わったぞ、ゴーレムくんゴールラインを割った! バイザーは動けないうちに、ゴーレムくん二度目の起き上がり。スタートへと着実に戻っていきます。ワープした、ゴーレムくんゴールしました! 倒れたゴールでなにかいろいろもげてしまいます。その頃もがいていたウェーグバイザー、後ろに倒れてしまう、ということで、ここでリタイア。この勝負は人形つかいさんに軍配が上がります!
 2分41秒03+5秒の決着でした。

No.35 暁丸(WAO) vs No.36 BattistradaⅢ(ばてぃすとらーだ てるつぉ)(c4crono(オペレータはあっきー))

 続いては、暁丸とバティストラーダに代わって登場のダイリストラーダ。あっきーくんが操縦します。さあ両者着実な柔らかい動作、ちょっとコースアウトしてしまうダイリストラーダ。綺麗で危なげのない動き、暁丸実にスムーズな歩行とゴールを果たしました。ダイリストラーダも横歩きを駆使してゴールを目指します。ちょっと角度が曲がりながらも、胸を張って威張っている暁丸のところへとゴール。両者完走。
 23秒82の暁丸、59秒01+5。実走1分を切ったダイリストラーダです。

No.37 ロボ子P1(ぴしい) vs No.38 オサル2号(オサル)

 さあ、またここで大きなロボットが登場です。身長80cmのロボ子に対しするは、四角いボディに二本足のついた二足ロボット、オサル2号の対決となります。よく見ても形のわかりにくい感じです。スタート、着実な動きを見せる両者、胴体の外枠と内側の枠を二足にして、これで歩いているんですねオサル2号。貝のような感じの動きです。ロボ子が小さい歩幅で前進しているその中で、オサル2号、危なげのない動きで綺麗にゴール。内側の足にターンテーブルがついているんですね。ロボ子P1、ここでワープ、ゴールできるのか。ゆっくりゆっくり歩行を果たし、なんとか完走。ガッツポーズと熱い握手に「いいんでしょうか」と解説の突っ込みが飛びます。59秒84に対し、1分36秒57でした。

 さてここでちょっと組み直しの勝負となります。

No.25 RANDY(ランディー)(湘南ライナーズ) vs No.40 たかろぼ(原毅)

 さあ、ランディー、バッテリ交換して元気回復。安定していると侮れない早さです。いい動きでダッシュしていきます。コーンの前でちょっと迷いましたがコーンを回った、早い動きだ。たかろぼも滑りながらも前進していきます、横歩きがロスがやや少ないか、スケートのような独特の動きで旋回しながら前進、そのままゴールを目指します。角度を調整してゴールへとダッシュ、これでゴールとなります。
 24秒17、ランディー早い。一方のたかろぼは1分14秒86でした。

No.11 カイレイ(ダイダラ) vs No.12 メロンまん(チャーリー&パクちゃん)

 そうして最後、こちらもさきほど延期となった、メロンまんとカイレイの対決。青いマントのカイレイに対し、メロンヘッドを拵えたメロンまんですが、まだちょっと調子が宜しくない様子。無線トラブルでしょうか、コースに戻ります。これで勝負開始です。
 さあ開始、先に飛び出したのはメロンまん、コースを直しているあいだにカイレイ追いすがる、断続的なダッシュを見せる両者、先にメロンまんがコースを修正しダッシュ、そのまま一気にゴール。カイレイはちょっと動きちょっと止まりを繰り返しつつも前進、少しコースがそれつつもゴール。両者いい動きでのゴールとなりました。
 メロンまん23秒26、カイレイ41秒26。

 さて、これでダッシュ!2000は全選手の出走が終了となりました!
 続いては第二競技、ボトルトラクションとなります。

|

« 第7回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【入場】 | トップページ | 第7回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【ボトルトラクション】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/45684760

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【ダッシュ!2000】 :

« 第7回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【入場】 | トップページ | 第7回わんだほーろぼっとか~にばる観戦記【ボトルトラクション】 »