« シカも続投ゆるキャラ三題。(☆) | トップページ | ワンウィークアフター(☆) »

2009.07.24

ロボスターに行けば雛さんに会える(かも)!(☆☆☆)

リンク: Robot-ニュース--「第1回ロボスター in ATC」開催.

 日本のロボット開発は、一極的ではなくそれなりに多中心的なんじゃないか、と自分では思っているのですが、その中心の間違いなく一つがもちろん大阪です。くいだおれ人形だって川底から救助されたバースだってきっと今頃は。妄想しすぎた事をお詫び致します。

 ともあれ、そんな大阪で開催された、実は意外に珍しいロボットパフォーマンスショーがこのロボスターでした。例えばROBO-ONEだと予選でロボットのプレゼンが行わるのが通例ですが(そして前回のROBO-ONEではその予選がなくてとても残念だった)のですが、ロボットによるパフォーマンスと言うのは、技術や演出のみならず、その独特のハラハラ感が非常にたまらない。先川原さんがKONDO CUPを評して語った「もどかしいですね~」と言う一言が、まさに心地よく当てはまる事柄なわけです。
 この手の方面ではバカロボもありますが、ちょっと向いている方向性に違うところがある気はします。ROBO-ONE予選や(見ていないんですが)ロボスターは、恐らくロボット単独でパフォーマンスが成立する方向に向いているのに対して、バカロボはロボットとパフォーマーが50:50、もしくはロボットを用いたパフォーマーによるアピール(つまりパフォーマーが主でありロボットは従)、と言う方向に舵が向いているんじゃないかな、って気はするんですよね。第一回はプッシュくんだって思ったんだけどなあ。

 それはともかくこちらのロボスター、近日動画で大人気となった雛さんも登場された由。
 雛さんの秘密や近況が気になる方は、ぜひこちらの記事さんもチェックしていっていただければと思う次第です-。

|

« シカも続投ゆるキャラ三題。(☆) | トップページ | ワンウィークアフター(☆) »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

ロブスターに見えました。


畜生、また美味しいものでも食べにいったんだな!?

と勝手に嫉妬でジェラジェラしてたら
違ってたみたいでションボリ。

投稿: rainplug | 2009.07.24 23:54

 いやザリガニは食えませぬよ自分。
 あんな三葉虫の親戚みたいな十脚類は遠慮つかまつる次第で。

 ちなみにくだんの生物、北欧では高級食材なんですが、きせいちゅうさんとか居るそうなんで、生で食べるのはNGなのだとか。
 タイ辺りではカブトガニも食べられるそうですよ。チャレンジ精神のあるカタにはぜひ。

投稿: sn@散財 | 2009.07.27 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/45730932

この記事へのトラックバック一覧です: ロボスターに行けば雛さんに会える(かも)!(☆☆☆):

« シカも続投ゆるキャラ三題。(☆) | トップページ | ワンウィークアフター(☆) »