« ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【S.H.R.B. 一回戦】 | トップページ | ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【S.H.R.B. 準決勝・三位決定戦】 »

2009.08.16

ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【S.H.R.B. 二回戦】

 このあと、いしかわさんが出ますよー。

2009/08/15 13:51

 リング上は体験操縦が行われている一方、アルミのザクとアルミのヴェークガンダムが競演したりしておりました。

 さてお時間になりました。後半戦の開始ですよ。芳賀さんからは外装が二種類あることを指摘。紙の外装とアルミなど金属外装のパターンがでてきている、と言う話をされてました。紙の外装モデルが優勢ですが、固い方も頑張ってほしい、とのこと。
 ここからはシード選手も交えた二回戦となります。

NABEDAM (ワタナベケ) vs GUNDAM MK-II Ver.Mako (makoのガンダム)

 さあ試合きますよ。曲は正調、飛べ!ガンダムだ。まずはさきほど不戦勝のナベダムが登場、対するは…… Zのこっちは初期OP。てことはガンダムマーク2だ。
 ガンダムとマーク2がまさかの揃い踏み。この絵が見られるのはスパロボとサンライズバトルだけですよ。まこさんのカミーユ服も手作りの作品。そしてもちろんマーク2はまこさんのお家芸、ガンプラのPGを利用して、ほとんどくり抜いて作成した逸品です。こちらは制作中、下半身はまだティターンズカラーと言う感じの制作中のものを、急遽この大会のために投入です。

 さあ試合スタンバイ。開始、まず一礼したガンダム、ビームサーベルを持ち上げる、マーク2は避けていきつつも正拳突きを狙う。腰を揺すって旋回するmk2、一方後ろに位置を取ったナベダム。背後をとりました。転がって起きあがるマーク2、ナベダム再び位置を取った、ビームサーベルを振り下ろすがこれは当たらない、斬りつける前に必ず縦を振り上げてポーズを取るナベダム、かわいい構えです。マーク2はリング脇に。レフェリーの手で中央に戻されます。ビームサーベルを次々繰り出すナベダムですが、 なんと振り下ろしたサーベルの先が、マーク2のわきの下に挟まってしまう。戻りの動作でナベダムが姿勢を崩し、そのまままさかのリングアウト! 1-0、マーク2が先取します。
 マーク2先に起きあがる。正面から接近する、マーク2も攻撃を突き出す、しかし押し切れない、ナベダムのサーベルは次々振り下ろされますが、これが当たらない、今度は盾を突き出していくナベダム、しかしこれは有効打にはならない。背後を取られたマーク2、しかし転がってブリッジで復帰した。ここで試合時間は終了、時間切れでの決着となります。
 ダウンカウントはといえば、なんと、ナベダム自爆気味のリングアウトが決勝点となり1-0。マーク2、耐え凌いで勝利を収めました!
「新型と戦えて満足しています」とわたなべさんでした。

百式 by ナガレイエロー (フラワー戦隊ナガレンジャー) vs ユウトガイン (勇斗特急隊)

 今度の曲は百式登場! それに対する相手方、この曲は…… マイトガイン、しかも合体する時の曲だ! このセレクトこそ適切です、こう来なくては。登場は勇者特急マイトガインより、マイトガイン風なユウトガイン。ピンポイント過ぎるセレクト。「(お子さんが)勇者シリーズが好きで、中でもマイトガインが一番好きだったので。マイトカイザーは前に作ったので、今度は主人公メカのマイトガインを作りました」とのこと。外装は工作用紙を使ってローコストで仕上げたとのこと。7歳のお子さんが操縦します。旋風寺舞人のコスプレがキュートですよ。

 さて試合開始、まず接近の百式、ユウトガインは横向きに構えを取る、なにやら姿勢を横に崩した、百式スリップ。背中の羽根、ウィングバインダーがもげる。ユウトガイン転倒、起き上がりに苦労してます、外装が引っかかってしまっているのか。レフェリーの神の手が入って復帰。ちょっと安定性がよくないのか、足の外装がずれてしまっています。レフェリーが外装を直している間に何かとれてしまいます。膝のところですね。ガオガイガーで言えばドリルのあるところ。起きあがった直後に正面からの突き、百式がダウンを奪います。
 試合再開…… ユウトガイン、動いてないみたいですが大丈夫でしょうか、あ、動いた動いた。百式が様子を伺う、ファイトの声。ユウトガイン直進、百式に絡まって転んでしまう。これは両者スリップ。また何かが取れた様子。肩の外装が取れたか。歩くと後ろに倒れてしまう。ユウトガイン調子が良くないか。百式が接近、なにか足を踏みならした、ちょっと調子が落ちてきたか、足首が弱ってきた百式。ここで試合は時間切れ。
 1-0、1ダウンが効いて百式、ユウトガインを沈めて次へと進みます。ニュータイプが御曹司に勝った瞬間でしょうか。違いますか。外装の動きとの干渉にちょっと泣いた感じのユウトガインでした。

RGM-79 GM (吉田ファミリア) vs メラン・ブルー? in で・か~る (ROBO道楽)

 さあ続いての登場は。ふたたび哀・戦士、吉田ファミリアさんのジムの登場。なんだかこう、DG細胞に感染しちゃってるっぽいジムの登場。この曲は……………… なんでしょう? メランブルー? 道楽、さんので・かーるが改造されての登場です。です。これは…… 作品名「まりんとメラン」だそうです。聞いた事ある気がする! 「作品がものすごく好きだったので」と道楽、さんでした。頭部はで・かーるの大きな目に帽子を被せたような感じですが、それだけでだいぶ鋭角的なデザインになっています。

 さきほどのように上体をそらして突撃し、ジムを遅う、体を掴みに言ったでかーる。しかし足を掴めなかった、逆に何かクッション的なものがでかーるからもげてしまう、膝の下に体を挟み込んだ、ジムを持ち上げかけますが押し切れない。今度は長い片腕を駆使して掴みに行く、果敢に行きますがこれも攻め切れない、逆にどんどん色々なものが取れていってしみます、わきの下に武器を挟んで持ち上げにかかるが、これも攻めきれない、ジムの大きさと重量に抗いきれていない感じ。ジムが強い。背中向きに倒れてしまったでかーる。その頃ジムの首は妙なほうに向いている、起き上がれるかで・かーる、ちょっと変な動きだ、体が持ち上がるが起き上がれない、もがいている、でかーる大丈夫か、テンカウント開始、起きた、いや起きた。しかし直後にジムの突きが入って崩れる、復帰直後にもう一撃、二発目で崩れたところでレフェリーフォロー。またさきほどの上体をそらしての突撃を繰り出す、しかし無線が入らなくなってしまう、落下寸前踏みとどまった、レフェリーのフォローもあって、リング中央に戻す。ジムの猛攻を胸先でしのぐが、背後への攻撃を放ちかけたところで時間切れ、
 2-0でジムの勝利、しかし今日ので・かーる、と言うかメラン・ブルーは強かった。いろんな部品を落としつつも。時間いっぱい戦いきったメラン・ブルーでした。

GAT (クボ) vs SDレイズナー (いしかわ)

 さあ、二回戦最後の試合。哀・戦士とともに、まず登場はガットガンダムというかガンダムガット。最初からサーベルを持ってやる気モード。
 さあ続いてレイズナーの登場です! いしかわさんがロボットビルダーとして、ロボット操縦者としてひさびさのリングへの登場。主に関係者からの大歓声で迎えられます。
 最初からSDがついているのは、と言う問いに、小型の二足というものはプロポーションをスマートに納めるのが難しいので、最初からSDと言う事にしてみた、とトータルデザインをアピールするいしかわさん。井上さんからも「SDでレイズなーはここにしかいないかもしれない」とのお言葉。大きなガットに勝てますか、という問いには、いしかわさんがぽっけからレイ(レイズナーに搭載されてたコンピュータ)を取り出します。「即時撤退せよ 即時撤退せよ」とこれまた冷静な事を言い出す音声合成。

 さあ、レイズナーはどうなってしまうのでしょうか。いよいよ試合開始です。

 さあ試合開始、しかしサイズが全然全く違う、ガードポーズを固めるレイズナーの上から、両腕をぽこんぽこん振ってビニールサーベルで叩いていくガット、ぽこんぽこんと 右手左手で叩かれて、これまたいい音がしていたところに、なんとガット、無造作に歩いてきて、事故みたいな膝蹴りヒット。吹っ飛んでレイズナー崩れた、これで1-0。
 ビームサーベルでばちばちはたかれている最中、前に倒れるレイズナー、しかしこれは有効とならず。そして腕を振り回しすぎたか、ガット、サーベルの刃がすぽんと抜けてしまいます。レフェリーが背中をつまんでレイズナーを起き上がらせている間に、、ガットは残ったサーベルもパージ、無手になったところからで試合再開…… あー、キックです。先進してぶつかりにいきます。レイズナーが沈む。さあ逃げた、レイズナーが逃げ始めた、ガンダムがレイズナーを追いかけていく、レイズナーはリング脇へ、リング脇に追いつめられたレイズナーを、リング脇からレフェリーが中央へ。側転から捨て身技を繰り出し、ガットの足にぶつかるも、捨て身技にもびくともしないガンダムガット。
 がつん、とガンダムは蹴りを入れる、なにやらそりかえったレイズナー、リング脇に戻ってしまう。キックをしのいだ、ガットは姿勢を崩しかけるが安定を戻す、コーナーを逃げ回るレイズナー、しかし倒れてしまう、起きあがったガットはどんどん攻めて圧力をかけていく。試合の具合で視線が上のほうに向いてしまったガット。「ガンダムが遠いとこ見てませんか」と言う声にくぼさんが大笑いしたところで、試合は時間切れ終了、2-0でガットの勝利となりました。

「即時撤退するべきでした」といしかわさん。「ガンダムのあの蹴りはなるべく避けたほうがいいんじゃないか」と芳賀さんでした。

 さ、ここで再び休憩です。次は55分から。

|

« ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【S.H.R.B. 一回戦】 | トップページ | ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【S.H.R.B. 準決勝・三位決定戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/45942567

この記事へのトラックバック一覧です: ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【S.H.R.B. 二回戦】:

« ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【S.H.R.B. 一回戦】 | トップページ | ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【S.H.R.B. 準決勝・三位決定戦】 »