« ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【S.H.R.B. 二回戦】 | トップページ | ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【ランブル~GATE決勝~S.H.R.B.決勝】 »

2009.08.16

ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【S.H.R.B. 準決勝・三位決定戦】

2009/08/15 14:52

 サンライズヒーローロボットバトルも、全選手出揃ってこれより準決勝です。
 それはともかく、今日は一日ポメラなわけですが。pomeraでの入力がスムーズにゆくかどうかは、ひとえに安定した平面が手に入るかどうかにかかっている気が、だんだんしてきました。あと気合い入れて使うと予想以上に肩がこりまう。誤変換はあとで直すしかないとして。

 さて休憩のあとは、サンライズヒーローロボットバトルの再開となります。二回戦もすべて終了し、このあとは三回戦…… あれ、松田さんとラウンドガールがリング上に登場です。ここで松田さんの煽りが入るんですね。おおお。

百式 by ナガレイエロー (フラワー戦隊ナガレンジャー) vs GUNDAM MK-II Ver.Mako (makoのガンダム)

 だんだんクワトロって言うよりダン・エイクロイド(ブルースブラザースの細いほう)みたいに見えてきました、それはともかく百式登場。続いてガンダムmk2登場、これは予期せずしてアーガマMS小隊の対決です。しかも百式とmk2、クワトロとカミーユ。かなり絵としてはいい感じ。実機のサイズはかなり違うのですが。
 さあ開始、まずは両者寄っていく、角度を変えていくmk2に百式が追いかける。マーク2は上体を大きく反らしてのけぞった、あれは回避運動か、しかし戻ったところに百式の突きが入って1ダウン。先取もしかし、足首がちょっと危ない百式、マーク2横突き、しかし姿勢が崩れてしまう、ちょっと足首が弱まってきたか百式。後ろにくたったっと倒れてしまう。横への攻撃がメイン、綺麗な突きでマーク2倒れ追い込まれる。あっと、百式はウィングどころかバックパックが綺麗に取れてしまう、青っぽい背中が覗いている。マーク2倒される、しかしこれは有効にはならない、マーク2止まった、大丈夫か。のけぞった。繰り出す横突き、しかしこれも入っていかない、リング脇に追い込んできた。危ない、両腕でめくっての攻撃、しかしこれは空転。横突きは強烈、しかしやや外れて当たったか。横歩きでぶつかって倒したがこれも有効ではない。マーク2、転がって仰向けになって起き上がる。このへんは綺麗な動き。なおも背中から追いかけていく構えの百式、しかしマーク2は逃げていく。
 最後はマーク2が仕掛けたところに百式の軽めの攻撃がカウンター気味に入る、これで3ー0となりました。

「当たってもなにも起こらないと言う…… ビームサーベル持ってたら切れてたんですけどね」と攻撃力に難をきたしてしまったところ。マーク2、ここで終了となりました。これで百式、決勝進出となります。

RGM-79 GM (吉田ファミリア) vs GAT (クボ)

 さあ、次はでっかい対決ですよ。
 奇しくも両者、入場テーマは名曲、哀・戦士。ガットがまずは登場だ。くぼさんは何気なく本人もビームサーベルぶらさげてます。そして続いてrsv3ジムが登場。なんとジムvsガンダム、連邦MS下克上対決。へたれたサーベルのガットガンダムに懸念が集まります。さあ試合開始。
 突っ込んでいくガット、真横に構えたジムに対し、しゃがんで防御に出ますが、これが仇になったか、綺麗にあおむけに倒れされてしまう。首がかなりあさってのほう、上の方を向いてしまったガット、レフェリーに頭の角度を直してもらいます。ジムの攻撃を後退して凌いだガンダム、一方ガンダムを攻撃した勢いでバランスを崩しかけジムですが、さすがにここはそのまま。ガットのビームサーベルがこれまたぺっちんぺちぺち叩きますが、観客席に飛ぶ笑いほどは効いていない、ジムのシールドバッシュで崩れるガンダム、これでダウン。
 両腕のサーベルを落とし、ガット立ち上がり復帰。ガット距離を積めたところでジムに突っかかって倒れる。倒れるたびに頭があちこち開いてしまう。最後は正面からの押し合いとなり、ジムに押されてぐいぐい押し切られ、リング脇から頭を下にしてリングの下へと転落してしまう、3ー0でジムの攻勢に押し切られたガット、連邦下克上対決はジムの勝利となりました。

「かなり首が重くて重心が高いです。動いているだけでもいいと言う感じなので、ここまでこれて良かった」とはKさんでした。

 さあ、この次は決勝戦。百式vsジム、三位決定戦はガンダムvsガンダムmk2の対決となります。同じガンダム同士、しかし大きさ3倍と言う対決は一体どういう絵になってしまうのでしょうか。
 解説席では気は早くも第二回の話に飛んでいます。やれるかどうかでやりたいと言う話と、今度はボトムズを見てみたい、と言う話になってきます。ズゴッグがまた見たい、と言う話にも。芳賀さんからは、コントローラー、操縦機にこだわりのものを見てみたい、と言う話をされておりました。

GUNDAM MK-II Ver.Mako (makoのガンダム) vs GAT (クボ)

 さあ、まずは三位決定戦からです。初代対ゼータガンダム対決、と松田さんのコール。
 圧倒的なサイズ差ながら、「決定力が欠けているのは両者一緒ですからね」とコメント。ちなみにガンダム史上最大はデビルガンダム、通常のMSではサイコガンダムクラスが最大だそうです。この両者の対決は、ちょうどmk2とサイコガンダムと同じくらいのサイズ差とのこと。

 さあ試合開始、距離を詰めていったガット、止まったマーク2の頭を、例によってサーベルでぺっちんぺっちん叩いていく、片方のサーベルはガットから取れてしまうものの、2本目の攻撃はマーク2の頭頂部にヒット、へたれたへたれたと言われていたビームサーベルでガットがダウンを奪います。
 マーク2がしゃがんでサーベルを繰り出した処に、ぺちぺちと中距離から叩いていくガンダム。本屋で立ち読みしている人に店員さんがはたきをかけているような、と解説されてしまう状況。ガット、しかしビームサーベルを落とす。武器がなくなった。ここでタイムか、いやタイムではなかった、審判が機体に触ってしまったのでタイムではないとの事。ガット、バランスを崩して前に倒れる。ボディプレスのようなに転倒に、思わずレフェリーが庇ったのは、ガットではなく潰されるコース上に居たマーク2の方でした。リング脇の危険な状況からで神の手でフォローしてもらい復帰しますが、これはちょっと無線状態が悪いか、歩きっぱなしだ。止まらない。ここでコントロール不能となり、これは本当のタイム。待ち時間にガット、観客席に手を振っています。
 さて、タイムも終了。2-0で試合再開です。あっと、蹴りだ。ガットの評判の悪いあの蹴りだ。べきっと蹴った。蹴りとばしてリングから転落、しかしこれはスリップダウン中のリングアウトと言う判定、マーク2がリングに戻ってきます。しかしぎゅーぎゅーと、もうなんだ、壁が迫ってくると言うか、トラックがバックしますみたいな勢いでガットが圧力をかけていく。マーク2をリング縁に追い込んでいくガット。最後は蹴りで姿勢をくずして3ダウン、これでマーク2が沈み、ガットが三位となりました。

「もう少しかっこいいガンダムにしたいと思いますので、今はこれで許してください」とKさんでした。
「蹴りは強い。重量には勝てないな、と思いましたゲームでもよくサイコガンダムの蹴りでやられていたので……」とまこさんでした。

 ここでちょっと休憩。30分より決勝となります。

|

« ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【S.H.R.B. 二回戦】 | トップページ | ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【ランブル~GATE決勝~S.H.R.B.決勝】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/45942599

この記事へのトラックバック一覧です: ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【S.H.R.B. 準決勝・三位決定戦】:

« ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【S.H.R.B. 二回戦】 | トップページ | ROBO-ONE GATE&GP&サンライズヒーローロボットバトル観戦記【ランブル~GATE決勝~S.H.R.B.決勝】 »