« 第十六回ROBO-ONE観戦記【決勝入場編】 | トップページ | 第十六回ROBO-ONE観戦記【一回戦 第7~第11試合】 »

2009.09.28

第十六回ROBO-ONE観戦記【一回戦 第1~第6試合】

 さあ、まずは第一試合からの開始となります。いきなりですよいきなり。

一回戦 第1試合
No.6 OmniZero.9(前田武志)
vs
No.741 ウィリス(大同大学ロボット研究部)

 さあ、いきなり登場、赤いドレッドノート・オムニゼロがしょっぱなを切ってリングに登場だ! 相手は大同大チーム、34位ながら繰り上げ出場となったウィリス。それにしてもこのなんだ、いかんともしがたい冗談のような体格差。どうなってしまうのでしょう。
 さあ、二人がかりでオムニがリングイン。試合開始です。まずは一礼したオムニ、横に外れて様子をうかがうウィリス、軽快な動きをしていますが、ぶつかった、オムニの足にぶつかって倒れてしまう、これはスリップだが起き上がれない、どうしてしまった、足がかたかた動き、床をずれていきますが起き上がれない。しばらく苦しんだのちタイムを申請、これで1-0。オムニ、戻って待機します。復帰した両機、再開。オムニ、足踏みをするようにゆっくりと悠然と前進する、リング脇を歩き回る作戦に出たウィリスですが、赤い縁から飛び出てリングアウトしてしまう、リング脇を歩いて攻め倦ねるウィリス、オムニが腕をぐんと伸ばして、インパクトの瞬間に腕先が開くような一撃。軽く吹っ飛んでしまいダウン、ぎりぎりリングの中に留まった格好のウィリス、さすがの圧倒的な存在感を見せつけたオムニゼロ、3-0で一勝を挙げました。

一回戦 第2試合
No.593 建御雷神(大同工業大学 ロボット研究部)
vs
No.742 ビッグバーン(大阪産業大学歩行ロボットプロジェクト)

 青いLEDもかっこいいタケミカヅチ、今日は点灯していませんね。一方、相手はビッグバーン。ウルフヘッドに赤い鉢巻きも凛々しい機体です。お、光った光った。タケミカヅチのほうが大型ですね。様子をうかがうミカヅチに、軽快に様子をうかがいつつ接近するビッグバーン。こちらは横歩きメインみたいですね。スリップしたタケミカヅチ、その場ジャンプを繰り返しながら迎撃の構え、背中あわせに睨み合うような構え、ビッグバーンがスリップしてしまう、大きく腕を振り上げる、タケミカヅチの一撃が空を切る、両者横突きをぶつける、おっとビッグバーンからネジが落ちた。その瞬間、横パンチでめくりあげ、タケミカヅチからダウンを奪う、タケミカヅチも振り下ろした腕がビッグバーンにぶつかりますが、これはダウンではなくスリップ。背中を向けその場ジャンプを繰り返すタケミカヅチ、ビッグバーンが背後から何回かパンチを繰り出す、しゃがんで凌ぎ立ち上がったタケミカヅチ、ビッグバーンが巻き込まれて倒れますが、これはスリップ。一気にしゃがみこんで防御姿勢に入る構えのタケミカヅチ、ビッグバーンを巻き込みますが、これはダウンとはならず。攻撃がなかなか有効とならない展開。ビッグバーン、パンチを繰り出し、かすりますが、自分がスリップ。またネジが取れてしまう。ビッグバーン、大丈夫でしょうか、後方へフックをぶつけたタケミカヅチ、しかしこれも有効とはならずスリップ。ちょっと苦労しますが起き上がり。背後からの一撃を入れたビッグバーン、しかしタケミカヅチしゃがんで凌いだ。歩いて攻撃、の注意が飛んだところで時間切れ。
 両者いい動きを見せたこの試合、1-0でビッグバーン、タケミカヅチを沈め、二回戦に進みました。

「かっこよくて足が長くなると弱くなっちゃうってのはちょっと悲しいですね」と神矢先生でした。

一回戦 第3試合
No.13 Neutrino-MEGA(飛騨神岡高校)
vs
No.746 エール(なんちゃ)

 第三試合はかなり近い感じ、地元勢同士の対決、飛騨神岡のニュートリノメガと、白いむくむくのロボット・エールの対決です。なんとこの試合、チューリップテレビから懸賞のかかった試合になった、とのことです。かなり大型のエールに対し、伝統的に機動性に優れるニュートリノの勝負。
 まずは一撃突きを繰り出したメガ、一方エールはいきなり倒れてしまう、いきなりの転倒に思わず手を出したなんちゃさん、これが反則となり1ダウン、さらにタイムを申請した事で、これで2ダウン。ちょっと大変な事態、ファーストタッチの前に2-0となってしまいます。
 必死に調整を行うエールチーム、復帰に成功しました。さあ試合再開、ちょっとぐらぐらしていますエール。機嫌よさそうですがとか言われています。両者リング中央に、倒れかかったところをエール、旋回して揺れを急襲して立ち止まった、リング中央でいったんしゃがんだエール、そこで安定しましたが、腕を突き出しかけるがこれはレフェリーから注意が飛ぶ。機敏に飛び回るメガ、隙をうかがってパンチをぶつけていきますが、さすがに重量差と身長差、腕がいいところまで入らない、一方のエールは倒れそうで倒れない、バランスを失いそうな、そうでもなさそうなところで踏みとどまっている、かなり揺れています。心配になる。駆け回ってスリップしながら攻撃を繰り出しニュートリノ、一方のエールはしゃがんでの攻撃を繰り出しますが、これはエール、しゃがんで後ろに腕を伸ばし、掴んで投げようと言う構え、しかしニュートリノはあすがに捕まえられない、ニュートリノ、エールの腕の真横に、あぶない位置ですが攻撃は出せず。ここで時間切れ、しょっぱなの2-0が生きて、ニュートリノメガが二回戦へと進みます。

 富山の皆さんに一言、と言われて、「すいませんでした」となんちゃさんでした。

 ぽろっとこんなところで情報が。次回は3月21日、川崎大会だそうです。3kg以下の大会だとか。
 土曜の3/20には、1kg以下の超軽量級と市販キットの大会を行うのだそうです。人数多い場合はリングを二台用意するそうですけど、ちょっとつらいですなそれは。

一回戦 第4試合
No.736 ぼくらのげんかいORZ(日本工業大学S.R.F)
vs
No.267 竜鬼Ⅱ(AZM LAB)

 続いて第四試合。大同のげんかいと、光る回る竜鬼Ⅱの対決となります。ちょっとげんかいの調子が良くないみたいですけど、大丈夫でしょうか? あ、大丈夫そうでうね。まずは一礼の竜鬼Ⅱ、げんかいは一礼、と見せかけて前方に倒れる、いきなりのスリップでタイムを申請。竜鬼Ⅱは膠着姿勢で待機します。1-0の状況で…… また前に倒れてしまうげんかい、大丈夫でしょうか、安定が良くない様子。前にぐらっぐらっとしています。かなりまずそうな感じですが、試合再開。立ち止まったままのげんかい、突っ込んでいく竜鬼Ⅱ、しかし今度は後ろに倒れてしまったげんかい、体をくねらせての起き上がり中、後ろに倒れてリングアウト。そのまま落っこちてしまい2-0。のしかかるように竜鬼Ⅱを迎え撃ちますが、これはのしかかっただけで終わりになってしまう。竜鬼Ⅱ、下がった。げんかい、藻掻きますが置きあがれない。10カウントのまま転がっていると言う状況、ここで3-0、竜鬼Ⅱが勝利を収めました。

一回戦 第5試合
No.743 ハンマーヘッド(大阪産業大学歩行ロボットプロジェクト)
vs
No.121 ローリングピラニ(法政大学電気研究会)

 続いては、これは好カード。予選三位のハンマーヘッドと、法政大のフラッグシップモデル、ローリングピラニの対決です。PCと無線モジュールなどを何名かで保持し、バックヤードが結構大がかりな感じのピラニチーム。さあ試合開始、真横を向いて突っ込んでいくハンマーヘッド、一方のピラニは中央まで進むものの、接触を前に後方へ引いてしまう、リング中央でのぶつかりあい、両者腕を繰り出してのぶつけあい、ピラニがスリップ。ハンマーヘッド、いったん間合いを外した、背後を取ったハンマーヘッド、ピラニを背後からクリーンに一撃、これで1-0。駆け寄ったピラニ、一撃をハンマーヘッドが凌ぎ、カウンターで沈めて2-0。みたび攻撃にかかるピラニですが、しゃがんで攻撃を出かけたところに、真横からハンマーヘッドが腕を伸ばしてぶつけ、これで3-0。美しいカウンターを次々と決めたハンマーヘッド、ピラニをストレートで沈めて勝利を収めました。

「部品が落ちたのを見たのはひさしぶり」と畑野さんでした。

一回戦 第6試合
No.744 MgAloT(JUN)
vs
No.747 ビグ・グランデ(ロボットフォース)

 続いての試合は地元勢登場、顔っぽいムガロット。対するはこれは大きな長い足、グランデと言うからにはそれだけのことはある、ビグ・グランデの登場です。あっと、こちらもチューリップテレビさんから懸賞がかかっている、とのことですよ。こちらもまた冗談のようなサイズ差です。たぶんビグの上のマノイさんがムガロットと同じくらい。
 開始、小刻みな歩行で中央をゆっくりと目指すビグ、ムガロットは横歩きでゆっくりゆっくり近寄っていく、ビグは方向を身長に調整していく、腕がなく足だけのビグ。しかしどう攻撃を仕掛けるんでしょう、背中を一瞬見せたビグ、ムガロットはどうにも手野出しようがない感じ、おっと手を振った。ムガロットが手を振った。お客さんが拍手を飛ばしますが、しかしそれでこのあとどうなるんでしょうか。バックでぶつかっていったビグ、真横につけた。どうするんでしょう、横に攻撃を繰り出すムガロットですが、さすがに揺るがない。しかしビグはどんな攻撃技があるんでしょう、先程から肉薄していきますが、攻撃が繰り出せません。直進、ビグ正面から捉えた、相手を足の間に挟んだ格好のビグ、ムガロットはそのままスリップ。倒れましたが大丈夫でしょうか、起き上がった、おお、大丈夫です。復帰。
 ここでなんと、ビグが真横に倒れた。スリップダウン。あっと、タイムだ。タイムを申請だ。これで1-0、観客席から拍手が飛びます。1-0で再開、ムガロットに詰めていくビグ・グランデ、距離を詰めてぶつかっていく、これまた前からぶつかっていって、膝でゆっくりと押しのけるようにムガロットを倒した、これで1-1、さらにちょっと離れてから、ムガロットが起き上がったところに距離をつめて再びぶっつけ、これで2-1。ダウンから数瞬置いてのタイムアウト、時間ぎりぎりで2-1、ビグ・グランデ、タイムの失点をリカバリし、二回戦へと進みました。

 さてさて。ここでいったん休憩タイム。
 体験操縦のお時間となります。

|

« 第十六回ROBO-ONE観戦記【決勝入場編】 | トップページ | 第十六回ROBO-ONE観戦記【一回戦 第7~第11試合】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/46332958

この記事へのトラックバック一覧です: 第十六回ROBO-ONE観戦記【一回戦 第1~第6試合】:

« 第十六回ROBO-ONE観戦記【決勝入場編】 | トップページ | 第十六回ROBO-ONE観戦記【一回戦 第7~第11試合】 »