« 第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(1/6)】 | トップページ | 第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(3/6)】 »

2009.09.27

第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(2/6)】

 極めて何気なく近藤科学の企業アピールが操縦体験の後に入りまして。さて短い休憩を挟み、予選再開。次は有名なあの子が出てきますよ。

11 No.749 雛(夢邪鬼)

200909281001

 さあ楽しみにしてました、雛の登場です…… 「今から紙芝居をやりますので正面に集まって下さい」とのこと。雛も赤青、二機が登場しています。ダンボールを持っていますが、あれは何に使うんでしょう。青いのが初号機、赤いのが二号機。約束通りですね。青いのは紫がかってますね。
 横に雛を二台並べ、スイッチを入れた。動き出しました、ああ、ダンボールが台詞なんだ。二機のポーズに併せてめくっていくと、台詞が次々と出てきます。なんだこれは面白い。完全サイレントで、ROBO-ONEの成り立ちと予選、決勝のシステムについて解説が行われてきます。

200909281002

 途中で手書きのコメントが入っていたり、動作があ、あっと、時間が。時間が足りない。あと30秒。ここで最後まで説明して修了となりました。

「本当は声も出させてやりたかった」とのことでしたけど、いやこれはサイレントでネタとして完成してますよ。すっごいなあ。二機同時に動く様があまりにもキュート過ぎて驚きます。ちなみに21軸とのこと。しっぽは充電とメインスイッチだそうです。

200909281003

 あと、後片付けがちょっと大変そうでした。紙芝居回収紙芝居回収。

12 No.737 デンダィン(TDUヒューマノイド研究会)

2009092811

 続いてはデンダイン。イは小さいですけどいいですよね。あおむけに倒れてリングに登場、これ、どういう足裏になってるんでしょうか…… あれ、あのぷるぷるした頭はクロガネ、ではないんですね。ちょっとずんぐりしたロボットです。立ち上がりましたが、前に歩き出したところでバランスを崩してしまう、前に倒れてしまう。足裏が小さいのがちょっと影響しているか、今度は立ちつくして動かなくなってしまう。なんだかROBO-ONEの予選っぽくなってきました、必死の調整が続いています。揺すれ、と言う指示が飛ぶ。マイクを預けて先輩が揺する、前後から叩きます、おっと動いた、ほんとに動いた。しかし前に進んで、今度は後方に崩れてしまう、バランスが崩れてしまっているようです。もう一度止まってしまったところで予選終了。モーションがずれてしまったとのことでした。

「足裏が小さいのは、足が短いロボットを作ろうと思うと、規定でこうなってしまうので」とのこと。

15 No.726 REDNIA(Robot&culture)

2009092812

 二台飛ばしてレッドニア。名前はレッドニアですが、緑色のアルマイトが美しいロボット。韓国から参加のチームです。厚めのアクリルで作った、三段階の段差をつけた悪路の上を歩行して、着実な動きで走破していきます。ちょっと転んでしまう、自動で起き上がりは…… モーションの途中だと難しいか、再生し続けます。お、起きました。きちんと起きました。両腕を使っての起き上がりから攻撃、逆立ちに入りますがこれは転んでしまう、起き上がらせて貰ってバンザイn御姿勢から、片足立ちでのバランス取り、片腕をついた三点倒率の姿勢、そして側転、起き上がりと、軽快な動きを次々バランス良く繰り出します。ちょっと悪路歩行などで安定の悪さはありますが、機動性の高さを存分に繰り出してのレベルの高いデモでした。

17 No.734 国士無双(日本工業大学 Meteor)

2009092813

 続いては国士無双。ゴツそうな名前に反して、スマートな外観のちょっと小さなロボットです。スポンジっぽい地面と旗を用意していますね。さあスイッチを入れて、あおむけの姿勢から足を大きく広げて立ち上がる、勢い余りすぎて前に倒れた、角度を変えて舞えへ進む、どうしたんでしょう、腕を前に合わせた姿勢のまま止まってしまう。トラブルの感じです。腕を広げようとするのですがうまくいきません、仰向けに倒して、もう一度最初から開始のようです。調子が良くない様子、残り30秒となってしまった。
「今回は大学参加で残り2チームあるので、そちらのほうに期待して下さい」とのコメントが飛ぶ中、惜しくも時間切れで修了となりました。
 最初はプチプチを走破して旗を取る、と言う予定だったのだそうです。残念なデモとなってしまいました。

18 No.735 White Dwarf(えまのん)

2009092814

 山脈登場、ホワイトドワーフ。相変わらずな堅牢な作りの下半身です。大股での軽快な動きから、連続ジャンプでの方向転換。コレは珍しい、えまのんさんが手を出したことでバランスを崩して転んでしまいます。横への連続突き、悪路フロアの上に乗っても、かなりものともせず踏破していきます。最後は倒れてしまいますが、持てあますほどのパワーでリングの上をどっかどかどか歩き回ります。ありあまるパワーを見せつけてのデモ修了となりました。

「やったことのない動きと言うのは…… 考えつきませんでした!」とえまのんさんでした。

20 No.742 ビッグバーン(大阪産業大学歩行ロボットプロジェクト)

2009092815

 オオカミっぽいヘッドに鉢巻きで登場のビッグバーン。そして一緒に登場してきたのは跳び箱。俄然期待が高まります。まずはセンサーでサーチしたんでしょうか、跳び箱を見つけて飛び込みます、跳び箱の一を必死に修正しつつ、これは飛べなかった。のたうち回ったところから立ち上が…… いや、立ち上がっては居ませんが立ち上がりました、自力で起き上がり、さっきは引っかかりましたが立ち上がります。全身を使って大きく手を振っていく、腕を振り回してバランスをくずしたりしておりますが、さあリングには何か出てきた。だるま落としです。ちょっと小さめのだるま落としが。だるま落としが並んでハンマーを振り回しますが、ビッグバーンが振ったハンマーは、だるま落としの一番上のだるまを吹っ飛ばしてしまう。これで丁度の時間切れ、修了となりました。

 跳び箱は失敗してしまいましたがきちんと飛ぶはずだったとのこと。跳び箱の設置が間に合わず、飛ばなかったのだそうです。疑われていますが。だるま落としの頭が飛んだのは偶然だったそうですけども。

21 No.407 ラッキースター(法政大学電気研究会)

2009092816

 ドリラーに続いて、法政チームのラッキースターが登場です。階段の下で陣取るラッキースター、しかし一歩目で転んでしまう。音声再生モジュールで喋るとのこと。一歩一歩ゆっくり登っていくラッキースター。今回はゆっくり登らせるスタイル、とのこと。重心を修正しつつじっくりと登っていきます。じりじりと登ってはいますが、時間は、時間は大丈夫か。あと少し、登り切った。ここで歩行、かなり一歩目が危なっかしい感じですが進んでいく、調整役がインフルエンザで倒れてしまったとのこと。悪路を引っかかりつつ進んでいった処で、時間切れ修了となりました。

「時間があればできたと思います」とのコメントでした。

22 No.755 GG2(大垣工業高校C)

2009092817

 横山テイストな胸部が印象的な銀色のロボットGG2。側転を見せたい、とのこと。にじりながらの歩行から、手を出した操縦者の人に食いかかるような側転を繰り出します。ちょっとバランスを崩してしまったところから、電源を入れなおしてリトライ。側転を三度目のトライに入りますが、これも残念ながら転倒、側転を出せないまま予選デモ修了となってしまいました。先川原先生は配線の長さに注目されていました。

23 No.748 BARON(大同大学ロボット研究部)

2009092818

 これはまたかっこいいデザインのロボット、バロンの登場。白と青をベースにして、加工もかなり細かなモールドの入ったデザイン。3D CADをこのためにわざわざ勉強して作ったとのこと。就活のために。どっちなんだ。腕を伸ばしての攻撃モーションを繰り出し、腕を背中についてエクソシスト走法を繰り出します。四足は四足なんですが、うつぶせではなくあおむけでの走行って言うのはなんというか。

「3倍は何が3倍なんですか」「気持ちの問題です」「これで就活は万事OKですか?」「えー、頑張ります」とのことでした。

 ここで再びデモンストレーションタイム。マノイ企画の岡本さんとマノイ隊長がリングの上に登場です。富山の方言で「きのどくな」と言うのは「ありがとう」とかそういう意味なのだそうですよ。プチ県民ショー状態になったところで、……あれ? なんだ、ドアラ? ドアラです。ドアラでラジオ体操をやる様子です。このドアラはマノイ改造(あと中日ドラゴンズ公認)とのこと。
 ドアラのラジオ体操のあと、マノイGOの登場。転倒2回くらいで踊り続けさせたいとのこと。ビスが弛むのではなくビスが飛んでしまうとのこと。なんでもMTVのPVに登場する事が決まっているのだとか。ほほーう!
 最後はヘッドスピン、きょうは綺麗に決まりました。マノイGOのデモでした。

 ここでさらっと西村委員長から発表が。3月の大会は1kg以下級+市販ロボットの大会をやるそうですよ。

 びっくり発表のあと、ここで休憩昼休み。午後は12時30分より、続きとなります。

|

« 第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(1/6)】 | トップページ | 第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(3/6)】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/46322223

この記事へのトラックバック一覧です: 第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(2/6)】:

« 第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(1/6)】 | トップページ | 第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(3/6)】 »