« 第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(2/6)】 | トップページ | 第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(4/6)】 »

2009.09.27

第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(3/6)】

 お昼休みのあとは、24番手から予選演技再開です。
 午前中に登場しなかった機体についても、リタイアではなくいろいろ理由があって順番を組み替えたとのこと。リタイアが減るって言うのはいいことでありますよ。なんだかえらくかっこいい声のお姉さんが再開のアナウンスを流しています。
 さて、もうそろそろと予選演技再開の時間です。

 あ、後ろに居た人は、代アニの声優科の生徒さん達だそうです。以後の人達は、この方達の呼び込みで入場してくるみたいですね。

28 No.670 ファリーキャット(帝京科学大学 内田研その2)

2009092819

 あれ? またちょっと飛ばしてファリーキャト。四角い胴体に黒猫の顔のついたロボット。動作開始からいきなり転んでしまいます。動作コンセプトは猫とのこと。ちょっと歩いたところから2,3初パンチのモーション、馬のぬいぐるみを渡されて高い高い、なんだか首を絞めているみたいですが、そして飽きて投げ出す。歩く、と見せかけて倒れて転転び、転んだままで後方に進む。車の整備をする、と見せかけて工具を持てなかった。残念です。と、次から次へとスムーズにボケ倒す展開で修了となりました。

「そういうときは車をダンボールとか木で自作するとか」と先川原先生の厳しい指導でした。「先川原さんも一度出たほうがいいんじゃ」「僕が出たら周り中から何言われるか」と西村委員長。

 ここでROBO-ONEの解説が再度行われたのち、競技再開。

30 No.725 echo(Robot&culture)

2009092820

 さきほどの方もそうでしたけど、こちらも韓国の方のチーム。というかお子さんですね。さっきのフレームを黒くしたような印象のロボット。まずはスポンジで出来た不整地を転倒しつつ走破、しゃがんで回転パンチ、前に転んだと見せて倒立を繰り出し、上下さかさまになったままいくつか動作、今度は横歩きから、これは横突きか。前に自ら倒れて倒立し、そのまま腕を使ってヘッドスピン。何回か回転を繰り出して倒れて通常姿勢に復帰、腕を振っての予選演技終了となりました。
出だしがちょっと不安定だったほかは、非常に素早く安定したデモでした。

31 No.457 Ain(K)

200909282101

 さあ、わけのわかんないことになってきました。カップラーメンが三つ、ステージの上に並びました。くぼさんが一つずつ「どれがロボットだと思う人!」と言う質問が。圧倒的に右のカップラーメンが人気。右のロボットが立ち上がります。

200909282102

「正解した人には特に賞品はありません」と言いつつ、アインが立ち上がって歩き出しますが、ころんころころ転がってしまいます。「ロボットを作る時には部品の選定が大事!ここ大事です!」とくぼさんがお客さんにアピールし、時間ぎりぎりに、ぽこんと頭を叩いてカップラーメンに戻したところで演技終了となりました。

「本当は頭とか手とか出る筈でした。申し訳ない本当に」とくぼさん。先川原先生がコメントのしようがないと匙を投げたところで修了です。

200909282103

33 No.360 ザウラー(KENTA)

2009092822

 恐竜ヘッドもりりしいザウラー登場、緑の人工芝とサッカーボールがついています。TOBBYさんが援護についていますよ。やったことのない動作、と言うのは、ストレッチ運動。なかなかにゅるにゅるとした動きで、足や上体をねじらせていきます。腕先がザウラーヘッドになってるんですね。
 人工芝の上に乗り、しばの上を歩くザウラー。ちょっとおっかなびっくりですが、きちんと歩いてサッカーボールをキック。反動で自分が後ろに倒れてしまいますが、手動で復帰して戻り。最後は両腕を振ってご挨拶。ここで修了となりました。

34 No.546 ドカはるみ(ドカ プロジェクト)

2009092823

 さあ、もうなんか舞台袖にいる段階でえらいことになっている事がよくわかる。例のドカはるみがリングに登場です。……あっと、リングの外を自力で歩いてます。自力で歩いてリングに登場です。介助の人がついてますけど、有線操縦からコントローラーを外した。フロアの不整地がお立ち台に見えます。しかし動かない、大丈夫でしょうか。ちょっと上着をまくって整備をしていますが、なんかこう、ああ、よかったよかった。動きそうです。あれ、まだだめか。トラブルでしょうか、これは辛い。首ががくんと落ちたところに先川原先生がびびっています。スタートが出来ないとのこと、審査対象外ですが、有線で動かして欲しい、とのこと。
 身長150cm級、このサイズで横歩きから旋回、しゃがみから立ち上がり。これだけのサイズのものがPSコントローラで動いている様はなにやら威圧的な光景ですらあります。
 そんなこんなで、デモンストレーション修了ととなりました。ちなみに服はしまむらだそうです。価格は車一台分くらい(しかもプリウスくらい)と誘いをかけられ、ごまかしていました。サーボは片足で12個使っているのだそうです。なんとアシモより多い全42軸だそうです。

35 No.121 ローリングピラニ(法政大学電気研究会)

2009092824

 さあ、法政のフラッグシップ・ピラニが満を持して登場。なにやら水色のチューブみたいなものを持ちこんでいます。あれは何に使うんでしょう。まずは階段を上…… おっと、後ろに転んでしまいます。苦戦しつつも階段を上る、後ろから手を添えているうな添えていないような、上に登り切ったところで、先程の道具を腕につけました。なんでしょう、なんだか伸びきった南京玉すだれのような、ああ、杖みたいです。両腕に杖を持って悪路を突破、しかしそのまま不整地フロアを走りきって、反対側から転落してしまいます。自動起き上がりから素早い横歩き、リズミカルな後ろ歩きから前方歩行、そして最後はピラニがペンチを持って、コードを取ろうとしたところで時間切れ。自力で自分を整備する、と言うデモをやりかかったところで修了となりました。

 どんな道でも歩く、と言う方向で邪道を持ってきたところを、先川原先生は評価されていました。

36 No.25 で・か~る(道楽、)

 さあでかーる登場。まずは階段の下から構え、お辞儀から階段にチャレンジ。非常に身長に足を上げながら、階段をン所ぼっていきます。ゆっくりゆっくり登ったところで不整地に突入。さあ登り切って路込んだ、今度は上体を背中に畳み、例ので・かーるダッシュで走りきった…… 走り切りすぎて転落してしまい、倒れたところで動きが止まってしまう。
 ここでもう一度階段をチャレンジになります。予定ではあの体勢のままリンボーダンスを繰り出す予定だったとのこと。うじさんがリンボー用のパーツを用意して待機していたのですが、最後はもう一度暴走に入ったところで足が引っかかって一回転、これで修了となりました。

2009092825

 でかーるダッシュの詳細を聞いた西村委員長、「じゃあ次回ルール変えなきゃ」「やっぱりそうなりますか」と言うところで、次の選手の登場です。

39 No.743 ハンマーヘッド(大阪産業大学歩行ロボットプロジェクト)

 四角い大きな型パーツが気になる、頭のついていないハンマーヘッドの登場です。まずは前進からスラローム気味に後方へ、そして横向きに何度か攻撃を繰り出す。ああ、なんか動くたびにきゅいんきぃいん効果音がしてますね、階段はなんと階段を全部キャンセルして一気に登る六段上り、そして最後は弓矢。弓を引き、吸盤のついた矢を引いて、よっぴいでひょうど。アクリル板を持って待っていた人のど真ん中に矢がばすッと当たり、大喝采で修了となりました。

2009092826

 これはいい動きにいいアピールと、総合力の高いデモでした。

40 No.736 ぼくらのげんかいORZ(日本工業大学S.R.F)

2009092827

 なんだか自分に負けちゃったみたいな感じのロボットなんですが、障害物突破のトライから。ブロックみたいな壁を登り、のしかかって上で前転するような動きで突破。さらにそのまま匍匐前進し、今度は低いブロックを通過していきます。足首が設置する方向に向いていて、これでグリップしているんですね。そして通過したあと四つんばいの姿勢で停止、ここでそのまま修了となりました。

「最後のフィニッシュが気に入りませんがあとはおおむねOKでした」と先川原先生でした。

 ここで再び休憩。体験操縦会となります。

|

« 第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(2/6)】 | トップページ | 第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(4/6)】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/46322239

この記事へのトラックバック一覧です: 第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(3/6)】:

« 第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(2/6)】 | トップページ | 第十六回ROBO-ONE観戦記【予選(4/6)】 »