« 2009国際ロボット展スペシャルステージ観戦記【サンライズヒーローロボットバトル・一回戦】 | トップページ | 2009国際ロボット展スペシャルステージ観戦記【ROBO-ONE GP FINAL・一回戦】 »

2009.11.29

2009国際ロボット展スペシャルステージ観戦記【サンライズヒーローロボットバトル・二回戦~準決勝】

 次は二回戦、なのですが、ここでちょっと調整の時間が必要になる様子。

 来年公開の映画「サロゲート」の予告編が流れます。近未来、個人が社会との接点を閉ざし、本人そっくりの身代わりロボット・サロゲートを、社会との接点として活用している時代。どこか歪なその理想郷で、数年ぶりとなる「殺人事件」が起きた時…… と云う、ハードなSF作品のようですね。年末はこのほか、トランスフォーマーリベンジのBDとか、マクロスの映画とか。話が河森監督の話題になったところで試合再…… あ、まだちょっと時間が居るみたいです。
 来年2月、これまでのガンダムシリーズの主題歌が全部入ったCD集が出るみたいです。
 お台場のガンダムはサンライズの格納庫に収納されている由。お、どこかに出張される予定はどうやらあるみたいですよ。公式発表を楽しみに待ちましょう。

MS-06 ザクII(くまま) vs SDレイズナー(いしかわ)

 さあ、なぜか「アニメじゃない」と共に登場のくぱくまさんのザクII。実はザクIIIだったんでしょうか。銀色に輝く、総アルミ製の逸品です。モノアイも動くように改良された強化型。
 対するは一回戦を半不戦勝で勝ち抜いたレイズナー。レイを持ち出して「ソクジテッタイセヨ ソクジテッタイセヨ」と、小ネタを繰り出した所で試合開始です。

 猛烈な勢いで突っ込んでいったザク、突きだしたヒートホークをレイズナーは防御姿勢で凌ぎますが、そのままの姿勢で後方へ吹っ飛ぶ。さらに2撃目で轟沈するレイズナー。ダウンした状態から反対に転んでしまうものの復帰する、また一撃打ち込む、背後に下がったザク。スリップ状態でリング際、ちょっとピンチになりますが起き上がった。横に突きだした斧をさらに水平に振り、レイズナーの脚をなで切りに倒して2ダウン。突っ込んでいくザク、振り上げるがこれは空転、レイズナーは体当たりを仕掛けますがザクは微動だにしない。また外装が取れてしまう。起き上がったところに最後は一撃、足下をヒートホークでひとなぎし、これで3ダウン。見事な連発でレイズナーを沈め、勝利を収めました。

「きのう夜遅くまでオンラインゲームやってたって云う人に負けて悔しいです」と、いしかわさんのコメントでした。

GAT(くぼ) vs MS-14S(みすみロボット研究所)

 さあ、続いては「哀戦士」のテーマとともに、ガンダムなGATがリングに登場。「すでになんか落ちてますけども」とか言われています。そして続いて、紙ヘルメットのシャア少佐と共にMS-14ゲルググがリングに登場……このサイズ差は一体どうすればいいんでしょう。どうにもならない感じが、動き出す前からすでにぷんぷんしています。
 ビームもといビニールサーベルを担いだガット、いきなり無造作にビニールサーベルを叩きつけて1ダウンを奪う。ゲルググも腕をぴくぴく振りますが、攻撃どころの騒ぎではありません。
 ガットが微妙に位置を調整して、先川原さんに「スイカ割りじゃないんだから」と言われるような一撃っぷりで二発目、転んだ拍子に顔の左側が空いてしまったガット。
 最後はビームサーベルの一撃を振り下ろしたのが外れ、戻りかかった腕先が引っかかっゲルググがめくり倒され、これで3ダウン。ガット、サイズ差を思う存分振り回しての勝利で、ストレート勝ちを収めました。

Automo 06(HOLYPONG) vs メカアイン(AIR)

 さあ、真打ち登場、オートモワッカ。どこに出しても恥ずかしくないガンダムっぷりです。……おっと、ガンダム第一話を再現するデモからですね。

 「こいつ、動くぞ」でカバーを取って、「間違えた」「これも間違いです」 ちょっと手間取りましたが立ち上がった、そしてビームサーベルを抜く。光るサーベルのところは手動で追加。袈裟切りから、逆手を添えて突き刺すシーンまで。メリッサハンドをフル活用してのデモから、試合開始。

 それはそれとして、これも前代未聞の対決。ガンダム対、犬!
 背後に回っていったアインをガンダムが捕まえに行く構え、掴んで引っ張った、しかしこれは倒しきれず離した。また背後から突っ込んでいくアイン、オートモは中央で陣取っていた構えから詰めていく、アインの攻撃、しかしさすがに揺るがない。伸ばした腕を引っかけて引き、自分は姿勢を落として座り込むことで倒れるのを防ぐ、引き倒して1ダウンを奪った。首輪を引っかけたようです。
 背後を向けたまま旋回しつつ、リングを廻っていくアイン、なんとしかし回りかけたところでコントロールアウト、2-0。オートモ優勢の構え。ちょっと距離を置いたところ、リングの縁に立つとあぶないアイン、しかし徐々に追い詰められていく構え、まあまあまあ、と言う落下に手が入りました。お子さんにぶつかりそうになったのでとっさに、と云う事で、これは反則とは見なされず。攻めきられないうちに、ここで時間修了、カウント差2-0でオートモの勝利となりました。

 このあとは準決勝となります。

ガンダムmkII(まこ) vs MS-06 ザクII(くまま)

 さあリングの上に現れました、ガンダムマーク2と対するのは、二挺鉞ヒートホーク、銀色の暴風雨くままさんのザクです。
 いきなり詰めていったザク、マーク2は胸から何かが取れてしまう、振り上げにかかったザク、マーク2、躱しましたが、これはダウンとなった。おっと、これは危ない、スリップでリング脇ぎりぎりで起き上がりに苦労していたが、しかし復帰した、中央に戻したザク、これはガンダムスリップ、しかし起き上がったところに横凪にされて2ダウン、最後は真正面での睨み合いでの一瞬停止から、胸をホークで無造作なまでに一突き、綺麗な正面攻撃で薙ぎ倒し、これで3ダウン。

 まこさんの新機体に話題は集まりますが、さあ準決勝はもう一試合です。

GAT(くぼ) vs Automo 06(HOLYPONG)

 今度はまたものすごい対決になってきました。哀戦士のあとは翔べ!ガンダム、ガンダム数々あれど、初代ガンダム同士の対決がここで実現です。なんだか見た目的には、ガンダム(オートモ)vs偽ガンダム(GAT)みたいな格好になってますけども。
 両者ビームライフルを持ってのリングインですが、オートモはラストシューティングポーズを繰り出した後ライフルを外し、ガットもすぐにサーベルに持ち替えます。さっきのはなんだったんだ。

 さあ試合開始、両者詰めた、大変だ、最初のガットのサーベルの一発でオートモの頭が跳んだ! サーベルも飛びましたが、オートモの頭はてっぺんを下にリングの際に。会場大受けのまま、ファイト続行、頭を取ったガットが追い詰めていく構え、なんとダウンを奪った。
 分けたところで再開、ガット詰めた、ゼロ距離での叩き合い、ここはオートモ地力でガットが倒れた。これで1-1。
 またも攻撃、ガットががんがん上から叩き付けるパンチ、直したばかりのオートモの頭がまた取れてしまう。大受けしているあいだにガットの攻撃でオートモが後方に倒れてこれで2-1。
 拳をがんがん振り下ろす攻撃を繰り出し、上から圧力をかけ続けるガット。しかし腕が戻るところにあわせ、しゃがんで耐えていたオートモが起き上がりを重ねて頭のない頭突き、これで崩して2-2。
 盾があって立てなくなっている、と井上さんが言っているように、倒れたままの上体で起き上がれないガット。これでガットはテンカウントで復帰できず、これでアウト。オートモ、決勝戦に進みました!

 ペーパークラフトに樹脂を染み込ませた外装作成の技術の話と、マニュアル(中身は名言集)。そしてさらにくぼさんが、腕と頭が取れた本当のラストシューティングポーズを繰り出して修了となりました。くぼさん大咆吼。

 このあとは三位決定戦となります。
 が、くぼさんが頭と腕はずしちゃったせいで、その調整が終わるまで一寸調整となります。

三位決定戦

GAT(くぼ) vs ガンダムmkII(まこ)

 ……あれ、腕外れたままで参加するみたいですね、ガット。またマーク2とは圧倒的なサイズ差です。またひどいバランスですが、これはどうなるんでしょう。
 試合開始、バックするマーク2、大きく揺れたガットですが、これはバランスを取り戻した。ビームサーベルをハリセン的に連打しますが、これは当たらない。その内側に入り込んで足下に攻撃を仕掛けるマーク2、ガットのサーベルが折れた、真ん中あたりで折れ曲がった。そのままばちばち叩きますが、倒せない。
 蹴られたが凌いだマーク2、攻撃を果敢にくりだしますがさすがにこれは倒れない、しかしスリップしたガット。起き上がれるか。起き上がれるのか。なんとか腕がない状態のまま起きあがった、しかし直後に反対側に倒れた、タイムを申請。部品をなんかばらばら落としながらリング脇に回収され、て整備が行われます。マーク2はちょっと目を離した瞬間に、一瞬でバッテリの交換が終えた様子。こんなに小さいのに整備性も良好とは。
 さあ、試合再開。サーベルを手離し無手片腕となったガット、攻撃を仕掛けます、蹴っている、蹴っています。キックを三回、三度目のキックが辺り、吹っ飛んだマーク2。これで1-1。ゼロ距離まで肉薄したところで、キックしたガットがマーク2の逆襲で倒れる、倒れた拍子に頭も背中のサーベルも取れてしまう、震えているところで起き上がれず、これで10カウント。
 マーク2、なんと自身の数倍以上の相手を薙ぎ倒し、みごと3位を獲得しました!

「サイコガンダムと闘ってる時はあんな気持ちだったのかな」と、まこさん。「最後はバラバラにぶっ壊れて、ラストを綺麗に再現できたんじゃないかと思います、とくぼさんでした。

 あ、ここでGPに切り替わるみたいですね。決勝はそのあとみたい。
 GPはきょうは4選手、3戦をやるそうです。

|

« 2009国際ロボット展スペシャルステージ観戦記【サンライズヒーローロボットバトル・一回戦】 | トップページ | 2009国際ロボット展スペシャルステージ観戦記【ROBO-ONE GP FINAL・一回戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/46886745

この記事へのトラックバック一覧です: 2009国際ロボット展スペシャルステージ観戦記【サンライズヒーローロボットバトル・二回戦~準決勝】:

« 2009国際ロボット展スペシャルステージ観戦記【サンライズヒーローロボットバトル・一回戦】 | トップページ | 2009国際ロボット展スペシャルステージ観戦記【ROBO-ONE GP FINAL・一回戦】 »