« 法政大学小金井祭第2回ロボット大会観戦記【Battle 一回戦】 | トップページ | 法政大学小金井祭第2回ロボット大会観戦記【Battle 三回戦~決勝】 »

2009.11.01

法政大学小金井祭第2回ロボット大会観戦記【Battle 二回戦】

 えー、リング上では小雪による、比較的さしさわりのありそうなものをボールとしたサッカーが開催されております。

2009110104
 
 おりました。
 何事もなかったかのように二回戦の開始です。

二回戦第1試合
NO.8 ザウラー(KENTA) vs NO.16 ガルー(くまま)

 中央へ駆け寄っていく、慎重に構えた両者、ガルーが横突きで大きな攻撃を仕掛けた途端、何やら異様な音がしてきます。ガルーの攻撃を打点ぎりぎりの外で躱したザウラー、しかし突きを貰った処でダウンを奪われます。やはり何か変な音がしている。互いに距離を置いたところから、ガルーが勢いをつけて突っ込んでいき、ぶつかってコーナーへ追い詰める、追い詰められてコーナーから突き出され、ザウラーリングアウト。これで 2ー0。ザウラーも反撃を繰り出しますが、のけぞって静止したガルーは攻撃を受け流す、背中合わせの動きからザウラーがスリップ、体がぎりぎり引っかかった状態からの起き上がり…… しかし起き上がりの過程で後ろに体が滑り出てしまう、そこで3-0。ガルーがザウラーを押し切っての勝利となりました。

二回戦第2試合
NO.6 で・か~る(道楽、) vs NO.21 ラッキースター(法政大学電気研究会)

 続いては、もう足は大丈夫でしょうか。でかーるの登場。ラッキースターとはかなりの大型機対決です。ラッキースターの発声でものあと、変形したガルーが突撃。ラッキースター、後方にダウン。ここで起き上がれない、どうなったか。タイムを申請します。でかーるはのけぞったままで待っている。
 やや体を浮かせたでかーる、再開。かがんだまま突っ込んでいくでかーる、のけぞったままで横に突きを繰り出します。ラッキースター、横に突きを出してそのままスリップ。距離を置いたところから、角度を曲げて突っ込んでいく、腕を広げて掴みに出ましたが、これは投げきれない。起き上がった姿勢から、でかーるが折れ曲がる、そのままラッキースターを押していく構えだ、どんどんがんがんと押していく。そのままラッキースターの姿勢を崩して無理やりにダウンを奪う。これで2-0、復帰できるか、でかーる。ラッキースター、横に躱して相手の自爆を誘いますが、でかーる角度を修正しながら追い詰める。そのままラッキースターをリングアウトに押し出し、はみ出た頭はがちーんと。重い音とともに床に激突。これで3ポイント先取、でかーるの勝利となりました。

二回戦第3試合
NO.15 クロムキッド(くぱぱ) vs NO.14 デシュミット(GR2)

 続いてはクロムキッドとデシュミットの対決。
 試合開始、素早く詰め、そしてお互い距離を置く。体を入れ替えるような構えからクロムキッドが斜め上に腕を突き出す、降り出して空中に置いた腕に自らぶつかるように、前進していったデシュミットが引っかかって沈んでダウン、繰り出す攻撃にデシュミットが引っかかりますが、これはスリップ、次もスリップに終わる。
 その次はしかし真正面から捉えた、巨大な手のひらに押されデシュミットがダウン、最後はクロムキッドに突っ込んでいったデシュミット、押し戻されて轟沈し、3-0。一気に押し切ったクロムキッド、準決勝へと進みます。

二回戦第4試合
NO.9 マンボー(東京理科大学ロボットクリエーターズ) vs NO.20 ドリラー(法政大学電気研究会)

 どーどどどどーどどっどー…… と多少どもり気味の紹介のあと、両者呼び込みでマンボーとドリラーが登場です。重量差でドリラーのみスリップありとなりますこの試合。
 両者引き気味のポジションから開始。横に構えたドリラー、素早い動きで相手の陣地に攻めていく。腕先を使ってマンボーが両手突き、さらにワンツーから足に組み付き、前向きに崩してダウンを奪う、これで1-0。両者距離を置いての睨みあい、マンボーの攻撃レンジの外をわずかに逃れていくドリラー、攻撃のチャンスを狙う。頭をマンボーに引っかけるが、そこで技が途切れてしまう。逆にマンボーが投げを決めに行き、これで2ダウン。
 最後はマンボー、ドリラーに近づいた処を組み付き、これで3-0。丁寧な攻めでダウンを立て続けに奪い、マンボーストレートで勝利となります。

二回戦第5試合
NO.19 ローリングピラニ(法政大学電気研究会) vs NO.17 ギンかじろう(なべ☆けん)

 続いてはピラニとかじろうの対決。同門他流の対決再びです。ずいぶん身長差のある両者ですが、その場でくるりと回ったかじろうに対し攻めていく、リング中央でパンチがぶつかりあい、弾き返されたのはかじろう、スピンしながら倒れてダウンを奪われる、今度はリング中央での殴り合い、ピラニが吹き飛ばされる。激しい打ち合いの後、ピラニがダウン。背後を取ったピラニ、攻めていきますがリングギリギリでかじろうが踏みとどまる、再開直後、かじろうがピラニからダウンを奪い、これで3-1。美しいパンチでの反撃もありましたが惜しくもピラニ敗れ、ギンかじろうが三回戦に進みました。

 ここで再びの休憩。このあとは三回戦を二試合と、準決勝、決勝となります。

|

« 法政大学小金井祭第2回ロボット大会観戦記【Battle 一回戦】 | トップページ | 法政大学小金井祭第2回ロボット大会観戦記【Battle 三回戦~決勝】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/46647209

この記事へのトラックバック一覧です: 法政大学小金井祭第2回ロボット大会観戦記【Battle 二回戦】:

« 法政大学小金井祭第2回ロボット大会観戦記【Battle 一回戦】 | トップページ | 法政大学小金井祭第2回ロボット大会観戦記【Battle 三回戦~決勝】 »