« 第2回ロボット大会in早稲田【一回戦】 | トップページ | 第2回ロボット大会in早稲田【二回戦(続き)~決勝】 »

2009.11.08

第2回ロボット大会in早稲田【二回戦~敗者復活戦】

 午後からは二回戦、12機による六試合が行われますよ。
 12時45分からの開始となりますー。

二回戦第1試合
NO.9 デシュミット vs NO.19 で・か~る

 二回戦最初の試合は、デシュミットとで・か~るの対決から。
で・か~るはいきなり変形しての構え。さあ、試合開始です。まずは変形したまま詰め寄り、腕を振り上げるでかーる、デシュミットはしゃがんだ状態で構え、腕を地面すれすれに突き出しますが、これは両者スリップ。
 復帰からさらに詰め寄るでかーる、押していく。リングアウトを誘う構え、ぶつかったまま押し切ってデシュミットがダウン。起き上がって再開、1-0。でかーる、胴体を反対側にめくり直し、逆側に折れ曲がった状態で押し続けます、デシュミットは躱して起き上がりを待つ構え、しかし起き上がりに巻き込まれて倒れた、デシュミットはしゃがんだ体勢でパンチを連打し、崩しに入る。
 でかーるはしゃがんだ姿勢のまま、ガードを固めての両者の戦いが繰り広げられます。ちょっと距離を開いたデシュミット、詰め寄ったでかーるを転がし、これで1-1。
 変形したまま押し寄せる横からパンチを繰り出し崩す、デシュミット倒れた、これで2-1。リングアウトぎりぎりから復帰、でかーる距離を置いて離れた、最後は詰め寄ってデシュミットと攻撃の腕が絡まり、デシュミットがダウン。
 これで3-1、でかーるが勝利となりました。

二回戦第2試合
NO.7 小雪 vs NO.23 シャフトグラム

 さあ注目のシャフトグラム、二回戦では小雪との対決となります。
 機敏に方向転換するグラム、背中のしっぽがぴんぴんしています。横を向き、背中を向ける形に構えを変えたグラム、詰め寄った小雪に突きを放ってダウンを奪う、二回目は伸ばした腕に小雪がぶつかっていき、これはスリップ。
 両者スリップから、寄ってくる小雪の胸板に正面突きを重ね、シャフトグラムがダウンを奪う。最後は小雪が棒立ちになったところに肩口から崩すようにグラムの一撃、連打からのスピード決着で3-0、シャフトグラムの勝利となりました。

二回戦第3試合
NO.4 BLACK TIGER NEO vs NO.10 吾輩はロボである、名前はもう無い

 あれ? 一試合飛んだみたいですね。
 次の試合が行われます。

二回戦第4試合
NO.5 ナツミカン vs NO.11 ガルー

 というわけで、この対決が先に行われるみたいですね。ガルーは相変わらず快調な動き。ナツミカンも両手を振ってご挨拶です。
 試合開始、まずは一礼のガルー、慎重に横に構えた、接近してきたナツミカンを、いきなり腕を開きながらのめくる一撃でひっくり返す、0-1。ナツミカン、どうした。起き上がれるか。ころんと起き上がった。大丈夫です。
 再開、ガルー横歩きで接近していき距離を測る、ナツミカン、スリップ。起き上が…… あっと、ここでタイムを申請。0-2、二人がかりで一生懸命調整に入ります。ガルーはちょっと下がりつつ待機。
 距離を置いての慎重な攻めガルー、しかしナツミカンのスリップが早い。ガルーの攻撃が空転してしまう。なんとか手動で起き上がって再開、詰め寄ったガルー、真横へのパンチはこれは空転。位置を取りに行く、狙いが決まった、しかし当たった一撃は、これはスリップ。2-0。再開、残りは2分15秒。一撃はちょっと浅かった、抜けたところから戻り、もう一撃が当たったか、かすったか、これが有効と見なされて0-3、ナツミカン敗れてガルーの勝利となりました。

 おや、ここでアナウンス。敗者復活戦が急遽行われる事になったとのこと。一回戦で敗退した選手が呼び集められています。
 それにしても、ブラックタイガーの試合は一体どうなったんでしょう。

二回戦第5試合
NO.2 コア・グレイ・サンダー vs NO.8 ファントムII

 なんともかっこいいビジュアルのリング上、ヒロイックな外見のロボット同士の対決、グレイサンダーとファントムが激突です。先程は不戦勝状態だったグレイサンダー、ここで実力発揮といきますでしょうか。
 まず詰めていくグレイサンダー、ファントムも距離を詰めた、しゃがんで防御の構えのファントムに、両腕を上体ごと振り回すような攻撃のサンダー。両腕を同時にぶんぶん振り回す。両機ともちょっと安定性が難しいか、攻撃のあとバランスを崩してしまう。
 兎跳びのような動きで、姿勢全体を揺すりながら方向転換し前進するサンダー、安定して詰めていく。両腕をぶんぶん振り回す攻撃は上手く入らないか、直進同士でぶつかりあい、体当たりでサンダーがダウンを奪う。
 両者、腕を絡めての攻撃は絡まって両機が倒れる、これはスリップ。一瞬時間を止めて分けます。
 再開、直後にファントムが横突きを真正面から決めてダウン、これで1-1。正面突きを躱すファントムに対し、勢い余ってスリップするサンダー、背後を取ったファントム、サンダーの肩を突き崩して、これで2-1。
 ファントムは背後を取りに行く構え。背後を見せてしまったファントム、しかし詰め寄ったグレイサンダーに真横を向ける、サンダーの胸板に腕の長いところで一気に押し切りダウンを奪う、これで3-1。ファントムがサンダーを制し、三回戦へ進出しましt。

二回戦第6試合
NO.12 クロムキッド vs NO.3 ドルカス

 二回戦最後の試合は、クロムキッドとドルカスの対決。さきほど非常にいい動きをしていたドルカスですが、かなりのサイズ差があります。どうなりますでしょう。
 機敏に詰めたクロムキッドに対しドルカスも位置を取りに行く、両者同時に前突き、クロムキッドがスリップから素早い復帰、ドルカスの攻撃の腕が伸びきった処に、クロムが一拍遅れてカウンターを当てる、これで崩して1-0。
 再開、攻撃位置を取りに行くクロムキッド、なんと脚を上げかけたところに腕を突っ込んで掻き回し、持ち上げられたドルカスが頭から落ちる、これで2-0。
 素早く動き回り攪乱するドルカス、リングサイドぎりぎりで粘る、隙を見ての一撃はクロムに突き刺さりますが、重心を突き崩すまでには至らない。ポジションを取りに行くドルカス、クロムキッドも追いかける、加速がつけばクロムキッドの移動速度も負けてはいない。
 攻撃の瞬間浮き駆けますが、姿勢を落としたクロムキッドが重心を戻して凌ぐ。リング脇ぎりぎりは危ない。素早い動くで有利な位置を狙う、真横への突きはスリップ、なかなか攻撃範囲に捉えさせない、歩くのが速いドルカス。
 しかし攻撃の隙は狙われる、腕先を伸ばして戻りにかかるところにクロムキッドの一撃が入り、これで3-0。
 両者素早く体を入れ替えるスピード勝負でしたが、攻撃のパワーと正確さを見せたクロムキッド、ドルカスを制して勝利を収めました。

 ここで急遽、行われます敗者復活戦。
 4機によるトーナメントが行われますよ。みたいですよ。

敗者復活戦
一回戦第1試合
NO.18 サイコログレート vs NO.13 バルバロ

 敗者復活戦は4機でのトーナメント。最初のカードはこの対決です。
 横歩きでにじり寄るバルバロ、一方のサイコログレートも横突きを繰り出します。やや後ろに構えてしゃがんで構える、グレートはで・かーるばりの仰け反り防御、背中を向けた、あっと攻めていたバルバロがタイムを申請、1-0。今変な音がしていたのに関係あるんでしょうか。
 試合再開、再びひょこひょこ接近するバルバロに対し、腕先を小刻みに繰り出すパンチを繰り返すサイコログレート、あっとスリップ。起き上がって復帰。正面ンを取った、バルバロがすっとしゃがみ、放った一撃がグレートを倒す、1-1。
 どうにもしかし、やはりへんな音がしている。横向きに転がったグレート、2-1。あれ、バルバロ、ここで二回目のタイム。どうなってしまったのか。これで2-2。
 へにゃっと潰れた状態で、スイッチを入れ直したかどうなりますか。グレートは構えのまま待っています。あ、脚がおかしいですね。なんか操縦者の人が力で伸ばした。ここで再開です。
 近寄るバルバロ、サイコログレートはマトリックス回避、パンチを耐え凌ぐ、しかし攻撃は間合いがやや遠いか。しかしバルバロが動かない、いや動けない。沈黙だ。あっと、ここで危険だ。バルバロが動けなくなったため、これでダウン。
 3-2、サイコログレートが敗者復活決勝に駒を進めました。

敗者復活戦
一回戦第2試合
NO.24 デュミナス vs NO.6 竜鬼Ⅱ

 さあ、今度は豪華な敗者復活戦。竜鬼Ⅱとデュミナスの対決です。「りゅうきつーまいります」 おお、こんな台詞まで入っているとは。
 横向きに接近した両者、ちょっと足裏が浮いているのが不安ですが竜鬼Ⅱがパンチ連打、デュミナスも打ちに行くものの、これはスリップ。姿勢を落として腰の入った横突きですが、まだ有効にはならない。睨み合いから徐々に詰めていく竜鬼Ⅱ、立ち位置を変えていくデュミナス。睨み合う構えから両者詰めた、後ろを取ったデュミナス、竜鬼Ⅱの攻撃を凌ぎながら脇へ構える、デュミナス両腕伸ばし掴みに行った、これは取り切れないか、途中で取り落としてしまうもののダウンとして認定。これで1-0。
 分けて再開です。横向きに構えて両者慎重に接近、やや離れたファントム、背後のデュミナスを掴みに行った、密着した、今度は背後に。掴みに腕を出したのは竜鬼Ⅱ、真後ろの相手を投げにかかります。お互いを正面にとった両者、互いに投げ技を繰り出す、今度はデュミナスの投げが綺麗に決まった、脚を掴んで一気にジャンプするように横に投げ、くるりと回転して側面から竜鬼Ⅱが落ちる、これで2-0。
 試合は竜鬼Ⅱサイドでの打ち合い、バックした竜鬼Ⅱ、コイズミさんから危ないの声が。パンチの連打を凌ぎ合う、デュミナスが外していった、後方に離れたところからもう一発投げにいく、今度は綺麗に決まった、肩越しにブン投げたデュミナス、竜鬼Ⅱを頭からリングに投げ落とし、これで3-0。デュミナスが敗者復活に名乗りを上げます。

 このあとは敗者復活の決勝戦なんですが、デュミナスが調整中。ということで、サイコログレートの東京理科大チームから、「サイコログレートはいかにしてサイコロに変形できなくなったか」と言う由来が説明されております。
 投票用紙の上にこっそり置いてあるサイコロ(1号)が変形成分だそうです。そんなことをしているうちに、デュミナスの調整も修了。ここでリングに登場です。

敗者復活戦
決勝
NO.18 サイコログレート vs NO.24 デュミナス

 さあ、最後の状況開始。にじりよるサイコロ1号に対し、慎重に詰めていくデュミナス。
 接敵の直後に転んでしまうグレート、大丈夫でしょうか。起き上がれるか。調整のためにタイムに…… いや、入りません。はねるような起き上がりで試合に復帰。位置を取りに行く、距離を置いて周りを回っていくデュミナス、グレートもパンチを繰り出すがデュミナスにぶつかって自分が倒れてしまう、がりがりがりと異様な音が響きます。
 真横からのパンチを凌いだグレート、もう一回仕掛けに行くが、かわしに行くグレートを掴めない。しかしもう一度、腕先か胴体かどこかに両腕を絡めた、防御の姿勢の上から無理やりに投げに行ったデュミナス。グレートが飛んだ、宙を舞った。頭から投げつけられたグレート、ダウンを失います。これで1-0。
 復帰して試合再開…… いや、グレートがタイムを申請。2-0、パーツを取りにバックヤードに入ります。テープで応急手当を行う構えみたいですね。「こんなに強いのになんでさっき負けたんでしょう」とデュミナスが突っ込まれています。
 さあ、復帰。試合再開ですが、状況は追い込まれている。グレート、横向きに構えた。一気に詰めに行ったデュミナス、バランスを崩してしまうグレート。なにか外れてしまったのか。特別に調整タイムを認めて貰い、足首をちょっといじります。再開、後ろを向いた構えから横突きを繰り出すグレート、デュミナスは投げにかかります…… が、空転した攻撃をダウンと見なされて、1ダウンを奪い返す。最後は再開直後、足下に突きを繰り込んだデュミナス、これで3-1。
 粘りの戦いを見せたグレートでしたが、ここで敗退。

 デュミナスが敗者復活の代表として、本戦に復帰することになりました!
 このあとは休憩のあと、本戦の続きとなりますよ。

|

« 第2回ロボット大会in早稲田【一回戦】 | トップページ | 第2回ロボット大会in早稲田【二回戦(続き)~決勝】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/46709410

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回ロボット大会in早稲田【二回戦~敗者復活戦】:

« 第2回ロボット大会in早稲田【一回戦】 | トップページ | 第2回ロボット大会in早稲田【二回戦(続き)~決勝】 »