« ニソコンmini観戦記【入場編】 | トップページ | ニソコンmini観戦記【ロボマッチ】 »

2009.11.23

ニソコンmini観戦記【ビーチフラッグ】

 さてニソコンmini、最初の競技はビーチフラッグとなります。
 リングの両端から、頭をリングの外に向けて、うつぶせの状態からスタート。リングのカドから張られたロープをぐるりと回り込み、リング中央にあるフラッグ、回転台に、より早く触れた方が勝利となる、と言うルールです。このビーチフラッグ、立ち上がりと加速、スプリントと安定性が問われる競技となりそうです。

 早いほうが勝ちなのですが、この競技はタイムも記録され、このタイムによって第二競技以降の組み合わせが決定する事になります。

第1試合
サイコログレート (超二足) vs 暁丸 (WAO)

 最初の試合は、オレンジの暁丸と、相変わらずサイコロのついていないサイコログレートとの対戦からスタートです。
 両者うつぶせで待機、開始。まず起き上がったのはグレート、方向を変えた暁丸も横歩きで歩き出した。グレートがコースを修正している間に暁丸もほぼ同じ位置まで詰める。やや旋回してしまう暁丸ですが、コンパスの広さで一歩リード。グレートも障害物に引っかかってしまいますが、なんとか抜けた。暁丸の方が早かった。最後は投げのかかりでぶつかってタッチ。グレートも突きを二度三度外しましたがやや遅れてタッチ。
 まず第一競技は暁丸の勝利となります。

第2試合
デンダイン (マスクの人) vs デュミナス (ビスコ)

 続いては第二試合、デンダインはTDUのマークが腕についています。東京電気大のマシン、とここでようやく理解。デュミナスは一昨日の軽快なダッシュを期待したいところです。
 先に起き上がったのはデンダイン、小型を生かして早く飛び出した、デュミナスも素早く阿智アガって、ロープに突っ込みつつもターンが早い。ライン取りが上手かったデュミナスが横歩きで突っ込んで、投げのポーズでしっかりホールド。一方のデンダインはコーナーからの落下のピンチで手間取りますが、なんとか復帰。走り出すと速い動きでポストに突っ込みクリアとなりました。自力で自分のほうのポストに戻ります。
 快速対決、デュミナスの勝利となります。

第3試合
で・か~る (道楽、) vs ファントム (ブラック)

 走るだけで笑いが巻き起こるでかーるの登場。ファントムも良好な機動性を出します。でかーるが暴走するかどうかが注目点でしょうか。
 さあ開始。まず起き上がったのはファントム、でかーるも遅れて立ち上がった、折れ曲がって走り出したが転倒してしまう。ファントムもほぼ同時に横に転がった。ぐるりとコーナーを巧みに回り込んだファントム、孤を描いた動きで綺麗なゴール。しかしその頃、でかーるはロープに突っ込んで絡まってしまい、ロープを固定していたポストをひっぺがしてひっくり返ってしまう。係の人まで出ておおわらわで分けた後再スタート、でかーる突っ込んでゴールとなりました。帰る時もまたロープに絡まってしまうでかーる。ともあれ、この勝負はファントムの勝利となります。

第4試合
サアガ (イガア) vs 竜鬼II (AZM LAB)

 さて、真打ち登場最後はサアガ。竜鬼Ⅱとの対決です。
 スタート、「ころんでしまいました」のコメントからスタートの竜鬼Ⅱ、サアガがその間にすでにコーナーまで辿り着いている、勢い余らせ突っ込むような動きで一気呵成に突進し、突っ込んでコーナーに突っ込んだ。一方転んでしまった竜鬼Ⅱ、どこかスイッチが切れてしまったのか沈黙してしまっていました。補助が入ってなんとか復活。立ち上がってコーナーを回り、横歩きで前まで回り込んで、腕をアナログでコントロールしてちょっと迷った後タッチ。
 タイムが気になるサアガの勝利、時間は二位に二倍近い差をつけての14.5秒でした。

 さて、これで第一競技は終了。
 このあとリングの改装と対戦組みが行われ、第二競技に入る事になります。第二競技は11時から。

|

« ニソコンmini観戦記【入場編】 | トップページ | ニソコンmini観戦記【ロボマッチ】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/46839744

この記事へのトラックバック一覧です: ニソコンmini観戦記【ビーチフラッグ】:

« ニソコンmini観戦記【入場編】 | トップページ | ニソコンmini観戦記【ロボマッチ】 »