« チキチキロボマッチミニ!2回目♪観戦記【5m走】 | トップページ | チキチキロボマッチミニ!2回目♪観戦記【物運び競争】 »

2010.01.16

チキチキロボマッチミニ!2回目♪観戦記【ジムカーナ】

 さて、続いては第二競技ジムカーナ。
 リング上では皆さん、調整だかスパーリング一歩手前だか判らない状況になっています。とにかく隙あれば投げようとするイガアさん。ネジが抜けるツノックス。窓の外はさっきから非常サイレンが鳴り響いています。11時から競技再開、あと1分です。

 続いての競技、ジムカーナ。問われるのはスピードと操縦の正確性です。三つのポールの周りを、規定のコース通りにスラロームで前進。三週を歩行で廻ったタイムを競う事になります。

No.1 ソウガ (イガア)

 さあ、まず登場はソウガから。「前回とそんなに変わっていないので」「楽勝ってことですね」「前回よりは良くしたいです」とのこと。
 さあスタート。順調に運び出したソウガ、やや大きめなコース取りで廻っていきます。少し脚が空廻っているような嫌いがあるような気もしますが、とんでもない順調さでまず一週。約30秒のラップで二週目へ、ちょっと段差に引っかかりましたが二つ目のポールをくるりと廻る。そして三つめのコーナーも廻ってあっと言う間に三週目、安定したスピードで三週目もすでに中盤を過ぎた、さっきからなにかおかしい気がするのは、ちょっと脚同士が干渉してしまっているんでしょうか。1分31秒84、最後はガッツポーズで決めてのゴールでした。

No.5 震雷(しんらい) (ユウ・ヒロヒト)

 さあ、前回の遅刻をかっこいいコメントでのカバーを試みていたうっちーさん。「なにも言うことはない」と投げっぱなし状態です。リング上にケーブルを引き回してのセットアップ、さあセッティング修了です。まず大股に歩み出した震雷、ちょっと廻りすぎましたが、大股で安定した歩行で進んでいきます。「コース間違えたら駄目だよ」と言われつつ、あっと、ここで転倒。ここまでは順調でしたが。「短い腕でも起き上がれるところを見せようと」と言うコメントですが、実際には腕を短くして重量を調整したそうです。ここで一週。
 まっすぐポールに突っ込んでしまいましたが横歩きで回り込む、やや廻りすぎてしまって中央で転倒してしまう、コースに復帰して、あー、行きすぎてコーナーのロープに干渉してしまった。ちょっと突っ込みすぎた、「名前だけはえっらい強そうなんですけど」と名前に突っ込みがねじ込まれています震雷。三週目に入りました、ああ、名前の話題で大受けをしているあいだにちょっとコースを逸れてしまった、ロープにまっすぐ突っ込んでしまった震雷、横歩きと旋回を繰り出してコースへ復帰を試みる、正面を向いて歩行、これでゴール。タイムは4分24秒25でした。

No.10 虎次朗G(こじろう) (軍曹さ~ん)

 続いての登場はちくわさ…… あれ? 虎次朗Gの登場です。さきほどの練習ではかなり順調なパフォーマンスを見せていました、「この種目に賭けてます」と軍曹さ~ん、「あとは操縦者の腕次第」と、これは楽しみです。
 小刻みな歩行で歩き始めた、驚きのスピードで、曲線を描きながらの前進であっと言う間に最終コーナー、立ち止まらず旋回して20秒のラップで二周目へ、早い早い、スピードが全く弛みません、そのままのスピードでシームレスに最終コーナーから最終ラップ、ここでそのまま1分切りそうな勢い、全く止まらない、早い、ここで1分、惜しくも1分は切れなかったものの、最後はがくっと転倒する綺麗なゴール、1分04秒92! 素晴らしいタイムが出ました、G-ROBOのスペックを存分に発揮した操縦で、ソウガを上回るスピードで突破を果たしました!
「次も頑張って下さい」「……次は駄目なんです」だそうです。

No.7 梅小鉢 (c4crono)

「次は大変だと思いますが」「何が大変なんでしょうか」と受け流すちくわさん。梅小鉢ではなく操縦する、というか、いろいろな意味で人間の問題とのこと。さあ競技開始です。
 足踏みからスタートし、こちらは非常に慎重な動きでのコース取り、立ち止まって位置を取り、ライン取りをちょっと大きめに…… おや、どうしたんでしょう、片足が折れ曲がってしゃがんでしまい、そのまま真横にフライング。おや、と言う声が飛びますが、どうやら無事に復帰。そのあとは綺麗な動きで前進しますが、旋回にとりかかったところで足首にちょっと弱さが出たのか、転んで転がってしまう、まだ第二コーナーは廻っていないので、戻って旋回していかないといけません。
 進んでコーナーの向こうへ、スラロームではなく立ち止まって角度を修正する、と言う路線で進んでいきます。最終コーナーを回って、ここで一週通過。ラップタイムは3分、またしゃがみこんだ状態から跳ねて横に跳んでしまう、さっきと同じ症状から通信の不調か、起き上がって歩き出した。バランスを崩しかけたところで、操縦でカバーして踏みとどまる小鉢。転んだ方向をうまく生かして前進しました。慎重なコースの調整から最終ストレートを前進して最後のコーナー、ここで最終ラップに入りました。また1つめのポールにかかったところで転倒してしまう、大丈夫でしょうか?
 コーナーを回って角度を戻し、前進中にまたちょっと転んでしまう、転んで側転して頭のあたりで踏みとどまる感じの大きな転倒、さきほどから続いています。第二コーナーに取りかかって、角度を修正して足踏みから前進、そろそろバッテリが心配になってきましたが大丈夫でしょうか。やや左に曲がりつつも、最後の直線を進みきって最終コーナーに、あとちょっと、あと2歩のところをゴール! ここで完走となりました。時間は8分37秒81でした。

No.6 Emilio (電気通信大学ロボメカ工房チームエミリオ)

 さあ、続いてはEmilio。かなり大きく震動しています。さあ開始、大きく上体を震動させながらEmilioが前進、最初のコーナーをちょっと廻りすぎましたか、右に角度がぶれてしまう。ちょっと直線の前進で苦心しているみたいですね。最初のポールに引っかかってしまった、しかしポールの周りを引っかける、いやかすめるように横切って、第二コーナーへ。やっぱりちょっと脚が滑ってしまっているんでしょうか、最終の直線に入りました、ちょっと内側を廻りすぎたか、しかし横歩きでコースを修正して二周目に突入。内線ぎりぎりをポールをかすめる、時に引っかかるようにして通過していきます。ちょっと廻りすぎてロープの脇をかすめつつ、二周目最終コーナーは綺麗に角度を変えて、ちょっと内側に入りすぎたか、横歩きで角度を調整して二周目を修了。
 最終ラップへ、第二コーナーへ入り、ポールの前を胸をかすめるようにして最後の直線に。最後のコーナーは着実に廻って、ここでゴール。6分22秒87でした。

No.2 Black Rabbit (クボ)

 続いての登場はブラックラビット。太鼓を叩いていたくぼさんが慌ててコントローラを取りに行きます。ブラックラビットは非常に順調に歩いているのですが、くぼさんは「あ!」と声が。モーション間違えた、と言うくぼさんですが、ブラックラビットは非常な順調さで二周目に入っています。そしてポールに引っかかっても素早く修正し、三周目に突入。なにやら納得がいかないような調子のままですが、あっと言う間に最終ラップの最終ストレート、ここでゴール! ずっと首をかしげたままのくぼさんですが、なんとタイムはソウガを抜いた1分28秒40! 本来のモーションではどんなタイムだったんでしょう……。

No.3 ツノックス (KENTA)

 続いて登場は、ジムカーナ初挑戦のKENTAさんのツノックス。まずは慎重に角度を調整し、大きく脚を踏み出して前進し最初のコーナーへ。立ち止まって角度を変えるスタイルで大きく周り、第一コーナーを超えて第二コーナーへ。ジャンプ旋回とかが入っていればもっと早くなる、と言う声ですが、KENTAさんは「ないです!」と言う声。完成したばかりですからね。ロボット然としたデザインと動きに評判が集まります。「こういうたぐいに萌えます」と言う声が。ここで一周目。
 危なげのない動きで二周目第一コーナーを超え、第二コーナーへ。足首を使っての横歩きで位置を調整してストレートへ、最後のコーナーも着実に廻って、最終周回に入ります。3分50秒、ここまでのタイム。
 ラスト周回、第二コーナーで腕がひっかかりかけますが、小刻みな横歩きで位置調整を取りながら正面、最終ストレートへ。やや斜めに横切るようにストレートを突破、そのまま最終コーナーも綺麗に着実に周っての、5分37秒59のタイムでした。

No.9 イカです・ウィング (イカロス)

 最後の選手はウィング。「今回は足の裏が小さくなってしまいました」「だって小さい方がかっこいいじゃないですか」とイカロスさん。さて競技開始です。
 まず横歩きで飛び出し、ややコースを外れ気味になりながらも第一コーナーへ、大きく廻って、廻りすぎた、正面からポールに、「どっちだ、こっちだ」と位置を取って突っ込みます。プロポが苦手なのでは、と突っ込まれるイカロスさん。しかしその間に直線を声、最終コーナーも危なげなく廻って一週。角度的にはそのまま二週目に入れるところだったのですが、惜しい、やや廻りすぎてしまったか。直線は非常に早い、絞り旋回で廻って第一コーナーを越え、そのまま二つめのコーナーも綺麗に越えて直線に入る、やや曲がってポールに向いた、横歩きで位置を直してぐるりと周り、二週目クリア。今度は早かった、三週目はややコースアウトしつつも第一コーナーまで戻り、止まらないでそのまま前進した、あ、止まった。第二コーナーからくるりと廻って直線にかかった、横歩きで位置を直し、最終コーナーを回りきれるか、直線廻りきってゴール、タイムは2分48秒70! 前回記録を更新してのゴールでした。

 このあとは最終競技、物運び競争となります。

|

« チキチキロボマッチミニ!2回目♪観戦記【5m走】 | トップページ | チキチキロボマッチミニ!2回目♪観戦記【物運び競争】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/47309842

この記事へのトラックバック一覧です: チキチキロボマッチミニ!2回目♪観戦記【ジムカーナ】:

« チキチキロボマッチミニ!2回目♪観戦記【5m走】 | トップページ | チキチキロボマッチミニ!2回目♪観戦記【物運び競争】 »