« 出版不況、電子書籍とipad(☆) | トップページ | ユビキタスるは我にあり(予告編)(☆) »

2010.01.30

アーカム・アサイラム、35%(☆)

 ナイトグライダー(高いところから100m滑空する)達成!

 脇目もふらず本編に邁進してきたわけですが、ここらで脇道もちょっと覗いてみたらえらく面白かった、と言う話。

 ひとつはリドラーチャレンジ。リドラーはバットマンの強敵のひとり、謎かけを繰り出して捜査を混乱させるのが何より楽しみと言う、知能犯にして真の愉快犯です。そのリドラーが一体どうやったのか、アーカム中にばらまいた謎のトリガーを回収して回るのがリドラーチャレンジ。
 この手のフィールドゲームの定番の、隠されたアイテムを捜して回る、と言うのももちろんありますが、他に「リドル」があるのが面白いところ。リドラーが繰り出してくる問題を考え、その答えとなる物体をスキャンすることで答え合わせをする、と言う寸法です。
 リドルを解いても、いちいち通信で「今のは簡単だったろう?」「やっとわかったのか」「もっと早く見つかるかと思っていたんだがそうでもなかったな」と、こまごまイヤミを言ってくるのがなんとも憎ったらしい。彼の出してくるリドルは原作の有名キャラにちなんだものが多く、それらを解くと原作キャラの紹介がアンロックされてデータが見られる、と言う寸法。救済措置でどこにリドルがあるのかの地図がフィールド上にあるので、それを見つけると捜索はぐっと楽に&楽しくなります。
 そうそう、これらには実益もあります。ロックされたキャラクターデータやチャレンジモードなどがアンロックされたり、病院の創設者アマデウス・アーカムの遺した言葉を聞けるようになったり。もっと直接的なところでは、パワーアップに必要なポイントが集まったりもします。

 もうひとつは、ちょっとだけかじってみたチャレンジモード。作中に登場した場面を再現してタイムアタックをする、と言うようなものなのですが、もともとのモードでは銃を持った敵が3人、と言う場面で、いきなり全員武装してて8人、とか言われて涙目に。もちろん初回チャレンジは討ち死にでしたが何か。
 こっちもぼちぼち勧めたいと思います。

 ところで、ハーレイの胸元に実に冷静に手ェ突っ込むバットマンはさすがだと思いました。
 ハーレイとポイズン・アイビーの縁が腐れてるっぽい会話といい、この二人が出てくる場面はさすがにポール・ディニ節ですねー。ゆかいゆかい。

|

« 出版不況、電子書籍とipad(☆) | トップページ | ユビキタスるは我にあり(予告編)(☆) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

非常に面白そうですね。基本的にバットマンは孤立無援なんですか?

投稿: じゅんた | 2010.01.31 01:27

>じゅんたさん

 いやはや、これ面白いですよー。
 で、基本的にバッツは孤立無援です。ロビンもナイトウィングも出てきません。オラクルは出てきてバックアップしてくれますが、なにしろオラクルなので出てきません(笑)。 通信の相手、と言うだけです。

 なので、プレイ感覚はまさにMSGみたいな感じで、孤立無援系です。でもそこがバットマンとうまくはまってるんですよねー。さすがでありまする。

投稿: sn@散財 | 2010.01.31 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/47435230

この記事へのトラックバック一覧です: アーカム・アサイラム、35%(☆):

« 出版不況、電子書籍とipad(☆) | トップページ | ユビキタスるは我にあり(予告編)(☆) »