« 雑想・ネタながるるはてに。(☆) | トップページ | 魁!!BLACKEST NIGHT 冥鳳島十二陣編(#8) »

2010.02.08

魁!!BLACKEST NIGHT 冥鳳島十二陣編(#7)

 かつて天挑五輪大武會の開催に際し、ハデスは藤堂兵衛と取引をしていた。
 生者の国は藤堂に、死者の国はハデスに--。
 ゼウスの実の弟・ハデスは、貧弱な己を恥じ、かつてドクター・エーベルシュタインに師事して天才的な医学薬学を極めていた。長じた彼は支配地・冥鳳島を大武會の会場として提供する代わり、死せる戦士の亡骸を、おのが忠実な兵士とすべく回収・改造していたのだ。

 ファラオからの情報を元に、中央アフリカに急行した白鳳と蒼傑とが、クリムゾン宮殿でエーベルシュタインの研究を手に入れる。そのデータを元に、朱鴻元が長老達と共に、ガンダーラ本拠に籠もり秘術の準備を進める。
 着々と反撃の準備の整う中。しかし率いるファラオ・スフィンクスも全滅を遂げ、すでに身一つで十六闘神に囲まれたファラオは、最後の力を振り絞り、桃へと交信を飛ばすのだった。

「いま男塾にいる大豪院邪鬼は、真の邪鬼にあらず--!」(#7)

|

« 雑想・ネタながるるはてに。(☆) | トップページ | 魁!!BLACKEST NIGHT 冥鳳島十二陣編(#8) »

冗談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/47462763

この記事へのトラックバック一覧です: 魁!!BLACKEST NIGHT 冥鳳島十二陣編(#7):

« 雑想・ネタながるるはてに。(☆) | トップページ | 魁!!BLACKEST NIGHT 冥鳳島十二陣編(#8) »