« 散歩ログ淡々編。(☆) | トップページ | 魁!!BLACKEST NIGHT 冥鳳島十二陣編(#6) »

2010.02.07

【かんたん感想文】エンバーミング(☆☆☆)

 和月先生の漫画は単行本のセルフ解説がいつもながら興味深く面白いです。

 屈折バトルものと言うべきか、誰かしら何かしらの狂気とかやりすぎを抱えつつ進み、正気の登場人物は死ぬか、真相を知らぬまま退場していくようなそんな物語。
 死体蘇生やエンバーミングと言う言葉から想像する、血の臭気みたいな感覚よりも、どちらかと言うとドライなメインストーリーと、人情話のサブストーリーを絡めて進んでるみたいな感じですね-。
 登場人物が多いので話の手綱が難しそうなのと、かなりの長期ストーリーになりそうな感じ。先行きがどのくらい長いか解りませんが、じっくりと続いてほしいものだと思います。

|

« 散歩ログ淡々編。(☆) | トップページ | 魁!!BLACKEST NIGHT 冥鳳島十二陣編(#6) »

読書感想文」カテゴリの記事

コメント

とりあえずまだ連載は続いているので一安心ですよ?(笑)

ワタシはクレイモアと紅とエンバーミングのためにJSQを立ち読みしてる程度ですが(ぇー

流れでウルティモも一応読んでますね

投稿: rainplug | 2010.02.07 21:44

 月刊誌なので、話の進み方と言う点でも気になりますよね(笑)>大河っぽいもの
 フランケンシュタインというよりも、武装錬金の人型ホムンクルス同士の戦いっぽい感じもしますが、それもよしだと思います。

 読んでる最中、ちょっと「デッドマンウォーキング」っぽいかも、と思っていたんですが、帰ってきてルールブック読んだらぜんぜん違ってましたね。一安心です(笑)。

投稿: sn@散財 | 2010.02.08 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/47505676

この記事へのトラックバック一覧です: 【かんたん感想文】エンバーミング(☆☆☆):

« 散歩ログ淡々編。(☆) | トップページ | 魁!!BLACKEST NIGHT 冥鳳島十二陣編(#6) »