« 第二回チキチキロボマッチ観戦記【一日目・結果】 | トップページ | 第二回チキチキロボマッチ観戦記【二日目・2/4】 »

2010.03.07

第二回チキチキロボマッチ観戦記【二日目・1/4】

 小雨模様の三月七日、板橋赤羽中山道。
 ろぼとまさんにて本日は、チキチキロボマッチの二日目が行われます。

 すでに昨日、ブラックさんのファントムが59秒29と言うベストタイムを叩き出した状況で、迎えました本日の二日目。GR2さんのデシュミット、軍曹さんの虎次朗といった辺りがどうタイムを出していくのか。すでにハードルが上がった状態での勝負と言うのはなかなか珍しい展開だけに、どうなるか楽しみなところです。

 さあお時間、本日は昨日よりもかなり多くのチームが参加しておりますと言うことで、チームの紹介から始まります。
 本日参加は以下の10チーム、場合によっては飛び入りの可能性もありだとか。まずはくじ引きが割と無理やりに行われ、全員の最初の出走順が決定します。

No.1 アルミン(ヒューマノイド研究会)
No.2 デシュミット(GR2)
No.3 ドリラー(法政大学電気研究会)
No.4 ピクルス?(電気通信大学ロボメカ工房)
No.5 ドルカス(芝浦工業大学SRDC)
No.6 Mk-09(maco)
No.7 虎次朗G(軍曹さ~ん)
No.8 デンダィン(ヒューマノイド研究会)
No.9 ツノックス(KENTA)
No.10 SPICY BERRY(TeamPirkusとロボメカ工房)

第1走 No.1 アルミン(ヒューマノイド研究会) - 1回目 :

 まずはTDUヒューマノイド研究会の小型ロボット、アルミンからのスタートです。u1k級のロボット、自信ありとのこと。まずは本日を占う第一走です。
 まずはスタート、そnオバジャンプで角度を変えてのトライ。直線的に進んでジャンプで角度を変える機動で、第二コーナーを横歩きで突破。まずは危なげなく一周をクリアです。44秒、これは好タイムです。二周目に入ったところで転倒、しかしこれはすぐに復帰。勢いを殺さないで走り、そのままジャンプで小刻みに角度を修正する動き、第二コーナーも綺麗に廻って三周目に入った、ここでちょっと足踏み、1分32秒。早いペースです。おっと、第一コーナーでちょっとポールに引っかかってしまったか。やや曲がり気味に最後の直線、途中でコースを修正しつつ最後ちょっと手間取りつつゴール、タイムは2分15秒79。いきなりの好タイムからスタートです!

第2走 No.2 デシュミット(GR2) - 1回目 :

 続いての登場はデシュミット。「頭の三日月が小さくなったのと足がリンクになったのがポイント」とのこと。ブラックさんがもっとも警戒する選手です。いきなりのダッシュ、スラローム気味に突っ込んでいきますが、やや第一コーナーで段差に突っ込んでしまいます。17秒でなんと一周!さらに早い、とんでもなく早い、ちょっと突っ込みすぎてロープに行きかけますが、修正、34秒、早い、ひっかかりません。凄まじい勢いで最後でポイー瑠に引っかかってくるりと引っかかってしまったのに、49秒34! いきなりの新記録更新、分厚かったはずの一分の壁をあっさりと打ち破って、デシュミット一位にいきなり躍り出ました!

第3走 No.3 ドリラー(法政大学電気研究会) - 1回目 :

 若干逆関節気味のドリラーがつづいて登場。スタートから一瞬遅れてスタート、膝が反対に曲がっているので、見た目なんだかずっと後ろ歩きみたいに見えます。転倒して起き上がる、ちょっと足が激しく震動しています。最初のコーナーに廻る、腕が引っかかって転がってしまった。やっぱり激しく震動してしまっているようです。横歩きで避けようとしたものの、腕が引っかかってやはり転倒してしまう。第二コーナーは、ここでも引っかかって、いや、足首が危ないのか、起き上がりがロープに引っかかってしまう。ちょっと安定が悪くなってきた、少し歩いて立ち止まる機動に切り替えて、安定を確保しつつ進みます。今度は…… これは後ろ歩きですね、普通に歩いているように見えますけど、顔が後ろを向いています。このほうが安定するとのことで逆進で直線を乗り切って二周目、あ、後進は直線は駄目なんだそうです。逆関節のロボットの後進だと普通に歩いているみたいに見えるんですが。第二コーナーでロープとポールに引っかかって起き上がりにくくなった、復帰した。だいぶ苦しみましたが復帰した。前歩きで第二コーナーを回って最終へ、だいぶよたよたしてしまっています。左足がちょっと弱いのかな、倒れつつ最終ラップへ。あ、ネジが取れた。あ、またネジが。からんからん言いつつ取れてしまう。しばらく歩いては立ち止まり、衝撃を吸収してまた歩き出す。ネジが回収されました。最後の直線、途中で半回転しつつも最終へ、後進に切り替えてゴール、5分55秒84でした。

 ここでしばさんが登場! 飛び入りでサンダーボルトが11人目の選手として参加になります。

第4走 No.4 ピクルス?(電気通信大学ロボメカ工房) - 1回目 :

 さきほどまでピルクスと勘違いされていたピクルス。ピルクスを軽量化したロボットで、頭やバッテリケースなどを外しているとのこと。「早いですよ。でもまだ立てないです」のこと。どうなんでしょう。
 競技開始、軽快な動きです。これは早い、ちょっと旋回半径が大きいか、大回り気味で廻って移動していって………… あっと、倒れた。動きません。これは「起き上がらない」と言う意味なのですね。なるほど。起き上がりのたびに神の手が入ります。バッテリが背中からぶらんと下がってしまいます。頭の上にバッテリが載せられますが、これは直線で落ちてしまう。バッテリを引きずって歩き出したところで、自己申告でリタイア。早かったのですが残念ながら記録なし、これからの改良に期待が集まります。

第5走 No.5 ドルカス(芝浦工業大学SRDC) - 1回目 :

 続いては芝浦工大のドルカス、軽量化を進めてきたとのこと。軽快なダッシュで、ところどころ立ち止まりつつダッシュしていきます。操縦でカバーしている感じですね。第二コーナーまで危なげなく廻って最終コーナー、これで一周、29秒。好タイムです。二周目もやや大回り気味ながら、がたがたがたとスラローム。これで三周目、ちょっとポールに引っかかりますが、これも利用して旋回していきます。一瞬静止して突っ込んでいく、最後の直線でやや位置合わせをしたあとゴール。1分25秒82。目標は1分20秒越えとのこと、今後にも期待できそうです。

第6走 No.6 Mk-09(maco) - 1回目 :

 続いてはまこさんのMk-09、サーボケースを外したロボット。サーボパワーが機体重量の16倍もあると言う小さな暴れ馬です。外見もなんだか生き物っぽい感じのイメージ。動き出した、軽快です。足裏が大きいせいか非常に歩行も安定しています。横歩きがにょろっとストロークが大きい。直線の力強い動きとスラロームで35秒、軽々とかつパワフルに進んでいきます。もう二周目の直線、やや蛇行しつつこれもクリア、手首だけプラモデルの面影があります。1分13秒で最終周回、ちょっと廻りすぎたのを横歩きでフォロー、最後の直線を廻りきってゴール、1分43秒34のタイムとなりました。

第7走 No.7 虎次朗G(軍曹さ~ん) - 1回目 :

 続いてはチキチキミニで記録を持つ虎次朗G。モーションをいじったら不安定になってしまった、とのことですが大丈夫でしょうか。「既製品のパワーを見せつけます」と軍曹さん。
 始まりました、小刻みな滑るような動きで一気に第二コーナーまで、行きすぎてロープに突っ込んでしまいますが、コースを修正して一気に一周クリア、30秒ほど。これは早い。ややコースを廻りすぎてしまいますが、二周目、最後で転んだもののクリア。51秒。最終、どうした、ちょっとロープに引っかかってしまった、どうした、起き上がれなくなってしあった、ロープのあたりで引っかかってしまいます。転んだ拍子で足がずれてしまったとのこと、起き上がれなくなりました。人力で復帰したものの、起き上がれなくなった。まさかのリタイア、虎次朗G一周目は記録なしとなってしまいました。

第8走 No.8 デンダィン(ヒューマノイド研究会) - 1回目 :

 続いてはTDUのデンダイン、こちらも頭身の小さい感じのロボットです。スラロームはまだできてません、とのことですが、どうなりますか。
 力強い歩行でのしのしと進んでいきます、直進してその場旋回でコースを修正する、短い直線を折り重ねて進むスタイル。まず一周目、29秒。ここで二周目に入ります、スムーズな動きですがちょっとロープへ突っ込んでしまう。直線を乗り越えて三周目、ほぼラップは30秒。ちょっと第二コーナーのロープに引っかかってしまった、軽く一回転してしまいましたが、ここでゴール。1分32秒26、スラローム部もこれから作るいうことで、まだまだ短縮できそうですよ。

第9走 No.9 ツノックス(KENTA) - 1回目 :

 続いての登場はツノックス、u1kg級の小型機体です。ミニで磨いた腕前をここで繰り出せるのか。さあ開始です。これも素早い、スラロームで大回りをしながら第一コーナー、やや引っかかりながらも廻った、ちょっとコース取りが難しいか、第二コーナーでも引っかかってしまう。直線に入るところでちょっと左右が混乱してしまいますが、一周目をまずクリア、どうした、ポールに引っかかったところで転んでしまい、ちょっと起き上がりに苦労してしまう。コースに復帰した、走り始めると実に早い。全く引っかかりなくコーナーをクリアして最終周回へ。段差に引っかかって転倒した、ちょっと足首が変な方を向いてしまった、タイムは2分5秒85でした。早くしたモーションに振り回されている、とのことでしたが、まだまだ縮みそうな感じです。

第10走 No.10 SPICY BERRY(TeamPirkusとロボメカ工房) - 1回目 :

 苺サーボを使ったスパイシーベリー、一回目は間に合わなかったとのことで、ロボットの紹介だけで

第11走 No.11 サンダーボルト(しば) - 1回目 :

「できんのか所属! サンダー!ボルトー! 本日はリングを変えてろぼとまに降臨!」 さすがですしばさん。いきなりちょっとオーバーランしてしまいますが、コースを修正して第一コーナーへ。歩行は歩幅も十分ですが、ちょっと横幅があるのがポールに嫌われそうな感じですね。43秒で一周をクリア、のしのしと二周目、大きな動きでコーナーを突破、ポールに引っかかって大スピンをしつつ転倒しますが、起き上がりをそのまま距離にして進んでいきます。第二コーナーのポールにもちょっかいを出しますが、これはなんなく突破。これくらい重くなると崩れにくくなるんですかね。最終周回はあぶなげなく進み、第二コーナーのポールも横歩きで突破、最後のゴール寸前でロープに突っ込んでしまいましたが、ここでゴール。初出走とは思えない、1分57秒51のタイムでした。

 これで全選手、最初の出走を修了。第二走は希望者から順次となります。

第12走 No.7 虎次朗G(軍曹さ~ん) - 2回目 :

 まずは先程記録の出なかった虎次朗、ちょっと転倒しつつも第二コーナーまでは一気に廻りきりますが、これはちょっとおかしな感じです。若干左右に機体を振りながらの前進、51秒で一周目をクリア、ちょっと様子がおかしいややもって迷走気味な感じです。左右にかなり機体が触れながらですが、二周目をクリアして三周目。安定が戻ってきたようなそうでもないような。戻りすぎて転倒してしまいます。横歩きでコースに復帰して第二コーナーへ、やや倒れ込みつつ進むような格好で最終コーナー、これを廻りきってゴールと同時にダウン、タイムは2分23秒85でした。

第13走 No.5 ドルカス(芝浦工業大学SRDC) - 2回目 :

 続いてはドルカスの第二走、ちょっと厳しいところにはまってしまった。第一コーナーと物運びの段差で起き上がりに苦労してしまいますが、復帰して最終直線へ。がたがたとその場ジャンプで49秒のクリア。二周目のポールでやや苦労しつつ、第二コーナー。ポールきわぎりぎりで周り、直線の最後で転倒。機体に負担のかかりそうな旋回です。1分40秒で最終、ポールにのしかかったところでドルカスがのしかかり転倒、押し戻されてくるりと廻って倒れます。2分通過したところで最終コーナー、ちょっと考え込みつつ、廻った、ここでゴール。2分23秒67でした。

第14走 No.9 ツノックス(KENTA) - 2回目 :

 続いてはツノックス、最初の直線はなかなかいい入りでしたが、最初のポールで引っかかってしまう。第二コーナーを廻っていたところで、大回りして戻ってしまいつつ最終コーナー。これを突破。横歩きがっできないそうです。やや1分ほど。「引っかからないように移動すればいい」とKENTAさん。くるりと廻りすぎて戻りながら、しかし引っかかってしまう。コースを戻すのが大変そうですね。スラロームで三周目。ゴールかそうでないか、周回数でちょっともめていたところでツノックス、起き上がりに苦労しながらも第二コーナーへ。起き上がりに苦労しながら、やや後進を織り交ぜて最終コーナー、ゴール。2分34秒07でした。

第15走 No.3 ドリラー(法政大学電気研究会) - 2回目 :

 ドリラー、二回目のトライ。機体が大きいだけあってだいぶポール裁きに苦労している感じがします。大股な歩行で第二コーナーまで廻りますが、ばたんと派手な音と一緒に倒れてしまいます。最終コーナーで旋回ざまに倒れてしまう。一周をクリアして二周目、慎重に第一コーナーのポール、体をかすらせながら通過。2,3歩歩いて立ち止まる動きで、ポールに引っかかったところで、ロープに腕が引っかかってしまう、と言うよりもロープを脇にはさんでしまう。神の手が入ってロープをブレイク、続行します。倒れた拍子に大きく滑って、違うロープに引っかかってしまう。最終ポールにやはり引っかかるようにして転倒しつつ、最終周回へ。機体の大きさとぎりぎりを狙う操縦で、ひっかかり気味の動きになってしまうんでしょうね。第二コーナーを目指したところでダウン、最終コーナーにさしかかった。最後は倒れ込みながらのゴールで4分57秒73でした。

第16走 No.1 アルミン(ヒューマノイド研究会) - 2回目 :

 続いては最初の試走で好タイムを出したアルミン。再び危なげのない順調な歩行ですでに第二コーナー、やや直線で位置取りに手間取りましたが、一周クリア、43秒での入り。ちょっとコースがそれてしまう、方向を小刻みに修正しつつ最終へ、転びはしませんが、着実な動き。おっと最終第一コーナーでポールとお見合いをしてしまう。後進して外し、ゴールラインへ。角度を慎重に取りつつゴール、タイムは2分14秒04でした。

第17走 No.2 デシュミット(GR2) - 2回目 :

 来ましたデシュミット、二度目のチャレンジ。早い、あっと言う間だ、13秒のラップ! これはどこまで縮むんだ、まったく書くことが何もない早さです。26秒、40秒を切るペースだ。止まる事は全くありません、あ、最後でちょっとだけ引っかかってしまいましたが、それでも40秒78! 40秒切りがそこまで来ています。恐ろしい。

第18走 No.6 Mk-09(maco) - 2回目 :

 mkきゅうばんめ、と読むそうです、mk09。まず第一コーナーを破って第二コーナーへ、走りきったところで倒れて前にずるーっと滑っていきます。ここでリタイア、どうしたんでしょう、歩行の停止部分が良くない、とのこと。電池容量が小さいので、消耗を避けたい方向です。

第19走 No.11 サンダーボルト(しば) - 2回目 :

 続いてはサンダーボルト、大型特有の力強い動きでまずは一周目にとりかかる。ややコースをそれてしまうところはあるものの、先程とは全く違う落ち着いた動きで26秒で突破。二周目はさらになめらかです。ちょっとポールに引っかかりかけたものの横歩きで落ち着いて越え、これで2週目クリア。ちょっと行きすぎた、ロープに引っかかってしまいましたがすぐに戻ってきた、1分15秒07! あっと言う間に

第20走 No.7 虎次朗G(軍曹さ~ん) - 3回目 :

 虎次朗、三回目のトライ。さらに歩行の間隔が短くなった滑るような動き、やや大回り気味のスラロームながら22秒、ちょっとポールに突っ込んでしまいますが再開、ちょっと周り半径が小さくなってしまったか、ややぶれつつも44秒で二周目をクリア、三周目、これは1分切れるかどうか、1分02秒26のスコアです!

第21走 No.5 ドルカス(芝浦工業大学SRDC) - 3回目 :

 すでに早い人は3走目。ドルカス三度目のトライ。立ち止まりながらもコースがやや取り切れていないか、それでも36秒で一周をクリア、第二コーナー前で転んだ。ちょっと旋回が小さいか、直線で転んだ、ポールに引っかかって連続で転んでしまいますが、復帰。これで二周目クリア、最終へ。1分12秒、第一コーナーを廻りきったところでいつも倒れてしまいますね。最後の直線、やや考えてしまいましたが、あとちょっと、ここでゴール。1分52秒93でした。

第22走 No.9 ツノックス(KENTA) - 3回目 :

 続いてはツノックス、第一コーナーでちょっと転倒してしまいましたが、第二コーナーに取りかかりました。ちょっと最終で廻りすぎた、ポールに突っ込んでしまう。43秒で一周目クリア。二周目は早い、1分2秒。この二周目は20秒近くで入ってきました。ちょっと大きく廻ってロープにつっこんでいってしまった、ラストは綺麗にクリアして1分29秒48。

第23走 No.1 アルミン(ヒューマノイド研究会) - 3回目 :

 落ち着いた歩行のアルミン、三度目のトライ。逐次、操縦者の人が体の向きを変えてイメージを取りつつ、二周目に。慎重に位置を取りながらのクリア、三周目に入ったところでポールに引っかかって後ろへ。お見合い状態で2回ほど転倒したのち抜け出して最終へ向かいます。第二コーナーにちょっと腕が引っかかった、横歩きで回避して最終コーナーへ、ここでゴール。2分25秒28でした。

第24走 No.7 虎次朗G(軍曹さ~ん) - 4回目 :

 1分を切れますか、虎次朗四回目。第一コーナーを廻ったところで転倒してしまいますが、22秒で一周目を入った。二周目、第二コーナー周辺でちょっと迷走したものの、二周目をクリア。39秒、なんと17秒でラップを廻りました。最終、第一コーナーで廻りすぎて後ろを向いてしまう、ゴールのタイムは1分02秒14でした。

第25走 No.9 ツノックス(KENTA) - 4回目 :

 ツノックスも四回目、第一コーナーを廻ったところでちょっと手間取った、後ろ向きになってしまいますが、復帰してそのあとは綺麗にクリア、44秒、二周目は綺麗ですね、最後にちょっと周り損ねてロープに向いてしまいますが、1分8秒。最終、第二コーナーでポールに引っかかった、最終に廻って、これでクリア。1分43秒14でした。

|

« 第二回チキチキロボマッチ観戦記【一日目・結果】 | トップページ | 第二回チキチキロボマッチ観戦記【二日目・2/4】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/47749945

この記事へのトラックバック一覧です: 第二回チキチキロボマッチ観戦記【二日目・1/4】:

« 第二回チキチキロボマッチ観戦記【一日目・結果】 | トップページ | 第二回チキチキロボマッチ観戦記【二日目・2/4】 »