« 第十七回ROBO-ONE観戦記【3回戦】 | トップページ | 第十七回ROBO-ONE観戦記【表彰式】 »

2010.03.23

第十七回ROBO-ONE観戦記【準決勝~三位決定戦~決勝】

 さあ、このまま続けて準決勝が行われ…… あ、ちょっとインターバルですね。ちょっきんずの皆さんにコメントが求められます。皆さんのお気に入りは、それぞれレグホーン、トコトコ丸、そしてレグホーンもう一票でした。

 さあ、ここからはいよいよラスト4試合。松田さんも登場し、迫力の選手入場コールが行われます。

準決勝 第1試合
ガルー(kumama) vs スーパーティガーII(ひろのっち)

 さあ、準決勝、最初の試合はガルーとディガー。
 赤い機体同士の対決、準決勝となるとさすがに慎重です、両者じりじりと距離を詰めていく、まだちょっと遠い、向きを変えて睨みあい、やや下がった、近づいた、ガルー一撃、しかしディガーにはちょっと遠い、近づいて、股のあたりに上へ突き崩す一撃、ガルーが崩れた、ディガー先制。
 いきなり大きく伸びて投げにかかったガルー、これはスリップ、ディガー逃れた、中央に戻したガルーと再び睨みあい、……これはどうした加減か、ディガーが伸ばした一撃で、ガルーが空中でなんとぐるりと回転! これはなんだ、手首同士が軽くからまったせいで、ガルーのパワーが廻るのに協力してしまったかのような、ともかく2ダウン。
 横から叩き合いになった、今度はガルーがディガーをめくって一回転させた、小手投げよろしくディガーが飛んで落ちる。
 後ろをとったディガー、しかし背後からもガルーを崩せない、ちょっと近いか、やや離れて再開、近づいた、足下から突き上げる一撃を交互に打つ両者、ガルーの起き上がりにディガーが巻き込まれてスリップ、分けた、旋回。残り1分を切った。足下から、大きく掬うようなガルーの一撃。伸ばした手を下から掬われてディガーが崩れた、残り30秒、2ダウン。
 打撃をガルーは前転のような躱しで、真横を向いた、残り2秒、近づいた間合いはディガーの距離だ、無造作なほどの横突きがガルーの肩をぶつけて崩し、これで3-2! 時間ぎりぎり、接戦を制してディガーが決勝に進みました。

準決勝 第2試合
Stormwave Light 2(RobotFactory) vs Neutrino(飛騨神岡高校)

 さて、続いては準決勝第二戦、ストームウェーブとニュートリノの対決です。柔軟なリーチを生かして領域を支配するストームウェーブ、多彩な技を組み合わせて闘う柔らかい戦術のニュートリノというこのカード。
 バッテリ交換も終わり、ストームウェーブがリングに立った。またバッテリ間違えた、伝説の話が出かかりましたが試合開始。ちょっと御棒立ちになってしまいましたが、なんだったんでしょうストーム。ニュートリノ、先に仕掛けに行った、引っかからずスリップしてしまうストーム、今度は掴んだ、掴んで引き倒して崩しにかかったが、これはニュートリノが胴体を抱えて投げて、ダウンを奪った。あっと、同じ技を出してしまったとイエローが出ました。
 横突き、パンチの一合い、浮いたニュートリノ凌いだ、今度は胴体の真ん中に当てた、ストーム崩した、連打、ストーム、ちょっとリアクションが鈍いか、それともカウンター狙いか、倒れたところに絡んでしまった、両者をレフェリー分ける。試合再開、ちょっと伸ばした腕が戻りきらない、ニュートリノスリップ、仕掛けていく、ストーム、しかししゃがんでしのいだニュートリノ、再開、間合いを広く取った。吹っ飛んだニュートリノ、、なんとか踏ん張って足を付き直して凌いだ、ちょっとどうした、なんと無線が切れてしまった!
 ここでタイムを申請。使える時間は2分。転んだ拍子にリセットがかかってしまったか、直せるのか、それともまさか、ここでノーコンリタイアか。先生が飛んできて調整に入る、観客席からもアドバイスが飛びますが…… しかし動いた、なんと動いた! ここで復帰、1-2で試合再開です。
 残り1分から再開、突きの打ち合い、両者凌いだ。危ない、棒立ちになりかかりましたが復帰、これはどうした、見事に引き倒しましたが、これは同じ攻撃を出してしまった、と言うルール。これで1イエローが重なり、これで2イエローにつき2ダウン。即ち、2-2で延長戦に突入となります。

 時間切れ、2分の延長戦に入ります。ニュートリノ、再び慎重に調整に入ります。これまでに使った技のカウントはリセットとなり、再度使うことが許可される扱い。バッテリを変えたのかストームウェーブ、主立ったネジを締め直し再確認。コントローラーを再確認し、ニュートリノもリングに戻る。ちょっと混信のおそれがあるようで、レフェリーに申告が飛びます。。
 再開、ちょっとちょっとぐらぐらするニュートリノ、ストーム、後ろからめくりますがこれはスリップ、ニュートリノの動きに生彩がありません、大丈夫でしょう、すとーむは元気に跳ね回っています、投げを打って空転、突かれますがニュートリノ崩れなかった、ストームは場所を睨む、ニュートリノ反撃、これはストームなんとか凌ぎ切った。
 めくっての攻撃、ストーム、リング脇に行ってきた、距離をひらいた、危ない、アピールのモーションだ、両手振ってる、ストームが来る、あぶないあぬばい、なんとか回避。凌ぎ切った、残り15秒、掴みに行き続ける、なんとの折り6秒、掴んだ、引っ張った、崩しかけたところから、さらに引っ張って諸共に落とす、これが決着、残り6秒まで持ち込んだ準決勝、ニュートリノの勝利となりました。

「子供じゃない!」とロボットファクトリーさんも賛嘆。次は優勝します、とのコメントでした。

 ここで5分休憩。そのあと三位決定戦、そして決勝戦となります。
 さあそんなかんじで、残すところあと二試合となりました。

三位決定戦
ガルー(kumama) vs Stormwave Light 2(RobotFactory)

 さあ、まずは三位決定戦。ガルーがリングに入ってきた。ストームウェーブも続いてリングに上がる。
 さあ、両者立った。試合開始、さきほどもそうでしたけど、ストームウェーブ、リングインして最初に動き出すまでにまでに、なんだかちょっと時間がありますね、ともかく開始、ガルーの横へ素早く回り込む、ガルーは慎重に構えている、下からめくる一撃、これは空転、ガルー、直後にカウンターを貰って崩れた、これで1-0。
 やや押していくストーム、ガルー、2回ほどめくる一撃のあとスリップ、当たればなんとかなりそうですが、平たくなって攻撃を凌ぐガルー、膝にひかっかったが、これは有効にはならない、横突きを微妙にかわしていき、背後からの一撃で倒してダウン、しかし背中のケーブルに引っかかった、コネクタが外れていないから大丈夫でしょうか。
 再開、投げをつかみいったストーム、ガルーを一回転させて転がした、これは投げが決まったが、だいぶ絡まってしまった様子。くぱぱさんも手伝って両機を分けます、慎重に分けて…… あれ、ストーム、「うえ」と言う声が飛びます。
 時間を56秒まで戻します。これで再開。ガルーが今度は詰めていった、めくる一撃、ストームは距離を取る、腰の下に腕を入れて止めた状態、ここで持ち上げきった2ダウン目、ここで2-2で再開、スコアが並び、横へとアグレッシブな攻撃を繰り出し始めたストーム、ガルーは残る10秒、ガルー平たくなってかわした、最後の投げは空転し、これで時間切れ、再び延長戦に張ります。

「事務局の方は、時間がのびのびになってプレッシャーを感じています」と土田さん。両者バッテリを交換し、持てるリソースを投入して調整を行います。さあ、調整完了。延長戦に入ります。
 まずガルーがその場で旋回した、横からちかづく、ストーム殆ど体当たりのような一撃、一撃、しかしガルーはかわした、足下からすくいに行く、投げをかわしたガルー、リング脇ぎりぎりでの一撃、掴んで投げた、バックドロップの体勢のガルー、しかし自分の背中が先にリングについてしまうため、有効と言うジャッジにならない。
 再開、最初の位置へ、分けるのにこんがらがったので、時計も1分12秒へ戻ります。さあ、中央で距離を遠く取って睨みあいに。ストーム、力が抜けた、どうした、起き上がれない、震動を始めてしまった、起き上がれない、腕に足が引っかかる、まさか、ここでトラブル、起き上がれないのか。海老ぞって必死に復帰を図るストーム、しかしここでカウントは非情に10を刻む。
 まさかの最後の最後、この曲面でマシントラブルによる復帰不能。ストームウェーブが沈み、ガルーが3位となりました。

決勝
スーパーティガーII(ひろのっち) vs Neutrino(飛騨神岡高校)

 さあ、凄まじい展開となった決勝戦も、最後の…… あ、松田さんがちょっきんずの皆さんを呼び出して、タイトルコールをまかせられます。手拍子の凄まじい盛り上がりで、両選手が呼び込まれてリング上に!

 さあ始め、中央に寄る、まず先に出たのはニュートリノ、背後に回り込むディガー、背後をとった。長い射程をディガーが大きく歩いて投げを凌ぐ、肩を載せるニュートリノ、ディガーは逃げ切った、今度は投げ、一段目はしゃがんで躱すが、二段目の投げが捕まえた! 二段投げでニュートリノ、ディガーを沈めてダウンを奪うが、しかしここでなぜか両手を振るニュートリノ。まさかのアピールを出してしまったところで、背後からディガーが一撃、これで1-1。となってしまう。
 なんてことだ。ニュートリノ、素早い連打で追い詰めていく、ディガー、カウンターを重ねに行く、しかし凌ぎ切った、一方のニュートリノも屈んだ防御の姿勢、起き上がったところでにディガーが打撃を重ね、戻りに引っかけて崩し、これで2-0。
 ニュートリノ追いつかれた、横、真横に素早い突きを繰り出すニュートリノ、ディガーは攻撃範囲を巧みにかわす、攻撃をぶつけて凌ぐ、もう一度ぶつかった、ディガー離れる、ちょっと距離を取る、背後をとった、背後からの一撃ニュートリノ、たたみかけた攻撃でニュートリノ崩れるが、これはスリップ、ディガー、リングぎりぎりまで移動し戻ってきた、めくる一撃、これはどうだ、ニュートリノとディガーが同時に倒れたが、これは有効ではない、再開し、起き上がり、ファイト! の声と同時に、決勝戦時間切れ!
 2-1、僅差のスコアでここで時間切れ、ぎりぎりまでリソースを使い切った両者の対決、ここで決着! どちらが勝ってもおかしくなかった試合でした。ニュートリノの快進撃と健闘に、そしてそのニュートリノを倒してみせたスーパーディガーに大喝采の注がれた。まさに大決着の決勝戦でありました。

 このあとは表彰式となりますー。

|

« 第十七回ROBO-ONE観戦記【3回戦】 | トップページ | 第十七回ROBO-ONE観戦記【表彰式】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/47883387

この記事へのトラックバック一覧です: 第十七回ROBO-ONE観戦記【準決勝~三位決定戦~決勝】:

« 第十七回ROBO-ONE観戦記【3回戦】 | トップページ | 第十七回ROBO-ONE観戦記【表彰式】 »