« 第十七回ROBO-ONE観戦記【1回戦・第16~第23試合】 | トップページ | 第十七回ROBO-ONE観戦記【2回戦】 »

2010.03.22

第十七回ROBO-ONE観戦記【宇宙大会・国際親善試合他】

 宇宙大会選抜競技、今回の参加選手は二人です。

 一人目は森準さんの運準。今日は投げるまで出来なかった、とのこと。XY軸のどちらかを180度回して、足が投げる方向と並行になって、まっすぐ着地すればいい、とのこと。……ええと、すいません。説明が僕にはあんまりよくその。結論として、つまり構造的な問題が解決しなかったので投げられなかった、とのことでした。

 そして二人目、「最後の選手をご紹介しましょう」と土田さん。
 登場したのはナガレンジャーノナガレブルー・コスモ。頭と大きな二本足のロボット。頭にリアクションホイールを搭載し、足は並行リンク、横方向の衝撃をダンパーで吸収する狙い。顔がついていて、正面方向が判るようになっている、とのことでした。
 さあ、ホイールが回り始めた音が鳴る。まず第一投、横腹から落下してしまう。ドライバーで微調整を入れていきます。ちょっと勢いがつきすぎたか、バウンドして飛んでいってしまう。三回目、惜しい、今度は顔面から落下してしまい、これで3投修了となりました。

 今までやって何回くらい成功しましたか? と聞かれて、「10回に1回」とのコメント。今日一番惜しかったのは三回目のトライだそうです。

 今度は企業PRタイム、近藤科学さんによるデモンストレーションです。頭にカメラのっけたKHRが出てきましたよ。
 短い休憩を挟んで、15時10分からミニライブと親善試合。とりあえず、エントリは二回戦までまとめて書いときますね。

 というわけでミニライブ、最初は川崎出身の三姉妹ユニット、ちょっきんずの皆さんのライブから。なんでしょう、音楽には不案内な自分ですが、フォークソングと言う解釈でよろしかったでしょうか。郷土曲ということで。
 そして続いては長友さんが登場ですよ。さすがのトーク裁きはお見事でございます。オカリナの演奏は始めて聴きました。

 今度は…… あれ? なんでしょう、「ブラックリスター」。
 昨日から予告編映像的なものが流れていて、ROBO-ONE GPの新企画かなんかかと思っていたら、映画です。マジ映画みたいです。なんてことでしょう。

 ROBO-ONE初の映画化って言う事ですが…… これは一体。ええと、ROBO-ONE製作監督の渡辺さん。「今回映画を作ろうと思いました。でもお金がありませんでした」と言うことで、あちこちにお話持ってったら、あちこちから協力を貰って、なんということか、制作費ゼロで進んでいるとのこと。
 「ブラックリスター」とは、借金をし過ぎて金融機関にブラックリスト登録されてしまった人のこと。そういう人を集めて謎の秘密結社がロボットファイトを……。

「嘘つきがいっぱい出てくる漫画とかありますけど…… すいません!ぱくりました!」 ええー。
「ロボットに初のワイヤーアクションをさせます。これが見所です!」 ええええー。

 タイニーウェーブとか、くぱくまさんとこのロボとか、なぐさんのモンスターとか使っているそうですよ。なぐさんの役をなんか俳優さんがやるらしい。すごいことになっている。
 主演の方から、キャラクターの説明とご挨拶があります。夏公開予定、まだ撮影始まって、ちょっとしか経っていないとのこと。まだ1日か2日くらいだそうですよ。

 さて、いろいろなことがありましたけど、次はなんでしたっけ。国際親善試合となります。

 中国代表として、江海之星1号・2号、韓国チームとしてはDAVUD1とクライストX…… あれ、機体が青いからfruitのような気がしますが、操縦するのがクライストさんってことでいいのかな。同じタイニーウェーブですし。そして日本チームは、まこさんのMK09と磯工の磯工ガーディアンが登場です。これで6機の対決となりますよ。
 さてしあいかいs、中央でフルーツとガーディアンが接敵、ダブドは09を狙って来ます。一回転して介入する江海之星、しかし味方同士で並んでしまう、頭が取れるゴッドガンダムな09、まこさんは「メインカメラがやられただけだ!」 まさにそのマインドです。
 江海之星、キックでガーディアンとフルーツをまとめて倒す。ダブドと09の交戦、そしてガーディアンはダブドを押して出そうと言う構えでしょうか。
 09、リング脇、危険だがこれは戻った復帰した、フルーツが江海之星二機を同時に相手をしています。そこに09が絡みに行った。一方ガーディアンを背後から追い詰めて行くダブド、起き上がったところを背中から狙われる、09が援護に入るが、今度はこっちが狙われた、ダブドをガーディアンがやや押していく、江海之星、端に追い詰められた、フルーツがさらに押していき、落とした、中国チームがアウト、これで…… これは何かが取れた、足裏が取れてしまったか。
 倒れたままの09も、次第次第に押されて行きます、09アウト、残りはガーディアンと韓国チーム二機、ガーディアンはリング縁に立って誘い込む構え、ぎりぎりに立った、コレは危ない、リング縁から戻ってくる、フルーツも倒れかかった、これを押していくも復帰した、戻って今度はガーディアンがピンチ、倒れた、復帰出来るか、押し切れない、起き上がりに巻き込んで二機を倒す、起き上がりにダブドが押していく、残り10秒、やめ、の声がかかった直後に、ガーディアンリングアウト、これで韓国チームの勝利となりました。
 第一位は韓国、第二位は日本、第三位は中国チームとなりました。

 国際親善試合はこのランブル1回のみ、次は二回戦です。

|

« 第十七回ROBO-ONE観戦記【1回戦・第16~第23試合】 | トップページ | 第十七回ROBO-ONE観戦記【2回戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/47883347

この記事へのトラックバック一覧です: 第十七回ROBO-ONE観戦記【宇宙大会・国際親善試合他】:

« 第十七回ROBO-ONE観戦記【1回戦・第16~第23試合】 | トップページ | 第十七回ROBO-ONE観戦記【2回戦】 »