« ミノガシWow-Fi(☆) | トップページ | ジュウガツララバイ。(☆☆☆) »

2010.05.28

apple思う故にipad有り。(☆)

リンク: 【PC Watch】 iPad発売、アップルストア銀座に約1,200人の列.

 念のために言っときますけど、僕の手元にはありませんからね。通販で申し込んでもいないヨ。
 僕がappleのデバイスを手に入れるのは、全般的に世間よりも数年遅いのです。ipod買ったのも第三世代nanoの時だし、iphoneも未だに持ってないし。

 それはともかく、ipad販売の加熱っぷりを見ていると、少し前の携帯電話や、もっと前の新世代ゲーム機、同じ頃のPCの発売に見た熱気を思い出します。自分も散々参加した口ではありますが、考えて見れば面白い話ではある。
 誰もまだ手に入れていない、少なくともマスでならして言えば、「ほとんど誰も手に入れていない」。現物がどんなものか知らない人が大部分なのに、未知の「それ」を手に入れる為に熱狂の行列を作る。

 なんだかわからないけど手に入れたい。むしろ、なんだかわからないから手に入れたい。ipad、と言う現物だけじゃなくて、ipadを手に入れた場合の漠然とした未来とかビジョンとか、こんなことができますよ!(そのうち!/できないかも知れないけど!)と言う先取りした未来、可能性と抱き合わせのそれを人々は競って買っていく。むしろ、欲しいのはipadと言う実物よりも本当は、それと一緒に手に入る可能性の方じゃないか、と言う気はします。
 宣伝のうまさや話題性と言う部分は多分にあるんでしょうけど、その未来と可能性とのセット販売は、間違いなくかつて、PCや携帯電話や次世代ゲーム機が成功していたものです。それはかつての自動車でありもっと前の家電であり、これからロボットが手にしなくちゃいけないものでもあるのでしょう。

 少なくともPCと携帯電話は、夢を見せる時代を経て、あって当たり前、ないとちょっと困るものになった。普及の代償に、人々はその限界も進歩の可能性も知った。もっと重要な事には、どこまでも進歩する事を、必ずしも必要としなくなった。PCに求められているのは進歩ではなく価格と安定性になり、携帯電話に求められるものも、そうなりつつある。持て余されて地面に落っこちた、夢と可能性の幻影を見せると言う役割のバトンを、今はiphoneとipadが一社で担いで走っている。
 ipadが売れているのは確かだけど、買ってる人はそれと同じくらい、ipadが見せる未来の幻を買っているんだ、と思うのです。

 ということをぐるっと考えると、ようやく、ビジョンを示す事の大切さ、みたいな事が、スローガンじゃなくて切実な要望として頭に入ってくる、と思いました。

 ipadと必ずセットになって語られる電子書籍に関しては、少なくとも日本においては、本に関わる人達のうち、書き手と売り手と読み手の論理は、まだそれほど重く扱われていないのかな、と言う印象です。少なくとも、実際に本を読む人の意見ってそんなに聞かれてるのかなあ、みたいな感じはします。
 どんな電子書籍端末(というか電子書籍サービス)なら欲しいか、と言う話は、またおいおい。

|

« ミノガシWow-Fi(☆) | トップページ | ジュウガツララバイ。(☆☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/48483699

この記事へのトラックバック一覧です: apple思う故にipad有り。(☆):

« ミノガシWow-Fi(☆) | トップページ | ジュウガツララバイ。(☆☆☆) »