« N-02B購入。(☆☆) | トップページ | 「N」を巡る狂乱高下(☆★) »

2010.05.17

書籍検索機関の罠。(☆)

 紀伊国屋の書籍検索システムがとっても便利。というのは、店頭にも書籍を検索する端末があって、本の在庫があるのか、あるとしたら何回のどこの棚にあるのか、をきちんと教えてくれるのですよ。
 同じようなものがネット上にもありまして。ぶらぶら本屋をぶらつきに行くのならともかく、ニードルキャストに絞り込んだ本を探しに行くときには、事前にいろいろわかってなかなかに便利です。

 さて今回このシステムを使ったのは、ガフールの勇者たちの続きを探していたなればこそなのですが。紀伊国屋には3巻が無かったもので、それじゃあここにはあるかな、と、コクーンタワーの地下にあるブックファーストに乗り込んでみた次第。これだけ大きな本屋なら、と思って調べてみたら、やっぱりありました。店頭在庫を調べてくれる機械です。
 うまいことガフールの勇者たちは見つかったものの、残念ながらブロークン・エンジェルの方は見つからず。とはいえ首尾よくガフールは手に入れて(小学生くらいの女の子がとなりの棚見てて正直怯みましたが。

 アンケートにご協力くださいと言われて、いつも使ってる書店をどうして使われてるんですか? という項目があり、いろいろと考え込むことも多く。本屋、って言うのも、よほど品揃えがユニークでもない限りは、行き着け、みたいなものがありますからねー。

 そんなこんなで手に入れたガフールは非常に満足でした。原題のサブタイトルは非常に簡潔で、3巻が"rescue"、そして4巻は"siege"。まさにそのとおりの血湧き肉踊る内容で、非常に満足でございました。あっと言うまに読み終えちゃいましたが。ああんもったいない。
 2巻では影の薄かった、主人公ソーレン以外の三羽もそれぞれに活躍の場が用意されているのがいいところ。この中盤でとりわけ気になる存在は、2巻から登場する、嫌味なエリートタイプのオツリッサでしょうか。読む予定の人は楽しみにしていただければと思いまする。

 そしてまたしかし、見つからない本を注文しに走る自分なのでありました。ああ。

|

« N-02B購入。(☆☆) | トップページ | 「N」を巡る狂乱高下(☆★) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/48386266

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍検索機関の罠。(☆):

« N-02B購入。(☆☆) | トップページ | 「N」を巡る狂乱高下(☆★) »