« ROBO-ONEフェスティバル観戦記【午後編2】 | トップページ | ROBO-ONEフェスティバル観戦記【表彰式】 »

2010.05.22

ROBO-ONEフェスティバル観戦記【午後編3】

 さあ、これから最後の時間帯。
 まずはサンライズさんの企業PRタイムからですよ。

 さてさて、続いてはROBO-ONEサッカー、三位決定戦から。

三位決定戦
関東支部 vs SKY

 さて、前方にワイドに構えたSKYに対し、関東支部は深めの構え。
 キノピーが倒れている間に、ボールは中央に、転がっていった、キーパーの前までボールが転がり、デュナミスとそのキノピーが揉み合いに、ボールは転がり、キーパーチャージ扱い。
 ……あっと、無線が混信している人がいるようです。時計を止めました、ちょっと無線の混信があったようです。無線方式についての説明が諸々行われている間、無線の調整が行われます。
 さて、試合再開。サイドに出たボールをナガレピンクがスローイン、掴んで持ち上げ、足下に落とした、これをデュミナスが反応したものの、ボールそのものはサイドへ飛んだ。シルバーのキックイン、ナガレピンクの足下へ。
 しかしボールを支配したのはデュミナス、割り込んでボールは飛んでラインを割る、デュミナスのスローイン、掴んだ。ちょっとライン上を転がってしまった、今度は関東支部のスローインに変わる。
 なんと転んでしまったが、このまま続行。デュナミスとゴールドの睨み合いからボールは横へ、デシュミットがボールを絡んでボールは転がっていく、まだぎりぎりラインを出ていなかったが、拾いに行ったデュミナスがぶつかってしまった、あ、ボールが一瞬空白になったところにファントムIIが一気に突っ込むが、ギリギリシルバーが持ちこたえてボールはしかしまだゴール前、キノピーが倒れ込みながらボールをクリア、しかしすぐにセンターに戻ってくる、キノピーがゴール前で倒れている、
 何かどうなっているのか、いつのまにかボールがセンターまで戻っている、ピンクが倒れている、キノピーは普通に倒れている、中央でサイドに転がしたデシュミット、空いたボールを追いかけドリブルで押して行くデシュミット、しかしファントムが横に転がした。これはキーパーチャージ。時間がない、ここで時間切れ。前半戦終了となりました。

 ハーフタイムに、Aクラスの三位決定戦が行われます。

三位決定戦
カルマ vs セアル

 どちらもKHR-3ベースとなるのでしょうか、この対決です。
 まずは両者、真横を向いた、しかし廻りすぎて背中を向けてしまったセアル、カルマがすかさず背後を取って一撃、1ダウンを奪います。
 両者、同じような攻撃を繰り抱いていきます。背中のバックパックのでっぱりを狙って攻撃する構え、背後を取りに行く両者、セアルは横突きの勢いが余って倒れてしまう。斜め下へ突き込むセアル、あっとどうした。起き上がれないか。起き上がった起き上がった。掴んで投げにかかるカルマ、しかし三回目に同じモーションをかけたところをセアルに逆襲され、跳ね返されて1-1。
 これは背中からのしかかるようなカルマの攻撃、これはダウンではなかった。背中にぴったりつけたカルマ、セアルの背中を持ち上げる攻撃でダウンを奪うも、背後からダウンを奪い返され、2-2。
 両者2ダウン、背後を取りに行くカルマ、最後はセアルの腕の伸ばしたところをカルマが下から腕を重ねて崩し3ダウン目。3-2、カルマの勝利となりました。

三位決定戦
関東支部 vs SKY(後半)

 さあ、一体少ない状況でしたが試合再開。
 いきなりボールの前で転んでしまうキノピー、デュナミスが横から転がした、ドリブルで押して行くデシュミット、しかしこれはキーパーチャージとなってしまう。
 シルバーのキックから再開。掴んで足下に落としてしまった、キノピーが倒れているところでボールは止まるが、ゴールドが倒れてのしかかり、ハンドになってしまう。さあ、大チャンス。ゴール前フリーキック。横に構えたデシュミットのシュート、ピンクが弾いた、ゴールキーパーが届かない、まだボールは入りきっていない、キーパーは持っていないか、保持とされた。
 キーパーからスタート。今度は大きく進んだ、しかしボールに辿り着いたのはファントムが先。ゴールドを躱してボールを押して行く、サイドに出したのはゴールド。ここからデュミナスのスローイン、横から足下、ファントムの足下に落とした、これをゴールドが弾いて、やや進んだ。ピンクのスローイン、足下に落とした、これはゴールドの足下、しかしファントムが割り込んでシュートに入った、いいコースだったものの、ぎりぎりでポストに嫌われる、シルバーの直前止まった、団子状態。デシュミットが押すボールが後ろに出た。ファントムが押せていくが、ぶつかってピンクが倒れる、
 転がったボールにデシュミットがついた、これはサイドだ。ピンクのスローイン。掴んで持ち上げ、足下に落ちた、しかしサイドぎりぎり、なかなか関わり合いになりにくい、サイドぎりぎりのボールをファントムが戻した、今はデシュミットの足下か、ちょっと出たが密集している。それにしてもブラックタイガーがびくとも動いていません。残り2秒、時間がない。
 ここで時間切れ、0-0。延長戦となります。

 さあ、延長戦。まずはゴールドのキックを止めたデシュミット、しかしピンクがかいくぐって攻撃にかかっていく、ところがファントムが横からボールを取り、チャンスだ、キーパーが横に伸びたところで、ボールがさらにサイドに転がり、デシュミットが突っ込んでいってボールを押し込む。
 延長開始直後にデシュミットが押し込み、試合終了。1-0でSKYの勝利となりました。

三位決定戦
Cameron-EX vs ヴァールハイト

 続いては、Bクラスの三位決定戦。キャメロンとヴァールハイトの対決です。
 中央に寄っていく両者、真横を向いて近づいてきた、投げをかけたキャメロン、ヴァールハイトはそれを凌いだ、マトリックス避けから、のしかかっての攻撃、これはダウン、まずキャメロンが1ダウンを奪う。
 ちょっと離れたところから、ヴァールハイトは周りながら接近していく、キャメロンはその場で旋回しているが、なかなかヴァールハイトを捕まえきれない感じ。ヴァールは横から突き、後ろからの攻撃、これはなんだキャメロン、マトリックス避けを前後逆にしような恰好で、そのままころんと転がったような感じでダウン、1-1。
 だんだんリング脇に追い詰められていくキャメロン、ヴァールハイトは機敏に動き回って…… あっと、ヴァールハイトが前方に出て倒れた、引き倒しか、いやキャメロンの捨て身技だ。これで2-1。
 リング脇ぎりぎりに逃げていくキャメロン、しかしリングサイドぎりぎり、大変危ない。ヴァールハイト、持ち上げられかけるものの、持ちこたえた。突き倒したいヴァールハイト、しかしキャメロンに跳ね返されて倒れた、スリップするキャメロン、時間がなくなってきた。起こり3秒、横突きで、これはダウンとは認められず、ぎりぎりの反撃は届かず、キャメロンの勝利となりました。

 さて、サッカーの試合はこちらが最終試合。決勝戦となりますよ。

決勝
トリニティ vs RFCバンブー☆ブリッジII

 なんとバンブー、ここまででファーストタッチのじゃんけんは全敗が確定です。
 いきなりキャバリアの大キック、飛んでいったボールはコーナーへ、サイドに転がったボールをアタコが掴んで転がした、ガルーと睨み合い、ボールを挟んで膠着状態になってしまった、が横に転がった、しかしガルーとアタコの対決に変わった、ガルーが抜いた、キーパーが真横に構えたところの頭上を抜いて、打ち上げたシュートが曲射弾道で決まって1-0。
 続いてセンター上でボールの奪い合い、再びガルーがボールを奪いに着た、しかしアタコが弾き返した、センター上でボールが転がっている、センターライン近辺でボールの奪い合い、キャバリアがのしかかってしまう、これはハンドにならないか。ガルー抜けるか、キャバリアがブロックしてしまう。
 ちょっとトリニティ固まってしまっているか、クロムとガルーが壁を築いたところに、アタコが転んだ、これはハンドとされる、クロムのキットは壁を抜いたが、これはキーパー。蹴り戻される。アタコが掴んだ、しかしボールはキャバリアの正面、アタコ倒れた、これはファールと見なされる。ガルー、フリーキック、アタコの頭上を転がったボール、取りに行った、キーパーが横からキープ。ここからどうするか転がした、転がったボールはガルーとクロムの間を抜けた、アタコが転がした、これはさくらと宗0郎の対決、さくら2号、ぎりぎりから腕を伸ばしてボールをキープ。さくら2号のキックから再開。
 転がした、結構転がっていった、中央あたりまで戻ったボールをアタコが押さえた、キャバリアとの間、ボールは逆サイドまで転がってアウト。トリニティのスローイン。、これはガルーが投げる、あれ、掴めていない、なんとボールを掴めないうちに前半戦修了。1-0、ガルーの弾道シュートが決まっての1-0で折り返しとなります。

 さてここで、Aクラスの決勝戦となります。

決勝
磯工GUARDIAN vs Summit

 幾多のKHR-3を葬っていたシュミットと、ガーディアンの対決です。
 シュミット、早速の連打で追い詰めて行くものの、連打の切れ目にガーディアンが反撃、軽々と飛ばして倒し、ダウンを奪う。
 リングぎりぎりまで追い詰められたガーディン、しかしシュミットは後ろを取って反撃に出る、これは有効打とはならず。ガーディアン背後に回り、シュミットも機敏に追いかける、しかしリング際ぎりぎりまで逃げて、切り返した所でシュミットを背中から倒し、ダウンを奪う。2-0。
 伸ばした腕がシュミットの体を挟み込む様に倒すものの、これは有効とはならず。しかし回り込もうとした動きを逆襲で倒し、2-1。
 走り回って稼ぐガーディアン、しかし攻撃レンジに入ってしまった、シュミットが連打を繰り出しかけた所で倒れ、これで2-2。
 リング際ぎりぎりを巧みに逃げるガーディアン、ほとんど踵がリング際にかかっているようなところを走り回り、シュミットのレンジを逃れ続けます。背後を取れるか、シュミットが連打に入った、止まった。
 シュミットが背後を取った。腕をぐるぐると前に突き出すような連続突きにガーディアンを巻き込んで、シュミットがガーディアンを沈め、これで3-2、シュミットの優勝となりました。

決勝
トリニティ vs RFCバンブー☆ブリッジII(後半)

 最終試合もすでに後半、残りは5分です。
 アタコのキックをガルーが蹴り返す、ボールはトリニティサイドに転がっていく、コーナー間近でさくら2号が倒れているが、逆サイドに転がったボールを宗0郎が取りに行った、ぎりぎりから腕を伸ばして、さくら2号がキープ、掴んで、つかみそこねたか、たぐり寄せた。もちあげた、思いっきり後方にボールを投げ飛ばし、操縦している吉田さんにぶつけてしまうさくら2号。
 さあ、コーナーから再開。これはバンブーのチャンス。アタコがポーズを取ってから大きくキック、しかしレンジ外に飛んでしまう。もう一回、さくら2号のキックインから再開です。キック、しかし宗0郎が止めた、クロムキッドとガルーの間をボールは抜けた、手繰り寄せてさくら2号、再びキープ。
 押されているが守りは堅い。しかし空ぶった、ちょっとまずい、これはまずい。ガルーがドリブルで切り抜けた、クロムキッドがボールを取るものの、体でブロックに入る竜鬼Ⅱ、アンテナを踏んだような恰好でクロムキッドを牽制する。
 ボールはゴールの前の前、ガルーが蹴った、竜鬼Ⅱがゴール前に立ちふさがって、ガルーの蹴ったボールを背中で弾き返していく、しかし転がったボールは、クロムの足下からガルーの足下へ、そしてキーパーの裏側へ! ここから軽く蹴ってボールはゴールへ、2点目が入った。
 アタコが転んだところに、頭にガルーのキックが入りフリーキック。アタコのキックでボールはゴール前へ、後ろに戻った、空白のエリアにボールが戻る、キーパーとアタコでぶつかりあってしまた、戻れないか、アタコがクロムキッドを牽制する、クロムキッド、電池が出てしまった様子。これで残り2秒、試合終了。
 2-0、トリニティが守り切りつつワンチャンスを生かし、2-0で優勝となりました。

 さあさあ、ここから最終試合。
 Bクラスの決勝戦となります。

決勝
MK09-G vs コガルー

 さあ、機敏な動きで勝ち進んできた両者の対決ですが、それにしても大きさがなんだかずいぶん違う。
 近づいていく、真横に構えた、両者の腕が交錯した、後方に回り込もうとする09、しかし後ろに回ったところをガルーに狙われて倒れる、屈んで攻撃を仕掛けるコガルー、旋回しつつ腕を繰り出す攻撃、しかし09も下がって躱していく、どちらも繰り出す攻撃が届いていかない。
 なんとここで09マトリックス回避、意外な防御が繰り出された、しかし通りすがりの所をひっくりかええされ2ダウン。
 2-0、中距離での睨み合い、ちょっと距離を空けた09、戻して突っ込んでいった、助走してのパンチ、しかし戻りに巻き込んだ攻撃はスリップ。起き上がれるか09、ちょっと不安定な感じだ。コガルーに躱した、倒れた09、動かない。立ち上がらない、何か調子がおかしい、まこさんが横に手を広げて、お手上げの仕草をしたところで、レフェリーのテンカウント終了。
 これでMK09は惜しくも準優勝。くままさんのコガルーが、Bクラスの優勝となりました。

 このあとは表彰式となります。

|

« ROBO-ONEフェスティバル観戦記【午後編2】 | トップページ | ROBO-ONEフェスティバル観戦記【表彰式】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/48441130

この記事へのトラックバック一覧です: ROBO-ONEフェスティバル観戦記【午後編3】:

« ROBO-ONEフェスティバル観戦記【午後編2】 | トップページ | ROBO-ONEフェスティバル観戦記【表彰式】 »