« エムブレムリローデッド#1(☆☆) | トップページ | 連休如律令(☆) »

2010.07.17

エムブレムリローデッド#2:チュートリアル(☆☆) 

ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~

 イメージを前のエントリからそのまま流用。マイユニットの話の続きをサルベージ成功したので。

 キャラクターを作ると、第一話の前に数話構成のチュートリアルに入ります。まあチュートリアルなので勿論操作や基礎戦術の説明なんですが、それだけに留まらず、ここだけで短いキャンペーンを構成しているのがなかなかのミソ。

 普通の第一話の段階で、マルスは部下を率いて遠征に出てくる事になるのですが、その遠征軍に参加している部下、つまり第一話の時点で使えるユニットには、前作「暗黒竜~」から引き続き登場するキャラクターと、ここから登場する全く新規のキャラクターが入り交じっています。
 ソシアルナイトのルークとロディのコンビなどなどが該当するのですが、チュートリアルモードは前日譚として、彼ら、そして主人公がアリティア軍に志願し、猛訓練を経てアリティアの正騎士となるまでの物語となっています。出身も身分もばらばらの彼らが訓練生のクラス分けで編成したチーム、その中で彼ら新人のリーダーとして頭角を現すのが、のちの新主人公、マイユニットである、と言う構成なわけですね。

 アリティアの騎士登用の訓練、と言う仕立てのため、戦術や訓練に並んで、座学として、前作にあたる暗黒戦争の歴史、そこに登場する国家や人間(それもかなりの人数)についての説明をかいつまんで行なってくれる、と言うのは、チュートリアルとしては、まあ普通といえば普通なのですが。
 ドーガやゴードンなど、前作から居るメンバーに比べ、いまひとつ「急にたくさん人数が出てきた」感のあった「紋章の謎」の初期登場人物達に、新主人公の同期の仲間、と言う位置付けが与えられたのは、正直嬉しいですね。マルスの仲間達と、新主人公の仲間達、と言う組み方が、なかなか嬉しいです。もっともこの雰囲気を引き継いでしまうせいか、第一話が始まっても「マルス=えらいひと」と言う図式がなかなか頭から抜けず、戦場から遠ざけてしまう=レベルが上がらない、なきらいはあるのですが。

 ちょっとプレイした段階ですが、操作まわりにちょっとはがゆいところはあるものの(持ち物メニューと倉庫メニューが分断していて使いづらいとか)、ぼちぼちと楽しんでいきたいと思います。

|

« エムブレムリローデッド#1(☆☆) | トップページ | 連休如律令(☆) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/48899262

この記事へのトラックバック一覧です: エムブレムリローデッド#2:チュートリアル(☆☆) :

« エムブレムリローデッド#1(☆☆) | トップページ | 連休如律令(☆) »