« 第十八回ROBO-ONE観戦記【二回戦】 | トップページ | 第十八回ROBO-ONE観戦記【準決勝~三位決定戦~決勝】 »

2010.08.30

第十八回ROBO-ONE観戦記【三回戦】

 さて、企業PRに引き続いて、すぐさま準々決勝三回戦。
 ベスト8による対戦です。

三回戦 第1試合
No.6 オムニしばたん(前田武志)
vs
No.195 クロムキッド(KUPAKUMA)

 三回戦。ここまで驀進するオムニしばたんは果たして止まるのか、クロムキッドとの対決になります。
 まずは軽快に近づいていくクロムキッド、リング中央を目指すしばたん、リング中央に陣取った、横へのパンチ、これに引っかかってクロム倒れますが、これはスリップ。レフェリーが分けた。
 ちょっと距離を置いてクロムが止まった、そして接近、投げの構えで誘う、しかしオムニは着々と接近して詰めていく。真横に掴んだ、伸ばした腕を掴んでクロムが思い切り体を伸ばす、がちッと何かがもげたような音がした。クロムキッド、振り回されますがしばたんの腕を離さない、投げきれずにブレイク。あっと、しばたん立ち上がりましたが、何かがあったのか、二度目のスリップから起き上がったところにタイムが入りました。
 1-0で調整に入る、なにか関節が外れたような状況。前田さんが、うつぶせのしばたんにのしかかり、体重をかける。ばきっと音がした。これで起き上がった。力業での緊急修理と言うていで、ほとんど整体、と言う声が解説から飛びます。
 試合再開、中央で仕掛けて、場を制圧するしばたん、クロムはくまなくリングを廻って引っ張り回す、真後ろを取った、しかし旋回して正面を向くしばたん、真横につっついた、クロムキッドには当たらない、真横に躱し、旋回しながら掴みに行く、しかし当たらなかった。クロム、スリップ。
 投げを先に打ち、相手の攻撃を待ち受ける構えのクロム、リング脇ぎりぎりを歩き回るクロムキッド、仕掛けかねるか、しばたん転倒、何かの破片がリングの外まで吹っ飛んだ残り10秒、クロムキッド距離を置く、リングサイドぎりぎりに立った、しばたんの攻撃のぎりぎりレンジ外、凌ぎ切ったクロムキッド、タイム1回のリードを守りきって、しばたんを凌ぎ切って1-0。クロムキッドの勝利となりました。

 試合終了とともにちょうちんが一個取れてしまったしばたん。「タイムで決まっちゃったのが大変惜しい試合でした。残念です」と前田さんでした。

三回戦 第2試合
No.546 ドカ はるお(ドカ プロジェクト)
vs
No.80 Cyclops-x(HiRossi)

 続いても巨人機が登場、ドカはるおに対するのはサイクロプスX。ドカの背後にはトコトコ丸のあみのさんも補佐についています。サイクロプス、さきほどの不調は直っているでしょうか。
 試合開始、まずは角度を変えて中央に陣取ったサイクロプス、しかしドカが迫ってくると躱していってしまう。リング脇へ徐々に後退するサイクロプスに対し、パンチを連打、これはどうやら腕がリングについた様子、これで1-0。
 サイクロプスがダウンを奪われた状態で再開、サイクロプス、しゃがんだ状態で真横へのパンチを連打、がちっとしゃがんでからのパンチを連打する、ドカはちょっと腕が短いのか、ドカの腕に、下からすくいあげたサイクロプスのパンチが綺麗に当たり、がちんがちんと金属音が鳴る。
 上から振り下ろして攻撃を仕掛けるドカ、サイクロプスは崩れない、若干外したところで、前にいるサイクロプスを、ドカが真後ろからがしがしと叩きますが、あっとこれはさすがに崩れた。後ろから叩かれて、サイクロプス、ダウン。これで2-0。
 サイクロプス果敢に接近していく、しゃがんで攻撃したところでサイクロプス倒れますがこれはスリップ。さきほどからドカが膝の前にサイクロプスを追いているような状況が続いています。連打するドカ、サイクロプス距離を取った。大きく離れ、再び接近する。残り10秒、前に崩れてスリップしたサイクロプス、起き上がりの最中に時間切れとなり、2-0。ドカはるおが勝利を収めました。

三回戦 第3試合
No.486 ガルー(kumama)
vs
No.79 Aerobattler MON☆(なぐ)

 さあ、続いても強烈なカードです。赤いロボット同士の対決、ガルーとモンスター、いずれ劣らぬ豪腕同士の対決ですよ。ちょっと試合前の調整などで、ガルーらしからぬ転び方をしているのが心配ではありますが。
 中央にまず寄っていった両者、かなり遠い間合いで睨み合う、モンスターもガルーも攻めていけないか、中央に詰めた、片足で飛び跳ねるような動きのガルー、モンスターの脚を抱えに行きますが、これは空転、ガルーもう一度投げを狙いに行く、両者背中合わせの体勢。あ、モンスターこの試合、腕のブレードの先から保護カバーを外している。カナダの国旗みたいな本気モードです。
 立ったところに腕を貰う、しかしガルー、よろけるが崩れなかった、モンスターの脚を抱え込みかかったガルー、これは持ち上がらなかった、崩れなかった。接近して投げを狙っていくガルー、しかし姿勢を復帰にかかった所を後頭部をつかれ、モンスターがガルーを押し崩す、これで1ダウン。
 接近しての猛攻をかがんで凌ぐモンスター、両者離れての指示、何かが飛んだ、ネジが落ちたか、離れるモンスターを追い詰めていくガルー、しかしダウンを奪われた。2-0。
 モンスターをガルーは掴みきれない、腕下をくぐったガルー、躱されていく、最後は立ち上がりかけたところに後ろから、モンスターが後頭部をえぐり、これが3ダウン目。モンスター、投げを完封しての勝利、3-0でモンスターの勝利となりました。

三回戦 第4試合
No.201 Frosty(FrostyDesign)
vs
No.13 Neutrino(飛騨神岡高校)

 さあ、三回戦も最終試合。フロスティとニュートリノ、これはまたカラーが全く違うロボット同士の対決です。フットワークのフロスティが決めていくか、ニュートリノが巻き込んで沈めるか。
 試合開始、ガシガシという足音とともに詰めていくニュートリノ、軽快に飛んだフロスティ、引き倒しの間合いをジャンプで躱す、大きくかがんで引き倒しを躱す、上からの腕を伸ばしてののしかかり、これも躱した、リング際で待つフロスティ、横に構えたニュートリノ、突きを繰り出しますが、これは回避。
 ニュートリノの技を大きく回避するフロスティ、掴みにいった腕を屈んで躱す、腕が頭上を通過していく、背後に回り込んだフロスティ、しゃがんだ状態から横に伸びる突き、これで膝裏をつついて崩し、1ダウンを奪う。
 掴みをかがんで回避するフロスティ、横突き、しかしこれはニュートリノ回避した、掴みをタイミングよくしゃがんで回避する、これはどうだ、後ろにあおれたニュートリノ、フロスティの攻撃と言う事でダウンを奪われる、これで2-0、正面からのぶつかりになった、フロスティに腕がヒットして、これが1ダウン、2-1。
 ……あっと、どうした、フロスティが起き上がれなくなった、逆立ち状態から復帰出来なくなり、これで、まさか、動けない。復帰できない。まさかのテンカウント、よっしゃあ! と言う声がニュートリノチームから飛ぶ。
「うっかりしてました」とフロスティデザインさんでした。

 これでベスト4が進出。3時20分まで休憩のあと、準決勝となります。

|

« 第十八回ROBO-ONE観戦記【二回戦】 | トップページ | 第十八回ROBO-ONE観戦記【準決勝~三位決定戦~決勝】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/49294619

この記事へのトラックバック一覧です: 第十八回ROBO-ONE観戦記【三回戦】:

« 第十八回ROBO-ONE観戦記【二回戦】 | トップページ | 第十八回ROBO-ONE観戦記【準決勝~三位決定戦~決勝】 »