« フューリアーズの伝説の誕生ローマ式(☆☆☆) | トップページ | ネジレビル(☆) »

2010.09.27

遙かなるフールの時代(☆)

ガフールの勇者たち9 「ガフール伝説」の誕生

 とりあえず9巻だけ読了。フクロウたちの神話の時代(もっとも、歴史時代の昔と言う雰囲気ですが)、賢王フールの時代に物語は遡ります。

 もっともこの巻の主人公は、フクロウ史上初のファイアキャッチャーとなったフールの師グランク。まだ世界には魔法が存在し、後世には絶え果てた邪悪な存在-- 黒フクロウ-- が徘徊していた時代の北の王国。
 ラース王とシブ王妃と、固い友情で結ばれた幼なじみであるグランクは、炎の中に見た不思議な力の正体を求めて北の大地へと旅立った。燃える石を巡る冒険を繰り広げている頃、国元には邪悪な陰が迫りつつあった……。と言うわけで、正統派ヒロイックファンタジーな感じの9巻。
 なかなか劇的なところで10巻に続く、になっており、気になる展開のところ。早く続きを読まなければでありまする。

 ソーシャルライブラリがメンテナンス中なので、こちらで記録なのでした。

|

« フューリアーズの伝説の誕生ローマ式(☆☆☆) | トップページ | ネジレビル(☆) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/49580069

この記事へのトラックバック一覧です: 遙かなるフールの時代(☆):

« フューリアーズの伝説の誕生ローマ式(☆☆☆) | トップページ | ネジレビル(☆) »