« キルフトン。(☆) | トップページ | あまりにもすごすぎる伝奇時代小説読破サイトさん。(☆☆☆☆) »

2011.01.27

ネクストグレートパワー機械。(☆☆☆)

リンク: 次世代携帯型エンタテインメントシステムを発表~究極のポータブルエンタテインメント体験を提供し、携帯ゲーム機市場の更なる拡大を目指す~ | プレイステーションR オフィシャルサイト.

 というわけで、だいぶ溜めがあったあと発表になりました、新型PSPことNGP。
 スペックを見ていると、おおむね予想を盛り込んだ恰好での正統進化、と言う感じですね。PSPのときも思いましたけども、任天堂が飛び道具的な新機軸を仕込んでいるのに比べると、ソニーは据え置き機のスペックをシュリンクして携帯機に落とし込んでいる感じですねー。

 それから暫く考えると、DSが登場当時さんざんこきおろされたタッチパネルの力でゲーム機のスタンダードの地位を勝ち取り、可搬式のメディアプレイヤーと言う位置をiphoneらアップル連合軍とandroid端末が奪い合っている中、ゲーム機でもあり可搬式プレイヤーとしても機能するPSPは、素性も狙いもかなり良かったにも関わらず、思いのほかの苦戦を強いられたのではないかと思います。
 NGPが二面タッチパネルを装備したのは、直接はスマートフォン対抗なのでしょうが、メディアにディスクメディアではなくカードメディアを選んだのは、UMDはやっぱりちょっとまずかった、と言う結論に辿り着いた、と言う解釈なんでしょうね。もっとも、ソニーは任天堂に比べると、下方互換性にもともとそんなにこだわっていないような(もしくはこだわりたくても状況がそれを許してくれない)気はするんですけどね。

 翻ってこのNGP、Wi-Fiと3G回線、GPSを装備し、二本のアナログパッドに傾き感知センサと電子コンパス。背面アナログパッドはさすがに本当にやったんだ、とびっくりしましたが、それ以外はおおむね正統進化と言うか、予想通りのスペックを埋め込んできた感じです。PS2.75くらいの性能はあるのではないかと。
 公式サイトを見ると、LiveAreaやNearと言ったサービスが目につきます。Liveareaは言うなればPSNと実績の公開を一緒にした、個人のNGPでの活動履歴を作ったNGPポータルみたいなもので、NearはDSで言うすれ違い通信に、セカイカメラ的なものと合体させたもの、みたいなものでしょうか。

 総じて、DSもPSPも前身となった機体のコンセプトをそのまま受け継いでいる気はしますね。3DSはゲーム機であると言う軸をしっかり持って、その上でに、常に携帯されるゲーム機、と言うコンセプトになっている。一方のNGPは携帯されるものが持ち得るゲーム機やメディアプレイヤーやナビシステムといった属性を、全て貪欲に取り込んでいこうとしている。それらを、新しく装備された各種の通信環境を生かして統合する事が上手くできれば、NGPは一台でなんでもできる、少なくともそう思ってわくわくする事が出来る、まさに万能の端末になるでしょうが、そこのところが上手く機能できなければ、単機能端末や、同じパイを奪い合う別の万能型端末と真っ向から勝負する羽目になってしまうでしょう。
 つまるところ、NGP単体よりも、NGPの背骨となるサービスと組み合わせた完成「系」がどういうものなのか。使い古された表現ですが、そこに全ては戻っていく気はします。してみると、同じタイミングで発表されたsuiteの方が、実は本命なのかも知れませんね……。

 いずれにせよ、近年久々のライバル同士の真っ向勝負(ちょっと時期はずれますが)。NGPのさらなる姿を、わくわくしながら待ちたいと思います。

|

« キルフトン。(☆) | トップページ | あまりにもすごすぎる伝奇時代小説読破サイトさん。(☆☆☆☆) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/50703761

この記事へのトラックバック一覧です: ネクストグレートパワー機械。(☆☆☆):

« キルフトン。(☆) | トップページ | あまりにもすごすぎる伝奇時代小説読破サイトさん。(☆☆☆☆) »