« チロルチョコロボット大会5観戦記【2m障害物ダッシュ】 | トップページ | チロルチョコロボット大会5観戦記【チョコゲッター】 »

2011.03.05

チロルチョコロボット大会5観戦記【チョコっとシューティング】

 アールティさんの広告タイムが続いている間、続いてはチョコっとシューティングとなります。
 いわゆるシューティング系競技。チロルチョコロボットが投擲物を投げ、制限時間内でどれだけのターゲットを倒せるかを競います。
 弾は全弾打ち尽くしたら再装填可能。三つの紙コップがターゲットで、三つ全てを倒したら、的のほうも補充される形となります。

No.2 ぽさ2号(向山)

 発射体の種類は自由、なのでカゴにいっぱいビー玉を入れて、的にばらまく散弾散布作戦で出たぽさ2号、ですが、到着前に弾を撃ちつくしてしまう、と言うか、転んでビー玉をぜんぶばらまききってしまう。
 ようやっと射撃位置に辿り着いてバラ巻いた、のですが、ターゲットである紙コップの位置がずれていたことがここで発覚。今のはなかったことになります。

 さあ、再開。ちょっと弾をこぼしながらも前進し、転んでバラ巻いた。散弾をぶつけて、まずは一個を倒しましたが、再装填したところで障害物に引っかかって巻いてしまう。とはいえ再攻撃、2個目を倒した。残り時間は1分を切っているがどうなるか。攻撃位置についてバラ巻いたが、三つめを倒しきれなかった。ちょっと勢いがなかったが。
 皆さんが総出で装填をしつつ、次々とバラ巻いていきます。ひあすら散弾を撃ちまくり、あたるを幸い薙ぎ倒す構え。2個、3個とビー玉は当たるのですが、軽い紙コップでもなかなか集中打が入らないと難しい、勢い良く倒れないといけませんね。これで5個目、しかし時間は1分を切った。倒した、これで6個目。三週目に入る。残り10秒で7個目、最後は時間ぎりぎりで散弾をバラ巻いたものの、ここで時間終了。結果は7個でした。

 転がりまくるビー玉に「弾を片付けて下さいねー」とコメント。あとなぜかネジが落ちていました。

No.3 プチロ(KEG)

 続いてプチロ、発射体、いきなり一発目で命中させてきた、なんと腕にロケットパンチ様のものが装備されています。アナログコントローラーで腕先を操作し、見事な狙いで命中率100%だ、最後の三つめの的、狙いますがこれはなかなか当たらない、外れてしまった。大きく体を動かして位置を取り、腕を微調整して狙っていきます。あっと、ちょっとホップしていってしまうか。なかなか続きが入っていきません。ちょっとホップしてしまっているか、なぜか外に倒れた紙コップに綺麗に当たります。
 さあ、ここで微調整。ロケットパンチは代わりがいっぱい有るみたいで、手元に玉を戻して装填します。紙コップが戻り再装填、あー、紙コップの曲面で、せっかくのロケットパンチがそれていっちゃうんですね。これは綺麗に行った、調子が上がってきた、二射連続の命中で6つ目。まだ1分40秒残している。ロケットパンチは先込めの装填、装填が早いのも有り難いですね。足下を狙う戦術に切り替えるも倒しきれない、7つめを狙いたいところ、同時発射だ! 両腕のパンチを同時に放って7つ目を獲った。残り10秒、終了寸前のストライクで8個目を獲った! スコアは8個でした。
 
No.4 三号(向山)

 続いて3号、腕先にカゴをつけており、その上に大きなテニスボールを載せて、それを頃褪せて落とす作戦のようです。ただこのテニスボールが、大きなボールなんですがなかなか当たらない。方向はいいのですが、あっと、玉が大きくなった。大きな玉を次々繰り出してきます。転がりがよくないのか、ゆっくりと転がっていく大きな発射体。二つ目を倒し、残りはコーナーの一つ。ここはきちんと狙っていかないといけないところですが。おっと、横に出てしまった、リングアウトですが戻した。障害物の後ろから投げつけてしまい玉が止まる。やや遠い的が残ってしまったせいで、倒すほどの勢いが得られないのか。玉は当たるまで行きましたが、倒す事ができなかった。途中で止まってしまうボールも。残り1個で苦戦している。あー、惜しい。角度はぎりぎりよかったのに、微妙に逸れてしまった。あと1分。あっと、ここで散弾戦術に切り替えた! だばー、とさっきのビー玉をバラ巻くが、これも有効打とはならなかった。通常のでかい玉に戻し再装填を待つ、再装填、しかし手前に倒れてぶちまけてしまった、暴発だ。最後は時間ぎりぎりにもう1回だっぱーとバラ巻いて、コーナーで粘っていた憎いあん畜生を見事に倒す! ナイスダッパー! の声が飛ぶ中、3個でクリアとなりました。

No.1 nano-11(ごーすと)

 改造しすぎてチロルの外装が外れてしまい、「さすがに外装だけは」と言う事でNGが。急遽外装を装備しなおし、外装の上にランチャーが装着されます。
 いきなり明後日の方に旋回してしまったナノ、この狭いスペースでの位置調整はちょっと苦手としているようです。転落、二度目も位置取りに失敗し転落してしまう、発射位置に辿り着こうとして、立ち入り禁止区域に入ってしまった。さあ、早く撃つ位置に辿り着きたいが。落ちてしまったが、射撃位置についた。
 ロボット上のレールの上からビー玉を落とし、ガイドでコントロールして命中させる、と言うスタイルです。これで一個目を落としますが、二個目をなかなか狙っていけない。
 おおー、長距離からストライクさせた。見事に二個目を倒す。位置取りを慎重に獲って、三つめを狙っていく、これはコースがずれてしまっている、微調整が難しい…… おっと、違う選手から神の手が入った。向山さんの手で移動して残り10秒、3つめを倒した。位置再調整をしているうちに時間終了、記録は3個となりました。

No.5 四号(向山)

 最後の登場は4号です。こちらも紙コップアームでの登場ですね。何を発射するつもりなんでしょう。まずはオレンジのテニスボール、勢いがつかない。続いてはビー玉、先程よりも弾幕はやや薄いですが、一度違うカゴに入れてのクイックリロード戦術で玉を猛烈にばらまきます。これで2つめ、角度を調整し装填、2度の散弾、当たらない。三回目、一つの玉がクリティカルヒットし、三つを落としました。
 さあ、ターゲットを並べ直して再装填、だっぱーとバラ巻きます。一個を初撃で倒しました。「だんだんと精度がよくなってきました」「精度なのかな」 散弾がバラバラバラ巻かれております。1個倒して、最後にひとつ、やはり対角線上のものが残った。スタート位置から乱撃を繰り返し、だんだんとカップ位置はずれていくのですが、倒すまでには至らない。散弾が一個、こん、と当たった。残り1個、残り1分。おおー、弾幕密度が高かった。これで3つめを倒した。
 並べ直して30秒前、しかし散弾乱射で倒したのは最後に倒したのと同じところ、これはペナルティ。時間ぎりぎりで最後の散乱ファイナルダッパー。これはハンデ適用あり、と言う事で、マイナス1として6個と言うスコアとなりました。

 これで1セット目が終了。
 続いて2セット目に入ります。皆さん散弾をやりすぎてちょっとお疲れムードです。

No.2 ぽさ2号(向山)

 ぽさ2号のトライ、一回目。散弾をバラ巻く戦術を継続し、1個目を倒す。流れた玉が残る二つのコップを揺らしますが、倒れない。スタート位置で玉を込め、ひたすら散布する戦術。右側のカップが倒れた、コーナーに1個残った鬼門の構え、上手く当たりません。綺麗に散らばる散弾がまるで紙コップをよけていくよう。残り1分、これが命中し、3つめを倒した。これで1巡しました。
 発射位置に位置を持っていくぽさ2号、30秒前、ちょっと位置取りに苦しんでいる様子。さあ、角度を取った。終了寸前に1回投網を投げ、これが当たって真ん中を倒し、4個。1回目と2回目でベストのスコアを取る、と言う事で、一回目の7個がスコアとなります。

No.3 プチロ(KEG)

 続いて登場は、ロケットパンチャー・プチロの二度目のトライ。障害物が踊り出しました。位置を取っていった。ファーストショット、かすって倒せない。二度目、これは綺麗なヒットで倒した。装填、連続発射で2個3個と倒した! これでいきなり1巡。
 最後に倒したのを確認し、最初の一発で倒した。4つめ、一発空振りしましたが、次は当てた、5つ。さらに充填直後の一発もストレートに当たり6つめ。
 さあ、並べ直し。3巡目、一発目は外したものの、二発目で真ん中を倒した。ダブルショットで左側を倒し、さらに右も両手同時攻撃で倒して9つ目。
 次のサイクルも真ん中から狙っていく、慎重な狙いで11個目。12個目を倒して4巡目、ダブルショットを打つもこれは外れ、左側を狙って同時射撃、これで13個。両手攻撃、これはしかし二つ残った丁度真ん中を抜けてしまった。右を狙う、これで14個目。
 さあ、5順目。残り10秒、ダブルショットで16個目を倒した、もう時間がない。終了。16個、さきほどの二倍と言う好スコアで終了となりました。

No.4 三号(向山)

 さあ、各種の玉を使う3号のトライ。大玉を転がしますが、一つ目ははずれ、二度目は大きな玉がコップの間を抜ける。テニスボールは当たり、これで1個目。おっと、また倒した。テニスボールがいいみたいですね。重いところがいいみたいです。真ん中に残った一個。これはなかなか狙っていけなくなった。いいコース、しかしわずかに脇だ。おお、真正面からようやくいった。これで3つ、2巡目に入ります。
 一回目は明後日の方向に転がってしまい、二度目は勢いがなかった。テニスボール、これは極めて惜しい。当たった、けど、これはさっきと同じコップだったので、お手つきとなってしまいます。
 ど真ん中と左にそれたところに行ってしまう、うまくいけないか。位置を再調整する三号、障害物の猫のロボットに邪魔をされつつ。倒した紙コップのところに集中攻撃が入ってしまう。ビー玉に切り替えた、これでまず1個目を倒した。残り30秒、猫にはじかれてしまうテニスボール。ラストに備えて最後のだばー、コースはかなり良かったが倒せなかった。記録は3個となりました。

No.1 nano-11(ごーすと)

 続いての登場はnano-11です。開始、今回はだいぶ小刻みがきくようになってきた。位置を調整し、ビー玉を一個ずつ投入して狙いを始めた。しかしまだ狙った通りに照準が出来てきていない。おお、高い位置からレールにそって転がす事で、うまく音合っていっています。ビー玉を一個ずつ頃がしているのですが、速度が乗っているので結構あっさりと倒す事が出来ています。
 あー、手前に転落してしまった。位置を上手く取れていかないナノ。大丈夫でしょうか。前後に位置取りをしていく。残り30秒、なぜか障害物にぶつかっていく、位置の調整がうまくいかない。これで終了、残念ながら2個の記録でした。

No.5 四号(向山)

 最後のトライは四号です。さあ、まずはテニスボール。これは速度がのらない。大きなボールも角度がずれてしまう、そして向こうまで届かない。戦術を変えて、ビー玉を一個ずつ入れて発射していっています。勢いは十分なので、当たれば十分あれで倒せるはず。あ、そうでもないか。当たったものの弾かれた。今度は2個一気に。一度は分散するものの、集中打が一個に当たってうまく倒せた。2つ目も二個が命中し、これで2個。2つ戦術を繰り返し、三つめを倒します。
 乱打から絞り込みで落としていきますが、4つめ、これはお手つきになってしまう。「さすがに疲れが見えますね」「30分くらいこれに費やしてますからね」と皆さん疲労の色が出てきたところですが、6つ目を倒して3巡目に。いきなり一個を倒します。残り30秒で8つめ。最後の1回、乱打戦術を最後に繰り出した! だっぱー、とバラまいたものの、ビー玉の一個が、こつん、と命中したところで、時間切れ。これでシューティング終了となりました。

 この競技、優勝はプチロでした。
 さて、このあとは最後の競技、チョコゲッターとなります。

|

« チロルチョコロボット大会5観戦記【2m障害物ダッシュ】 | トップページ | チロルチョコロボット大会5観戦記【チョコゲッター】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/51041212

この記事へのトラックバック一覧です: チロルチョコロボット大会5観戦記【チョコっとシューティング】:

« チロルチョコロボット大会5観戦記【2m障害物ダッシュ】 | トップページ | チロルチョコロボット大会5観戦記【チョコゲッター】 »