« 迷い込んだは黒塀横町。barBAR Tokyo(☆☆☆) | トップページ | 八時間弱世界半周その2・アメコミナイトスピンオフ編(☆☆☆) »

2011.04.24

八時間弱世界半周その1・ベルギー大使館編(☆☆☆)

2011042301

 いきなり当日、最もインパクトのあった画像からオープン!
 どうですかお客さん!(※トリミング以外の加工は行っておりません)

 さて、これだけでは何のことやらさっぱり判りませんが。
 どういうことかと言いますと、ベルギー大使館で行われました震災復興チャリティーイベントにお邪魔してきた、と言うわけなのです。
 観光局と一緒に行われるこのイベント、普段入る事のできない大使館を一般開放した上で。チョコレートやベルギービールなど、様々なベルギーの物産を紹介・販売する、と言う、チャリティー+ベルギー物産展、と言う装いだったわけなのです。
 入場料さえ払えば、ベルギーと縁もゆかりもない一般人でもベルギービールにありつける! てなことを聞きつけてこの男、朝っぱらから電車を乗り継いで麹町のベルギー大使館を目指します。

 当日はあいにくはっきりしない天気。その上朝一番と言う事もあり、なんだか他に人があんまりいなかったらどうしよう。ベルギーの歴史とか予習してきたほうがよかったんだろうか。ベルギービール目当てで来ましたとか言ったら完全アウェイムードでベルギーの人が気を悪くしないだろうか。なんてことをあれこれ心配していたのですが……。

2011042302

 ベルギー王国大使館。立派なビルです。
 行ってみたら杞憂でした。完全な杞憂でした。むしろ人があまりに多くて、うっかり怯んで帰ろうかと思ったくらい人でいっぱいでした。怖じ気づいたものの、このために来たのだし、と思い、入場料を払って受付をしてもらおうかと思ったら、受付に並んでたのが、冒頭にあった小便小僧ズ(ブルー&グリーン)と言うわけです。横にはベルギーの観光ガイドやベルギービール案内など、物販コーナーに相応しいいろいろなものが並んでいます。小便小僧もグッズなのかと思ったら、どうも非売品だったみたいです。
 それはともかく、かなり緊張がほぐれて受付。受付を済ませるとスマーフのピンバッジが貰えます。これを服のどこかにつけておくことで、入館証代わりになると言う仕組み。さすが大使館。やることがおしゃれです。チャリティの缶バッジを購入(いいデザインなんですよこれがまた)をして、会場の中をぶらぶら。
 輸入業者の皆さんがそれぞれブースを設けている感じで、ベルギーと言えば、と言う感じの、チョコレートやワッフルなどの販売(抹茶ワッフルを食べ損ねてしまったと言う)コーナーがあったり、タンタン関係のグッズや展示があったり。一番奥、生ハムとワイン(及びワインケース)のブースの前に大型モニタとテレビがあって、ベルギーの風景などを映し出しています。
 さて、その奥のエレベーター前ホールが、お楽しみの飲食スペース。ところでエレベーター脇には普通に大きな写真が壁に飾ってあって、見えるところに作品名とかの紹介文が張ってあったり(読めないのですが)と、ちょっと大使館の雰囲気みたいなのを感じつつ。それはともかく、ビールのコーナーは奥のブースです。わくわく。

2011042303

 ずらりこの迫力。手前はお持ち帰りのお土産用。奥はベルギービールの生ビールサーバーなのですうわーお。ちなみにビールは三種類あるのですが、とりあえず唯一ベルギービールで名前を知っていた(と言うか覚えていた)シメイを頂きます。
 そして横のブースには各種おつまみ類&甘いものなどが。ミートボールにヤギのチーズオリーブオイル漬け(これらも迷ったけど食べれば良かった……)にとありますが、ほかほかのフリッツを頂きます。横に大盛りになってるマヨネーズも盛りつけ放題。酸味のあるマヨネーズをたっぷりかけるのがベルギー流ということですが、混み合ってきてたので、ちょっとだけ。

2011042304

 前に入ったバーでオランダ風フライドポテトがすごい美味しかったので、フリッツを頼んだのですが、このシチュエーションでおいしくないわけがあるでしょうか。ほくほく。人で満杯になりすぎて、立錐の余地がなくなりつつあったのも頷けると言うものです。
 このホールの後ろは広い中庭。ここは庭園風になっています。

2011042305

 だいぶ混み合ってきたので、あとでこちらもお客さんに開放したらしく、中庭で楽しんでいる人もかなり見かけました。
 朝一にビールで思った以上に酔いが回った感じがしたのと、この日は一日中酒を飲む予定が入っている、と言うとんでもない日程だったため、大変残念ながらもう一杯だけで切り上げる事に。これが一番コクがありますよ、と伺い、一番左側のサーバから頂きました…… が、名前が出てこない。ううむむ。
 ともあれ、すごい人出だけど、この人達どこでイベントのことを知ったのかなあ、とか、そこかしこで挨拶が交わされているのを見て、ああ、これは大使館関係と観光とか商社の関係のつながりの人とかも多いのかな、とか。たぶんベルギー人だと思うお父さんが、ちっちゃいお嬢さんを片手でだっこしてにこやかに会場を闊歩してるのが、うわかっこいいなベルギーの人! とか思っていた次第でした。着物のお嬢さん(日本人)や、スキンヘッドのベルギーの人もいて、行き交う人を見ているだけでかなり楽しかったですよ。すっごい記念撮影してる方々などもいたりして。
 最後はコーヒーと、おまけについてきたチョコレート(ゴディバ!)を頂戴。クールダウンしたしたあと、帰り際にベルギー観光のパンフレットなどを貰いまして。それにしても、この日他に予定がなかったら思いっきりお土産買ってくのになあ。と、若干残念に思いつつ、大使館を出た次第でした。

 場合が場合なので、こういう趣旨のイベントは行われないに越した事はない、と思うものの。普通に大使館でお祭りなどがあったら、是非また行ってみたいですな。今度はきちんと鞄に若干の余裕を持たせてこう。

 そんなこんなで、小雨の麹町を出て、次は新宿に向かった自分です。

|

« 迷い込んだは黒塀横町。barBAR Tokyo(☆☆☆) | トップページ | 八時間弱世界半周その2・アメコミナイトスピンオフ編(☆☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/51482042

この記事へのトラックバック一覧です: 八時間弱世界半周その1・ベルギー大使館編(☆☆☆):

« 迷い込んだは黒塀横町。barBAR Tokyo(☆☆☆) | トップページ | 八時間弱世界半周その2・アメコミナイトスピンオフ編(☆☆☆) »