« ROBOT JAPAN 1st観戦記【フライ級・三位決定戦~決勝戦】 | トップページ | ROBOT JAPAN 1st観戦記【バンタム級・二回戦】 »

2011.04.11

ROBOT JAPAN 1st観戦記【バンタム級・一回戦】

 さて、午後の部13時から開幕!
 まずは築地GO!GO!GO!によるカンフーダンスの披露から再開。午後はフライ級に続いて、バンタム級の競技。16機からなる八組、第一試合から行われますよ。

一回戦 第1試合
ガルー vs 流血仮面

 さあ、しょっぱなから見せ場なカードからスタート。豪腕ガルーと、ショーファイター流血仮面の対決です。
 いきなり腰を振って観客席にアピールする流血仮面、背後を取ったガルー、抱え込んで後ろへと一気に放り投げた、ホールドどころか頭から放り投げ、落下させた流血仮面、うつぶせでもがいている、もがいているうちに、なんだ、頭が取れてしまった!
 ここでタマオ総統、タオルを投入。タンカで連れ去られる、もとい連れて行かれる流血仮面、これで試合終了となります。

「めっちゃ日本語じゃないですか」 タマオ総統を上手くつつくきつつきさん。さすがはプロです。

一回戦 第2試合
ザウラー vs モンギローニ

 さあ、気を取り直していきましょう。ザウラーと対決するのはモンギローニ、GR2さんの新型ですね。これはかなり大型ながら、肘構造が独特な機体です。屈みこみ下から独特の腕でめくり上げる攻撃を放つモンギローニ、ザウラーは軽快な動きで回り込み、攻撃のチャンスを伺います、尻をすくいかけられますが、ザウラーはこれは凌いだ。
 両者絡んだ、投げ合い、しかし両者ともにスリップ。分けて再開。攻撃モーションは両者似通っていますね、下からめくり上げる攻撃、あっと、モンギローニが新手。これは突っ張りだ。両腕で着きだして突撃する突っ張りでモンギローニがダウンを奪った。
 中距離、横向きでの突き合い、腕先を下から掬い上げてザウラーがひっくり返された、ザウラー追い込まれた、これはかなり低い、真下から持ち上げる一撃、これで一気に3ダウン、ザウラーを一気に追い込んでモンギローニが勝利を収めました。

一回戦 第3試合
ルカヌス vs Cavalier

 続いての登場はルカヌス、胴が横にずれる独特な構造を持った大型ロボットです。モンスター胴と言えばいいでしょうか。対するキャバリアは大きな脚と突起の多い腕のロボット。似通った形状を持つ大型要請ロボット同士の対決です。
 横から接近するキャバリエ、ややまだ遠いか、キャバリエが積極的に仕掛けている、真横で向きをぶつけあう、腕で引っかけて引き寄せ倒すが、これはダウンとならず。起き上がったルカヌス、やや距離を開いた。開いて突撃し、姿勢を崩したところにキャバリアが胴へ一撃、これが1ダウン。
 かなり大きくのしかかるルカヌスですが、キャバリアを崩し綺麗な井、これは入った。背中から狙ったルカヌス、キャバリアが浮いたところを尻から持ち上げダウンを奪う。距離を開いて再開、突っ込んでルカヌスが下からさらに掬い上げ、2ダウンを重ねて奪う。
 やや遠い間合いで睨み合い、横向き、移動しながら腕を突き出す構えのルカヌス、キャバリア詰めた、追い詰めた、足首への攻撃、ルカヌス凌いだ。キャバリアも逆襲に遭い、体が浮きかけるが持ちこたえる。膝下に入った一撃、凌いだ、キャバリアなおも凌いだが、持ちこたえた体が浮いて、リング下まで飛んでいった! スリップからリングアウトに転じ、これで3ダウン。ルカヌス、強豪キャバリアを制して勝利を収めました。

一回戦 第4試合
BLACK TIGER NEO vs クロムキッド

 続いてはブラックタイガーネオとクロムキッドの対決。IKETOMさんがコントローラーを持っていない、と言う事は、自律でファイトですね。
 前に出たブラックタイガー、索敵動作を開始しています。クロムキドは…… あれ、大丈夫でしょうか。どうしたんでしょう。足首が弱い、スリップしてしまう。クロムキッドがタイム、IKETOMさんがブラックタイガーを停めます。クロム、ちょっと膝のあたりも見ていますね。ちょっと背中のほうから調子を見ています。うーん、動いてほしい。動いて欲しいですが。お、できないみたいです…… 残念、クロムキッド復帰ならず。棄権によりブラックタイガーの勝利となりました。

一回戦 第5試合
G・サアガ vs 黒鵜

 さあ出てきました! なんでも投げる起重機豆タンクサアガ、対するは黒いフレームの大型ロボット・黒鵜。上背で言うと二倍近い差がありますが。
 一気に突っ込むサアガ、黒鵜間合いぎりぎりで逃げた、足首をそして掴んだ、投げた! 持ち上げて頭から叩きつけたサアガ、一方の黒鵜も横に大きく引っ張るような投げ、これはなんだ、サアガ、脚を掴んで一気に肩の上を一回転させた、黒鵜が浮いた! 完全に浮いた! 頭から叩きつけて2ダウン。さらに貪欲に掴みに行くサアガ、しかしこれはバランスを崩しきれず離す、最後は突撃して交錯、背中から回り込んだサアガ、背後を取ったところから腰を捻って裏拳を放ち、背中を捉えて薙ぎ払う、これで3-0、サアガ圧倒的な破壊力を見せてストレート勝ちとなりました。

一回戦 第6試合
フロスティ vs で・か~る

 続いてはフロスティ、対するはで・か~る。あれ、フロスティは棄権となり、で・か~るの勝利となりました。「テンション上げていきましょうと言った次の瞬間に棄権……」ときつつきさんでした。

一回戦 第7試合
Aerobattler PENTO vs ガーゴイルミニ

 続いてはぺんと登場! お子さんがコントローラー持ってきてますよ。かわいいなあ。そしてどこがミニなのかと言う突っ込みももはや意味を為さない、超重ガーゴイルの登場です。
 さあ開始、なにやら妙な恰好で突っ込むぺんと、スリップダウン。起き上がった。あれ、反対に倒れてしまった。ぺんと大丈夫でしょうか。かなり、この、なんとも言えない恰好で腰が90度捻った恰好で突っ込んで行くぺんと。ガーゴイルは攻撃を…… あ、あれ。ガーゴイルのタイム、ここでガーゴイル側のタイムです。脚がおかしいんでしょうか。
 さあ、距離を置いて再開。ぺんと、詰めた、脚の間にひっかけたが、ダウンまでは結びつかなかった。両者距離を置いた、ぺんと詰めた、ガーゴイルの横薙ぎをぎりぎりで躱す、ガーゴイル、次々横薙ぎを繰り出しますが、ぺんとの間合いよりはやや遠い、ぺんとも決めてを繰り出せません。ぶつけあい、ガーゴイル、密着を嫌って離れた、横突き、いや、戻りに巻き込んで引き倒した。これで1-1。
 ぺんと起き上がれるか。起き上がった。背後へパンチを放つガーゴイル、ようやく捉えた。ぺんとの腰をぐいっと押してダウンを奪う、リング脇ぎりぎり、打丈夫か、薙ぎ払うガーゴイル、ぺんともかなり重い、突き愛、ぺんと、リング脇ぎりぎり。腕が絡み合った、小脇にかかえたような姿勢から脱力して分ける。
 2-1、さあ再開、真正面からの横突き、しかし攻撃したガーゴイルが押し戻されてしまう。かなり派手にがしゃんと言う突きが入るが崩れない、ガーゴイル回り込んで、掴んだ、しかし離した。ぺんと暴走しリングアウト、ぐしゃって音がした。かなり派手な音がして落下しました。
 ガーゴイルミニ、ぺんとを制し、勝利を収めました。

一回戦 第8試合
JOKER vs ファントムⅢ

 さあ、一回戦最後の試合。両腕をかなり大きな盾型にしつらえたジョーカー、対するはいよいよ登場、正当派ファントムⅢの勝負です。
 さあ開始、まずは真横を取ったジョーカー、ファントム、突撃を躱した。動きがいいぞ。背後を狙いに行くファントム、掴みに入ったがジョーカーは外した、起き上がれるか、ちょっと焦りましたがファントム復帰。攻撃の位置を狙いに行く、一方のジョーカーもやや距離を開き、盾をかざしながら突っ込んで行く構え。ファントム、細かく震動しながら姿勢を崩す投げなんでしょうか。姿勢を落とし、盾を広げて打撃を凌ぐジョーカー。ファントムに横から突っ込んでダウンを奪う。
 1-0、中距離からの牽制合戦、ファントム、腕を伸ばして背中に絡めたが、これはレフェリーが分けた。やや離れている、ファントム詰めた、盾を翳して突っ込むジョーカー、ファントムは屈んで凌ぐ、近づかれるとまずい。2ダウンを奪われる。離れたジョーカー、ファントムは投げを空打ちしてしまう。間合いを取って時間を稼ぎに出ているか、やや距離を取るジョーカー、ここで時間切れ。2-0でジョーカーの勝利となりました。

 続いては休憩のあと、二回戦となります。

|

« ROBOT JAPAN 1st観戦記【フライ級・三位決定戦~決勝戦】 | トップページ | ROBOT JAPAN 1st観戦記【バンタム級・二回戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/51365502

この記事へのトラックバック一覧です: ROBOT JAPAN 1st観戦記【バンタム級・一回戦】:

« ROBOT JAPAN 1st観戦記【フライ級・三位決定戦~決勝戦】 | トップページ | ROBOT JAPAN 1st観戦記【バンタム級・二回戦】 »