« ROBOT JAPAN 1st観戦記【バンタム級・一回戦】 | トップページ | ROBOT JAPAN 1st観戦記【一発芸大会・その2】 »

2011.04.11

ROBOT JAPAN 1st観戦記【バンタム級・二回戦】

 さてさて、ちょっと休憩のあと二回戦ですよ。

 その前にロボットダンス。レトロ風な外装のKHR-3がステージ上に。チップチューンな感じのピコピコキュートな音楽に合わせて、ロボットダンスですよ。なめらかに動けるロボットが、故意にロボットっぽいダンスって言うのも面白いですよね。
 ああ、なるほど。腕立てや片足屈伸をダンスに組み込んで見せるわけですね。これはおいしいなあ。観客席の皆さんの大喜びです。

 さて、続いては二回戦4試合に戻ります。

二回戦 第1試合
ガルー vs モンギローニ

 二回戦の緒戦、これはかなりのパワーロボット対決。ガルーとモンギローニがまずは激突します。
 最初にガルー、横を向いた、モンギローニが接近、いったん離れる。足首から投げを打つ構えのガルー、モンギローニは胸板を着く突っ張りですが、ガルーはしゃがんで打点を躱した。
 スリップから分けて再開、足首から持ち上げる投げをモンギローニ、狭い間合いで叩き合い、両者どちらもまだ有効打は入れられていない、ちょっと離れた、モンギローニ、攻撃の腕が崩れた。スリップ。
 ガルーが踏み込むが、モンギローニがやや前に躱した、これはどうだ、モンギローニ、ガルーを崩しきれずにスリップ。両者かなりの押し合い、ややガルーが攻撃を抑え目。膝にからめた、これもスリップか。うーん、膝下に腕が引っかかるのですが、なかなかスコアに結びつかない。
 ちょっと睨み合い、離れた間合い、引っかけた、ガルーの爪が引っかけて引き戻し、崩しそこねかけますが、棒立ちから横に倒れてモンギローニ崩れ、これでダウン。
 1-0、ガルー優勢となった。距離をやや開いた、モンギローニの横突き、絡まったがこれはスリップ。カウントが入りにくい試合となってきた、似たような攻撃モーション同士だけに、潰し合いになってしまうようです。
 残り20秒、このまま押し着るか、モンギローニ突っ張りに切り替えてダウンを奪った、1-1で時間切れ。これで時間切れに突入します。

 メンテナンスタイムに入りました。両者バッテリー交換に入ります。ガルーの足首が…… うーん、ちょっと調子に不安がありますか。メンテタイム終了、再開です。
 サドンデスルール。開始、ガルー、膝が。膝がまずい。開始直後にへたれてしまった。起き上がった、膝が不安だがとにかく起き上がった。あー、スリップ。倒れてしまった。起き上がっている。まだいける。両突きを繰り出すモンギローニ、しかしガルー、足首に爪を引っかけた! ガルー、モンギローニの足首を捻って倒し、これでダウン! ガルー、足首のダメージを押し切っての勝利。モンギローニのデビュー戦はガルーを延長まで苦しめましたが、ガルーの勝利となりました。

二回戦 第2試合
ルカヌス vs BLACK TIGER NEO

 さあ、続いてはキャバリアとの城塞対決を制したルカヌスに、クロムキッドまさかの棄権で自律の本懐をまだ出してはいないブラックタイガー。
 さあ、ブラックタイガー、自律の構え、しかしサーチの死角から入ったルカヌスが背後から一発、起き上がった、ブラックタイガー、再びサーチに入る、ルカヌスの上からの攻撃にはさすがに対応しきれない。これで2ダウン。ルカヌス、慎重に近づいていく、距離を詰めた。ルカヌスを見つけて横突き、膝に引っかけるような付き、脚に腕が絡まったままとなっていましたが、起き上がった。腕先に絡まるが凌いだ。再開、しかしブラックタイガー棒立ちになってしまっている、どうした。ルカヌス胸板に一撃、これで3-0。ブラックタイガー、ルカヌスの前に沈み、ルカヌスの勝利となりました。

「次回セカンドも頑張って下さい」
「一発芸もやりますので」
「一発芸を! ……断る事はできませんか!」 

 なぜか出番を取られそうになっているIKETOMさんです。

二回戦 第3試合
G・サアガ vs で・か~る

 さあさあ、情け無用のサアガに対するは、これが緒戦となるで・かーる。
 まずはいつものように折れ曲がったでかーる、しかしダッシュに真っ正面から突っ込んだサアガ、掴みかけますが、これは掴みきれなかった。スリップ、これはどうだ、折れ曲がったまま一生懸命に起き上がりをかけるでかーるですが、前に後ろに折れ曲がりますが起き上がれない、タイムを申請。2分間のタイムの間に、道楽、さんがバックヤードに走ります。戻ってきた道楽、さんと、イガアさんも一緒に巻き込んで配線の修理を行います。なんだか線が切れちゃったか抜けちゃったかしたみたいですね。
 修復作業が行われている間に、観客席にインタビューのマイクが廻ります。その間、くままさんに吉田さんまで登場して突貫工事の勢い。まだ1分あります。インタビューする人する人、関係者ばっかりなんだろうか、と観客席インタビューに廻ったきつつきさんが困っている。、「どうしてロボットを……」「小熊の母です」「2分です!」 小林レフェリーのフォローで試合再開。
 でかーる、折れ曲がっての走りを次々と繰り出す。お、きちんと起き上がってますね、曲がってのダッシュに入りかけたところを、駆け込んできたサアガの一撃で沈んだ、さらに再開、走ったところに真正面からサアガ突っ込んだ、かがんで突っ込み正面からの押し合い。掴んだ、持ち上げた、浮いた、そして頭上から叩きつけた! 完全に相手が宙に浮くあの投げ技で3ダウン、これでサアガがで・か~るを沈めました。

二回戦 第4試合
ガーゴイルミニ vs JOKER

 さあ、かなり体格差のある最後の試合、ジョーカーとガーゴイル。
 屈んで凌ぐ構えのジョカーに、大きく横からのしかかって薙ぎ払う構えのガーゴイル。頭をつかんだ、しかし倒れなかったm、足首をすくいに言った、スピンするがgじょーカー凌いだ、懐に入られたくないガーゴイル、しかしかなりの大股でジョーカーが追いすがる、背中から倒して1ダウン。
 1-0、ジョーカー、やや距離を開いた。前を取って屈んだ、ちょっと距離を開いた。ジョーカーはやや開いた構え、寄っていった、カウンターだ。ジョーカーが押し戻して倒し、これで1-1。
 さあ、ちょっとまだ遠い。ガーゴイル詰めた、動かない睨み合いだ。リング脇、ジョーカー危ない。ガーゴイルは突き、しかし間合いぎりぎりで外れた、突っ込んだジョーカー、密着した。落として構える。置き上がりを狙うガーゴイル、これはスリップ。ちょっと下半身が危ないか、タイム。タイム申請だ。これで2-1になった。
 ジョーカーがカウント有利。ガーゴイルのタイムですがジョーカーも調整。やや遠い、ジョーカーは遠くで構えている、ガーゴイルから中距離、攻めにくい。しゃがんだところの頭上にガーゴイルが一撃、しかし突きは中空を抜けて、これで1-2、ダウン差を守り、ジョーカーの勝利となりました。

 さて、これで二回戦はすべて終了。このあとは準決勝となります。
 準決勝、ここからはリングアナによる呼び込みが行われます。ガルーは膝のダメージが気になりますが、もう大丈夫なんでしょうか。あ、大丈夫そうですね。で・かーるの修理に来てたくらいですから大丈夫でしょう。

準決勝 第1試合
ガルー vs ルカヌス

 さあ、開始。まずは横に構えるガルー、いや、大丈夫か。膝の動きがやはりおかしい、それでもルカヌスの膝裏に腕を引っかけ、立ったままの姿勢で持ち上げて転がした。1ダウン、これで1-0。
 ルカヌス、やや広い間合い。腕先を繰り出す。ガルーの控えた腕に引っかかり倒れるが、これはスリップ。今度は入った、ルカヌスの伸ばした腕がガルーの肘のあたりに入って吹っ飛ばした、コレで1-1。ガルー、横突きが外れた。ルカヌス、攻撃の戻りを見逃さず一撃、時間差で崩れてガルーが2ダウン。しかしルカヌスがかがんだところに、膝下から強引にめくり上げて2ダウン、ルカヌス。これで2-2。
 さあ、やや離れたところ、ガルーが詰めた、ルカヌスと横突きのぶつけあい、これはどうだ。胸板をやや逸れた一撃で両者スリップ、ルカヌスは左右にフットワークを取り、ガルーは慎重に待ち構える構え。あまり歩くのを嫌っているのか、後ろから着いた瑠関数、これは姿勢を崩した。スリップ。足首ぎりぎりを狙ったガルー、ルカヌスを崩せない、しゃがんで躱す、起き上がった拍子に飛んでしまうガル-。足首の狙い合いで位置が入れ替わり、これで時間切れ。2分間の延長戦となります。
 ガルー、再びの延長戦となりました。

 ガルーはバッテリーを交換。一方のルカヌスはかなり慎重に調整を行っています。さあ、再開。うーん、ガルーの膝はやはりおかしい感じ。横突き御ヌチ合い、しゃがんでガルー凌ぐ、ルカヌスが位置を取った横突き、しかしお互いに位置を躱しあう。これは、ルカヌス、ガルーが移動しかかったところを狙って足首に一撃、やや体が浮きかけたところに一撃を貰い、姿勢を崩してそのまま前のめりに。ここでサドンデス、試合終了。ガルー、ルカヌスの前に沈みました。

準決勝 第2試合
G・サアガ vs JOKER

 さて、ここまで圧倒的なパワーで勝利を収めてきたサアガ、対するは試合巧者ぶりを見せてきたジョーカー。この勝負はどうなりますでしょうか。
 真横に取ったサアガ、ほとんど密着する距離で攻めて行く、おっと、高速で移動しての位置の取り合いから、ジョーカーがリングの縁から落下してしまった。これでリングアウト、1ダウン。
 これはどうした、おかしな感じだ。あ、盾がもげてしまっている。肩か。肩がやられているみたいですね。これは落下でかなりの損害を受けてしまったようだ。とりあえずビニールテープで補強。「いまビニールテープを…… 巻き始めたーッ!」 ハイテンションで修理の状況が実況されています。
 さあ、再開です。機敏に突っ込むサアガ、やや攻め口が慎重になったジョーカー、盾を突き出す攻撃を繰り出しますが、サアガを間合いに捉えられない。高速で離れて突っ込むサアガ、相手の足下を掬い上げて一回転させた、1ダウン。
 裏拳、しかしこれを躱すジョーカー、回り込む、ワンツー、巧みな回避を見せるジョーカー、しかし背後を見せたところを突き倒され、これでジョーカー、3ダウン。
 負けはしましたが、サアガに投げを出させなかったジョーカー。惜しい敗退となりました。

 さて、これで決勝戦。の前に、一発芸コンテストの続きとなりますよ。

|

« ROBOT JAPAN 1st観戦記【バンタム級・一回戦】 | トップページ | ROBOT JAPAN 1st観戦記【一発芸大会・その2】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/51365526

この記事へのトラックバック一覧です: ROBOT JAPAN 1st観戦記【バンタム級・二回戦】:

« ROBOT JAPAN 1st観戦記【バンタム級・一回戦】 | トップページ | ROBOT JAPAN 1st観戦記【一発芸大会・その2】 »