« 名探偵のいない街、因果のドミノはどこまでも貰い事故(☆☆☆) | トップページ | 6月 の読書記録(☆) »

2011.06.30

ヴィレッジブックス近刊すごい。(☆☆☆)

 いやもちろん、DC大辞典みたいな例もあるわけですし出るって決まったわけでもないですが。ですが。
 ソー:マイティアベンジャーを買ってきて、挟まっていた近刊予定を見て、さすがにうあおえうあー!? となりました。

 まずマーヴルがこう。

NEW AVENGERS : SENTRY (7月)
NEW AVENGERS : COLLECTIVE
CIVIL WAR

 WARが夏だって言ってたけど、うわーいわーい!
 さらに冬にはなんとこいつが。

MARVEL ZONBIES

 今冬邦訳決定! って、いいのかいいんですかコレ。折角映画でファンになってくれた層をドン引きさせちまうんじゃないんですか。ほんとにもう。

 ちなみにDCコミックスも、グリーンランタン:シークレットオリジンが映画併せで。
 そしてさらに、名前は聞いた事があるけれど一度も読んだことのない、あのインフィニット・オブ・クライシス・アースまでもとうとう登場。またDCユニバースが再構築されるわけですし、ある種タイムリーになりそうな感じはありますね……。

 と言う訳で、非常に興奮しちゃった近刊予定でありました。本の内容そのものはまたのちのち。

|

« 名探偵のいない街、因果のドミノはどこまでも貰い事故(☆☆☆) | トップページ | 6月 の読書記録(☆) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

『セントリー』はニュー・アヴェンジャーズの続きなんだ。
ジェイ・リーのミニシリーズかと一瞬思った。
マーベルはちゃんと『シヴィル・ウォー』に向かってくんだね。偉い。

DCは『インフィニット・オブ・クライシス・アース』からの『インフィニティ・クライシス』。
からの『シネストロ・コァ・ウォ−』と見ています。
DCは踏まなきゃいけない段階が多いなあ…。

あと、今回のDCユニヴァースのリブートと、『クライシス』の邦訳はタイムリーというより、むしろ逆かも。

投稿: キャプテン | 2011.07.06 01:13

 やるだろうやるだろうとは思っていましたけど、確定するとやっぱり嬉しいですねシビルウォー。実際に読めると思うとわくわくします。

 DCが踏まなきゃいけない段階が多いのは、それだけ執念深くストーリーラインがつながっている証左なんでしょうね。ゆえにとっつきにくくなってしまっている面もあって、それがばっさり系映画設定につながっていくんでしょうけども……。

 クライシス、そうか。リセットされた設定がさらにリセットされちゃってるんですもんね。

「このクライシスでDCの設定は一回リセットされて整理されたんだよ」
「なるほどじゃあ今の設定はポストクライシスってわけですね」
「いやつい最近ももう一回リセットされててですね」
「どういうことー!?」

 みたいなことになりがちなのかも。なんとなく納得です。

投稿: sn@散財 | 2011.07.06 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/52086616

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィレッジブックス近刊すごい。(☆☆☆):

« 名探偵のいない街、因果のドミノはどこまでも貰い事故(☆☆☆) | トップページ | 6月 の読書記録(☆) »