« 神田の町は夏を待つ。(☆) | トップページ | evernoteをくふうしたい:いきなり自動アップロード(☆☆☆) »

2011.07.04

PS3 bluetoothワイヤレスキーボード (ポインティングデバイス付き)(☆☆☆☆)

2011070401

リンク: ワイヤレスキーボード | プレイステーションR オフィシャルサイト.

 数ヶ月前にいきなり発表になって、それからかなり欲しくなっていたPS3ワイヤレスキーボード。ようやく発売になったのを知り、いそいそと入手して参りました。まずは使用感などやれそれと。
 ちなみに価格はビックカメラで4,000円強くらいでした。

 さてこのキーボード、PS3ワイヤレスキーボードと銘打たれていますが、PS3のコントローラー系周辺機器がすべてそうであるようにbluetoothで接続しています。
 標準2.1+EDR準拠、プロファイルはHID。つまりパソコンがbluetoothに対応していれば、PC用のワイヤレスキーボードとしても使える、と言うことなんですね。もちろん理屈の上ではwiiでもスマートフォンでも使えるはずなので、そのへんはおいおい試してみるとしまして。
 外観は樹脂製ながら、幅広のキーボードはタイルのようでなかなかの質感。ただしストロークはだいぶ浅く、打った感じ、と言うのはちょっと厳しいものがあります。ちなみに横のラインを見るとややカーブしてますけども、実際には奥行きのところに電池ケースがあり、そこでどっしりと床面にくっつくようになっています。なので安定性は問題なし。ただし見ての通り、パームレストはありません。

2011070402

 中身はこんなかんじです。
 トラックポイント様の、いわゆるスティックタイプのポインティングデバイスがキーの真ん中にあり、右左クリックボタンがスペースキーの手前にあります。ボタンは2ボタン式でセンターボタンはありません。このへんはちょっと残念。ちなみにテンキーもなく、PrtSc・Insert・Deleteキーのみエンターの上にあります。あとBSも。

 特殊キーは、一番手前にあるPSキーと、ウィンドウズキーの位置にある◇マークのついたキー。PSキーは、PS3と接続している時は本体の電源を入れることのできるボタン。PCと接続している時は、キーボードそのものの電源を長押しでオンオフするボタンのようです。
 ちなみに一定時間操作していないとキーボードの電源はひとりでに落ちますが、そんな場合はPSボタンを長押ししておけば本体側から再接続してくれます。PCの場合でもそんな挙動していますね。
 ちなみに◇キーは、普通にウィンドウズキーとして機能していました。

2011070403

 キーの上に×や○が印刷されているのは、Fnキーとの組み合わせでPS3コントローラと同じ入力ができるようにしてあるため。全キーをフォローしているので、根性さえあればフルコントロールも一応できます。
 Fnキーの機能としてはコントローラーエミュレートがメインで、音量や輝度など、普通ありそうな機能は対応していないようです。
 ちなみに、ペアリングもFn+Insertで行います(PAIRNGの文字が印刷されています)。ペアリングの際は、機器側をペアリング登録待ちにして、キーボード側もペアリングモードにしたあと、画面に出るコードをキーボードで入力して登録するかっこう。PS3で登録した時は一回でうまくいったんですけど、PCでやったときはちょっと引っかかりました。多分、キータッチしたつもりで叩いてなかったんでしょうね。

2011070404

 裏側。電池のフタを外しています。使用するのは単三電池x2。最初から付属しているので便利です。

 さて普通に一日くらい使ってみた感じのこのキーボードですが、PCとの接続は問題ありませんでした。キーボード+スティックポイントも普通に稼働しており、これ一つでマウス+キーボードの役割をきっちり果たしてくれています。PS3に接続した場合は、ブラウザなど以外ではカーソルは出ませんが、スティックを押す事でXMDバーを上下左右に操作できます。ちょっとこつがいる気はしますが、これはなかなか。スティックポイントも換えのゴムこそついていませんが、表面は凹凸がついており、指がすべりにくくなっています。

 ちょっと使っていて気になった点が二つあるのですが、一つはマルチペアリング非対応であるらしいというところ。これはつまりどういうことかと言うと、二つ以上の機器で使いまわすのが面倒、と言うことです。一回PS3にペアリングして使ってあと、PCで新しくペアリングして使ったら、またPS3で使うには再ペアリングしてやらないといけない。僕はもともとPCのキーボードとして使うつもりで買ってきたのでそれほどの問題はないんですが、PS3と普通のPCで兼用しようとか、はたまたスマートホンの外付けキーボードとして使おうと言う方は、ちょっとこのへん留意が必要だと思います。

 もう一つは、キーが偏平なのに、どうやらセンサ部分は狭いのか、キーの真ん中あたりをしっかりタイプしてやらないと入力がうまく入ってくれない事があること。さっきのペアリング失敗はこのへんが原因なんじゃないないかなと思います。落ち着いてタイプしているぶんには構わないんですけど、急ぎでがーっと打ってる時は結構飛ぶんですよね……。

 そんなこんなで気になる点もありますが、実売4,000円かそこいらで、スティックポイントのついたbluetoothのワイヤレスキーボードが手に入る、と言うのは、これちょっとした奇跡です。このタイプの一体型はワイヤレスにせよそうでないにせよ、それなりのお値段がするものが多いだけに。当面使い道はなくとも、押さえて置く価値は十二分にあるかと思います。なにより、bluetoothで使い潰しが効く、と言うところが嬉しいですよね。ホームサーバマシンを離れたところからコントロールする、みたいな、そんな用途にも非常に適していると思います。

 そんなかんじで。衝動で買ったけど非常に満足した、そんなPS3ワイヤレスキーボードでありました。これは、見かけたらぜひ。

|

« 神田の町は夏を待つ。(☆) | トップページ | evernoteをくふうしたい:いきなり自動アップロード(☆☆☆) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

Hello, I am in the US and trying to buy one of these keyboards. Can you point me to a site where I can buy one?

投稿: Equityval | 2013.01.05 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/52123207

この記事へのトラックバック一覧です: PS3 bluetoothワイヤレスキーボード (ポインティングデバイス付き)(☆☆☆☆):

« 神田の町は夏を待つ。(☆) | トップページ | evernoteをくふうしたい:いきなり自動アップロード(☆☆☆) »