« ROBOT JAPAN 2nd観戦記【ブラックリスター2製作発表・一発芸】 | トップページ | ROBOT JAPAN 2nd観戦記【ダンスコンテスト】 »

2011.08.21

ROBOT JAPAN 2nd観戦記【フライ級/バンタム級・三位決定戦/決勝】

 さあ、ここで決勝戦。ここからは呼び込みが行われます。

 ……ゼルファーがバルトとコールされてしまう事故がありましたが、ともあれ両者セッティング。試合開始です。

三位決定戦
ゼルファー vs 斑鳩

 超軽量級の斑鳩と、先程はバルトになすすべ無く倒されてしまったゼルファーの対決です。
さあ斑鳩、まず旋回しながら近づいていく。背後に回り込んだゼルファー、肩を掴んで崩しに行った、これは空転したところを、斑鳩に捕まれて引き倒された恰好になった。
 1-0、斑鳩有利のカウント、横突きを繰り出すところに、突っ込んで行くゼルファー、絡まって分けた。左に右に隙を伺うゼルファー、斑鳩の肩を掴んだ、これは崩れなかった。斑鳩の横突きを凌いだゼルファー、胸板に両手パンチを繰り出して1-1。
 スコアはイーブン、正面から短い叩き合い、横から近づいて適宜パンチを繰り出す斑鳩、ゼルファーはなかなか隙を掴ませない。伸ばした腕を掴んで崩し、これで2ダウン。
 近い距離での叩き合い、横突きを出す斑鳩、その腕を持ち上げかけるが、ゼルファー崩れた。スリップ。背中から突っ込んで、後ろ向きに倒れる、斑鳩、攻めあぐねているか、突き腕が伸びきったところにゼルファーが腕を繰り出す、小突き崩して3-1。
 ゼルファーが斑鳩を崩して3位となりました。

 バトルはこのまま表彰式になります。三位の賞品は…… もう持って来られてますけど、あれは。あれはひょっとしなくても。三位の賞品はトウモロコシです。
 写真家の先生にトウモロコシをステージ上で貰うと言う、なんだか信じて貰えなさそうな光景。robot japanさんの賞品、相変わらずの通常営業です。
 さあ、このあとは決勝戦ですよ。

決勝
バルト vs W3HV

 さあ決勝戦、出てきましたワンダースリー。神矢先生決勝まで上がって来ました。両者、激しく攻めてきたバルト、勢いをつけての攻撃で一気にワンダースリーを薙ぎ倒してしまう。再開、始まった直後にダッシュからの速攻、再びワンダー3からダウンを奪う。
 三度、再開から同じパターンの突撃、ワンダースリーなんとか回避、バルトの駆け寄りざまの横突きを、その場で旋回、勢いを逃しながらなんとか凌ぎますが。最後は通常の突きとは逆側から、体の裏側から突き込む攻撃を貰い、これで3ダウン。なすすべなくワンダースリー崩されてしまい、バルトが優勝となりました。

 さて、このまま表彰式です。まず二位の賞品は…… 神矢先生に手渡されたのはパイナップル。もはや今更ですがなぜ。
 そして優勝の賞品は、北海道夕張マスクメロン。今日はとことん青物づくしのようですね。ともあれ、優勝はバルト、準優勝はW3HVでした。

 このまま続いて、バンタム級の三位決定戦と決勝戦となります。

三位決定戦
フロスティ vs サアガ

 さあ、これは非常に興味深い対決。捕まえれば何でも投げるサアガと、軽快なフットワークで止まらないフロスティの対決。
 ……あれ、ちょっとフロスティの脚の調子が悪くなってしまったようです。先程から解説に加わったしばさんによる、対称的な両機の解説が行われます。ロボットの戦いは相性が大事、と言う事に。なかなかフロスティの調整、手間取ってしまっているようです。これは非常に楽しみにしているところなので、なんとかうまく出てきてほしいところなのですが。
 きつつき師匠が客席に聞きに廻っていますが、しまけんさんになぐさんと、参加者サイドの皆さんへの質問がもりもりつづくおもしろ状態でした。とうとうレムさん(プレス)がインタビューされているところに、フロスティがリング上に復帰してきました。さあ、試合再開です。と言うか試合開始です。

 さあ開始、サアガが一気に詰めた、フロスティ躱して行く、起き上がった。大丈夫そうだ、位置を取ってサアガの隙を打ち仕留める、これでダウン。かなりのスピードですが、掴んだ、フロスティを駆け寄りざまに掴んだが、これは投げられなかった。
 垂直ジャンプを繰り返しつつ、角度を変えるフロスティ、サアガはその周りを激しく回って掴む位置を狙いに行く、フロスティは長いリーチで横に攻撃、サアガの足下を狙っていける構え、掴んでいこうとするが、フロスティが完全に捉え切れない、脚を掴んだ、しかしサアガ、崩せない。脚を掴んだが崩せなかった。
 フロスティ、変な角度で倒れた、置き上がった。背後を取ったサアガ、いいポジションだがフロスティが崩れてしまった、横にぐんと伸びる攻撃、あれはかなり恐い。掴んだ、しかし離してしまった、パンチが頭上をくぐりぬけていった。サアガ、詰め寄って掴みに行く、フロスティの横パンチを巧みに下がってかわしていく、掴んだ、いけるか、腕を伸ばした拍子に抱え込んで、一気に引き倒して投げた! これで1-1、サアガがワンチャンスを物にした!
 両者1ダウン、フットワークがゆるまないフロスティ、サアガは跳ね回って攻撃のチャンスを与えない。正面からもみあったが、凌いだ、脚を持った、投げられなかった、ちょと絡まってしまった。
 残り20秒、再開。早く捌けるサアガ、あー、まさかの展開! 走りすぎた、リングアウト、残り7秒でサアガ、オーバーランでリングアウト!
 2-1、最後は脚を掴みに行ったところで試合終了、終了寸前の暴走が響いてしまい、僅差の勝負を制してフロスティ、2-1で三位となりました。

 三位決定戦終了につき賞品の授与。紙袋に入っていますが、なぜかトウモロコシが2本になっておりました。

決勝
ガルー vs 黒鵜

 さあ、決勝戦です。最後の勝負は黒鵜とガルー、かなりの重量級機体同士の対決となります。
 さあ開始、両者横突きの恰好で接近した、足下からすくい上げるパンチを両方で仕掛ける、ガルーの腕をひっかけかけるが、黒鵜がスリップして崩れる。両者大きく屈み込んでの攻撃、黒鵜の股間に腕をひっかかえた恰好の攻撃。これは黒鵜のダウンとなり、1-0。さらに両者打撃がぶつかって倒れ、両者スリップに。
 再開、黒鵜の攻撃の隙に、足首にひっかけて持ち上げ、さらに倒れかけたところに再度追い打ちを入れて2-0。黒鵜、追い込められた、背中を向けてぶつかり合い、ガルー、背中を向けられたままの接近から、ガルーに背中から一撃を貰い、これで3ダウン。叩き合いから、ガルーが黒鵜を制圧して、3-0で勝利となりました。
 これにより全試合は終了。優勝はガルー、準優勝は黒鵜となります。

 さて、賞品のとなります。「なにがもらえるのか! なんだろうなあ!」とかなり頑張っているきつつき師匠。賞品はもちろんパイナップルです。そして優勝は…… えー、はい。さきほどと同一、マスクメロンでした。

 このあとはダンスコンテストになります。

|

« ROBOT JAPAN 2nd観戦記【ブラックリスター2製作発表・一発芸】 | トップページ | ROBOT JAPAN 2nd観戦記【ダンスコンテスト】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/52543717

この記事へのトラックバック一覧です: ROBOT JAPAN 2nd観戦記【フライ級/バンタム級・三位決定戦/決勝】:

« ROBOT JAPAN 2nd観戦記【ブラックリスター2製作発表・一発芸】 | トップページ | ROBOT JAPAN 2nd観戦記【ダンスコンテスト】 »