« イスタンブールの群狼(☆☆☆) | トップページ | 第7回&第8回KONDO BATTLE大会観戦記【各クラス決勝】 »

2011.09.23

第7回&第8回KONDO BATTLE大会観戦記【入場編~ 各クラス一回戦・二回戦(中途より)】

 本日は秋葉原にて、第七回・第八回のKONDO BATTLEが一斉開催されますー。
 私用というか、お墓参りで若干遅れて会場に到着。KONDO BATTLEの展開は非常にスピーディー。会場に到着した時にはすでに第三試合が終わろうとしている頃。レポートを書く準備がどうにか整うまでにもう1試合が終了し、ステージはエキシビジョンの第一試合まで進んでおりました。
 というわけで、そこからレポートさせていただきます。

エキシビジョン 一回戦第1試合
ガルー(くまま) vs ガーゴイルミニ(吉田ファミリア)

 認定権とは別枠となる達人勝負、エキシビジョンマッチは第一試合。久々に見てもひときわ巨大、大きく伸びるガーゴイルと、ガルーの対決からスタートです。
 巨大なリーチをさらに伸ばして、大きく沈み込んでの突きを入れるガーゴイル、一発二発と同じ構えから連打を入れ、連続でダウンを奪う。ガルーのすくいあげる反撃、背の高いガーゴイル、立ったままの状態だと引っかからない。ガーゴイルの突きをスリップで躱す、引っかけて持ち上げますが、持ち上がったガーゴイルが足裏から綺麗に着地、そのまま落ちる。続行。
 ガーゴイルが横突きを入れるたび、どすんとリングに重い音が響きます。相当な体重がありそうです。追い詰められたガルー、腕の突き合いでガーゴイルを押し戻し躱しますが、若干調子が悪いか、あっと、ガルー、前向きに倒れてしまった。起き上がりが空振り、ピンチになりますが、これは3カウントでなんとか復帰。
 最後は抱え上げられるような恰好でガーゴイルの攻撃に持ち上げられ、そのまま横倒しに落下。ガーゴイルミニ、いきなりガルーを下しての勝利となりました。

エキシビジョン 一回戦第2試合
クロムキッド(くぱぱ) vs Frosty(FrostyDesign)

 続いては、強力な地力のクロムキッドと、軽快に跳ねるフロスティの対決です。
 ジャンプで近づくフロスティ、着地の瞬間に一撃を入れられ、ころりと転がされてダウンを奪われます。
 フロスティの横突きがクロムの脇に挟まる、これはスリップ、跳ねながら間合いを計るフロスティ、クロムキッドは角度を変えつつ近づく。ジャンプしたフロスティの背中にクロムの腕が引っかかって転がす、しかしこれは、ジャッジ悩んだもののスリップに。
 クロム、スリップ、しゃがみこんで押しのける攻撃、フロスティは押し中心の攻撃にかかる。隙を狙ってリングアウトを狙います。これは入った、横に伸びる突きでクロムをリングの外に押し出したものの、これは攻撃後に三歩歩いていない、とジャッジされてノ
ーカウントに。
 腕で一度立ち上がる、独特の動作で起き上がるフロスティ。クロムキッドの背中に攻撃を引っかけて引き戻し、これで1-1。絡まった、両者同時攻撃。絡まって分け、再開。フロスティ復帰していないか、戻った。腕の突き合い、しゃがんでの、大きく横に伸びての叩き合い、両者しゃがんでの突き合い。隙を見て突き落としに入るフロスティ、突かれたが凌いだか、バランスを崩した、前向きに膝をついたフロスティ。
 しかしこれがダウンと見なすがどうかが検討されているうちに、クロムキッドがダウンを奪われる。これは困った、ダウン有効かどうか、ジャッジしばしの考慮の後。フロスティのダウンが宣告されなかったため、その後の試合は有効ではなく、従ってクロムキッドのダウンは無効、と言う事に。
 ここで時間切れ、2-1、クロムキッドの勝利となりました。

 続いてはオープンクラスの試合となります。二回戦ですね。

オープン 準決勝第1試合
ガッテンダー(sima) vs Cavalier(えまのん)

 開始、中央まで駆け込んだキャバリエ、大きく跳ねるような攻撃でガッテンダーに飛びかかりますが、跳ね飛び過ぎて引っ繰り返り、リング脇ぎりぎりで倒れてしまった。起き上がれない、と言う事でダウンカウント1、1-0に。
 小刻みにジャンプしながら方向を変え、攻撃を仕掛けるキャバリエ、しかしガッテンダーがカウンターで押し戻す。ガッテンダーがしゃがんだままの連続攻撃を入れている、との指摘があり、ここでルールの再確認に。ちょっと時計が止まります。
 しゃがみながらの攻撃は3秒間の間は有効と見なされる、ただし次の攻撃に移るまでには立ち上がって三歩歩かなくてはいけない、と言うルールとのこと。というわけで、ガッテンダーの場合、しゃがんで二連打したら、その後三歩歩かないといけない、と言う事ですね。
 再開、再び掬い上げる横突きのぶつけあい、同じ姿勢での叩き合いになる、立った、先にキャバリエの腕先が伸びきった、ところに遅れてガッテンダーの攻撃が当たって持ち上げ倒し、これでダウン、もろともに倒れるも2-0。
 キャバリエの圧力に追い詰められたガッテンダー、リング脇へ逃れる、キャバリエがガッテンダーを追いかけて…… 倒れてしまった、リング脇。復帰できない、そのまま起き上がりを試みるものの、下半身しか見えなくなった、と思ったら、一瞬遅れてばきっと嫌な音とともにリングから落下。これで3-0、ガッテンダーの勝利となります。

オープン 準決勝第2試合
automo 05(Go-Wan)(holypong) vs たかろぼ(原毅)

 続いての対決は、先程すでにで・かーるを倒していたオートモと、たかろぼの勝負。これまでの大会で見ていた巨大なたかろぼとは打って変わった、中型の背丈のスリムなロボットです。
 序盤からオートモ猛攻。たかろぼ逆関節を織り込んだような起き上がりを見せますが、近づいていくうちに、オートモのパンチを連続で貰ってしまう。連続でパンチを繰り出すオートモ、角度を取る。腕を振り上げながらいい角度を狙う、そこから大きく横に踏み込んで一気に沈め、3-0。最後は頭上から強烈にぶつけていって、オートモの勝利となりました。

 このあとは各クラスの決勝戦となります。

|

« イスタンブールの群狼(☆☆☆) | トップページ | 第7回&第8回KONDO BATTLE大会観戦記【各クラス決勝】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/52814293

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回&第8回KONDO BATTLE大会観戦記【入場編~ 各クラス一回戦・二回戦(中途より)】:

« イスタンブールの群狼(☆☆☆) | トップページ | 第7回&第8回KONDO BATTLE大会観戦記【各クラス決勝】 »