« 第3回ROBO-ONE light観戦記【入場編】 | トップページ | 第3回ROBO-ONE light観戦記【二回戦】 »

2011.10.10

第3回ROBO-ONE light観戦記【一回戦】

 さあ、最初はLightクラス、一回戦はフルトーナメント。一回戦16試合、32機からのスタート。ここから徐々に絞られていきます。

一回戦第1試合
No.7 K2(ヒューマノイドロボット研究会) vs No.14 バンボー(バトル・バンブー)

 さあ、トップバッターはK2、KHR-2でしょうか、なんだかちょっと切り詰められた感じの機体ですね。対するバンボーは代役・梓さん操縦によるKHR-3。バンブーチーム代表として登場です。録画の準備をしてから操縦エリアへ。梓さん往復して忙しい。
 試合開始、両者中央、K2転んだ。起き上がれない、もがいている、ぐるりとダイナミックに一回転して起き上がった。背後を見せたところでゆっくり旋回、回り込むバンボー、真横、ちょっとそれた、後方に下がって間合いを外した、真横に周り込もうと言うのか、真横につけた、攻撃、K2逆にスリップ。
 バンボー、様子見の構えです。両腕を突き出した、これは空振り。逆に攻撃したK2がスリップ。起き上がりが大きいので毎回はらはらします。背後を取った、ダウンを奪った。1-0、起き上がる時にリングアウトしてしまうK2。
 1-0から再開、スリップ、これはリング脇だ、大丈夫か。起きた。リング際からゆっくり中央に戻ろうとするK2、後ろに回り込んだバンボー、両腕突きで倒した,2-0。
 安定がよくないK2、バンボーは慎重に攻め込んでいく、一瞬沈黙したが、起き上がった、ぐらぐらしている。大丈夫か、いきなり前転から仕掛けるK2、これはずれた。これは捨て身技扱いに。残り10秒、長い試合になった、最後に突きをよろけながらも繰り出したところで時間切れ、バンボーの勝利となりました。

「時間のなさと計画性のなさが……」「延期になったおかげで時間はたっぷりあったはずなんですが」とコメントされる皆さんでした。

一回戦第2試合
No.28 はるか(HAL東京ロボット部A) vs No.3 GANGA(あたろう)

 第二試合、ピンクのエプロンをつけたはるか、これはバイオロイド? フリーダムみたいですね。ここで会場にアナウンス、GANGAリタイアのようです。はるか不戦勝となりました。
 ここでデモを行う事に。危なげなく動いてますね。「このロボットの自慢は、見ての通りのスカートです」 エプロンじゃなかったみたいです。

一回戦第3試合
No.17 セアル(白風M) vs No.4 モンブラン(九州産業大学ロボット工房)

 さあ登場は白風Mさん。今回はゼルファーではなく、いつもは零型さんが使っているセアルでの登場。九州のモンブランは真っ黒なKHR-3です。赤く輝くのが恰好いい。
 さあ試合開始。セアル早い、素早く寄っていった、近い距離に寄って両腕パンチ、これは倒れなかった。両者同じような攻撃モーション、双手突きを繰り出すモンブラン、小刻みに繰り出す、いいポジションから入れた、セアルがダウンを奪われる。
 逆襲、大きなモーションでのパンチを二発、そこから横に小さな攻撃、これで倒した、セアル、1-1。
 再開、やや遠い距離から詰めた、攻撃、外したが横を向き、モンブランの攻撃の間に胴体を挟んだ恰好、両腕が横を抜けて行く。やや遠い、近づいた、動きだしにぶつけてダウンを奪う、これで2-1。
 スリップ、中央で周りながらの激突。やや分けた、横歩き、位置を取りに行くセアル、突っ込んだ勢いをぶつけて止めた後、肉薄した距離から両腕突き、これで3ダウン。3-1でセアルの勝利となりました。

 九州チーム、調整中に一回データが消えてしまったとのこと。操縦担当はじゃんけんで決めたのだそうです。

一回戦第4試合
No.23 ZAKO-Ⅱ(チームCHUKYO) vs No.32 RFJ2(RobotFactory)

 届いては、これはザコ2。オリジナル機体、いやKHR-3か。ザク風の外装がくっついています。RFJ2は、これはいよいよ登場、前回大会で猛威を振るったタイニーウェーブがいよいよ登場です。
 さあ試合開始、一機に詰めていったザコ2、ああ、なんだかカラーリングがザクっぽいんですね。中央での打ち合い、低い姿勢からぐうっと伸び上がるようにパンチを繰り出すRF。ダウンを奪った、1-0。
 RFJは安定している、パンチをぶつけられ、スピン様に一回転するが倒れなかった、正面から近づいたザコ、胸板にカウンターを貰った。ダウン、2-0。
 近づいた、RF今度は掴み技、の構え、腕を絡める、これは当たらなかった、やや遠い距離のRFJ、ザコにパンチを連打。手数を繰り出し動きざまを狙う構えか、ザコの動きだしに突きが嵌る、ザコ2、これで3ダウンを奪われて決着となりました。

一回戦第5試合
No.1 Mk-09(まこ) vs No.25 ジュライ(ロボット技術研究サークル)

 続いての試合、まこさん棄権とのこと。ジュライだけがリングに登場します。これはなかなかに軽量化されている感じの機体です。まこさんと言う事で、ガンダムAGEの紹介をしていたり。
 一方のジュライもトラブルが起きているようです。シルバーにオレンジを加えたフレームがあざやかな機体。使っているサーボであんまり調子をよくないものを選んでしまったせいで、モーションを一個作るとサーボが壊れてしまうのだそう。
 ちなみに今大会、すでに4機の棄権が出ているのだそうです。ここまでで2体……。

一回戦第6試合
No.22 ヒマワリ1号(熊谷工業高校) vs No.27 BAUM(電気通信大学ロボメカ工房チームBAUM)

 続いては高校生チームの登場、ヒマワリ1号、これもフリーダムですね。対するはバウム、レゴのマインドストームのような剥き出しフレームの機体、しかも片腕が完全に欠けている。変わったスタイルの隻腕タイプの機体です。
 試合開始、一本腕を出して接近攻撃、しかしヒマワリうまくそらしている構え、ヒマワリは前進いして両腕をゆっくりと突き出す攻撃、こちらも遠いか。背の高いバウムに攻撃が届いていかない。一方のバウム、姿勢を落として上に下に、素早い仕掛けで次々攻撃を繰り出しますが、足下に当てた攻撃は崩しきれず、頭上に繰り出した攻撃はヒマワリの頭の上を抜けてしまう。
 入った、バウム、ダウンを奪った、しかし復帰、変な恰好、上半身が完全に抜けてしまった! 下半身が上半身をぶら下げて歩いている構え、しかし腕先が地面につかないのでダウンもしていない、実に半端な恰好。これはヒマワリ1号チャンスだが、なかなか攻撃を繰り出せない。歩くのが非常に早いバウム、うまく逃げ続ける。ヒマワリ1号スリップ、このまま逃げ切る構えかバウム。
 変な姿勢のまま軽快に逃げ続ける、ヒマワリ追い詰めていけない、歩行スピードが違い過ぎる。厳しいか、残り10秒。ここで時間切れ、上半身が抜けたままで逃げ切ったバウム、かなりぎりぎりの状況でしたが、時間いっぱい勝ち抜けました。

「部活は何人くらいですか」「7人くらいですね」「他のメンバーは何をしていますか」「学校の文化祭で……」 若干重い空気を漂わせ、試合終了となりました。

一回戦第7試合
No.33 sumitt tiny(RobotFactory) vs No.6 桜機(九州産業大学ロボット工房)

 さあ、韓国チームふたたび登場。真っ赤なタイニーウェーブがリングに上がった。これこそ第二回lightの優勝機体です。対するは九州の桜機。こちらはKHR2でしょうか。真横に構えて、両者慎重な攻め。先に仕掛けたサミット、中央で旋回しつつ桜機を射程に捉える、ダウンを奪った。1-0。
 軽快に動き始めたサミット、桜機の背後に滑り込んで両腕、投げの構え、これは外したしたが直後にすかさずパンチ、背後からの打撃で2-0。
 起き上がれない、立ち上がる事ができない、どうした桜機。完全に股を開いた恰好で、そのまま制止してしまった、復帰できない。このまま10カウント、時間切れ。このまま復帰する事ができず試合終了となりました。

 桜機、最後は脚と腕が起き上がりで干渉してしまい、立ち上がる事ができなくなった、とのことでした。

一回戦第8試合
No.21 TAV-003(syunnkou) vs No.2 梅・小鉢(Laboratorio c4)

 折り返しとなる第8試合、梅小鉢とTAV、どちらもオリジナル機体同士の対決…… あれ、TAV-003は棄権だそうです。
 というわけで、ちくわさんの梅小鉢がリングに登場。あれ、ちょっと調子が…… なかなかリングに置けません。あ、大丈夫だ。やっぱり外装について意見が集まりますね。スラローム走行などをかるがると披露します。

一回戦第9試合
No.11 ヴァイパー09(かろと) vs No.20 「Nameless trooper custom」(NID)

 さあ後半戦。こちらもリンク脚がりりしいヴァイパー。対するはKHR-3、見るたびに外装が増えているネームレストルーパー、KONDO BATTLEからやってきました。
 さあ、中央、素早い動きで両者飛び回ります、先に仕掛けるヴァパー、ネームレスが仕掛けていきますが、絡め取られて倒された、1-0。
 しかし起き上がりでバイパーが苦労している、ここでタイムを申請、1-1。起き上がれるか、いやだめだ。ダウンしたままでヴァイパーが棄権のサイン。どうしてしまったんでしょうか、ここで試合終了となってしまいました。

 お話では「リンクの節が折れてしまった」とのこと。重さで負荷がかかりすぎて、言わば腱になっているところが切れてしまったのだそうです。これまではたわんだりしたので大丈夫だったんですが…… とのことでした。一年くらい使っていて、このタイミングで壊れてしまったとのことで、残念ながらマシントラブルでの敗退となりました。
 アルミなどの素材にかかわらず、弱いところは定期的な交換が必要となる、とのことでした。

一回戦第10試合
No.26 サイコロ一号(ガル) vs No.10 ひてん(立地有無)

 さあ、今大会もっとも四角いサイコロ一号の登場です。小さな手提げから、真っ赤なサイコロキャラメルなカラーリングでサイコロ一号がリングに登場だ。対するひてん、こちらもかないりのオリジナル機体、頭がなんだかロールケーキ的なものがついています。なんだこの対決。
 リング脇で待ち構えるサイコロ1号、ひてんが駆け寄って、ちょっと様子を見た、一瞬で倒した。
 1-0、復帰出来ないままで転がっていたサイコロ1号、転んだままで向きをぱたぱたぐるぐる向きを変えていったが、あまりにもリング脇、畳んだものの復帰出来ず、これでリングアウト。
 ひてんのパンチ、サイコロ1号が一瞬宙に浮いた後、ほとんど同じポーズでゆっ、くりと崩れたサイコロ1号。スリップかと思いましたが、これで2ダウン。
 最後は抱き込み気味に巻き込んで倒し、これで3ダウンとなりました。

「元々は起き上がれなかったんですが、三方向は起き上がれるようになりました」とガルさんでした。最後はサイコロにもう一度変形し、退場となりました。

一回戦第11試合
No.24 マシャーン(松山工業株式会社) vs No.15 磯工ROCK(岩倉圭弥)

 続いては企業対学生と異色の対決、フリーダムのマシャーンを擁する松山工業。対する磯工は磯工ROCK、電池を入れながらリングに登場してきました。こちらはKHR-3ですね。
 両者リング脇ぎりぎり、試合開始。ゆっくりと、まずは横を向いて磯工が中央に陣取った、リングのど真ん中で待ち構える、さらに詰めていった、ゆっくりと向きを変えるマシャーンに仕掛けた、これは腕で引き倒す恰好、マシャーンだ、マシャーンがダウンを奪った。1-0。
 ゆっくり起き上がり、腕を広げて棒立ちの構え、後ろから突っ込んで行った磯工、これで1-1。
 復帰、しかしリング脇だ、あぶないぞ。立ち上がったところに突っ込んで、てきぱきとダウンを奪う。
 これで2-1、起き上がり中にスリップしリングの下へ、突っ込んで行った磯工、これは横倒しにスリップ。こちら、マシャーンもスリップした、起き上がれるか、腕や脚をひねるような恰好で置き上がった。、しかし微妙な前屈みの姿勢で止まってしまった、復帰するも、動き出した直後に双手突きをねじり込み、これで3ダウン。
 磯工ROCKの勝利となりました。

 松山工業さんは樹脂の成形業を行っている会社さんとのこと。「起き上がってからファイティングポーズを取るまでにずいぶん時間がかかっていたようですが」「ええ、ここがネックでしたねー。申し訳ございません」と松山工業さんでした。

一回戦第12試合
No.29 かなた(HAL東京ロボット部B) vs No.12 朧(K.I.T)

 続いての登場はかなた…… ああ、なるほど。はるかとかなたでセットなんですね。こちらは青いマントのフリーダムです。対するは朧、こちらは黒いKHR-3。頭のデザインがかっこいい感じ。
 さあ、中央にてきぱきと寄っていった朧、中央で小刻みに歩きつつの睨み合い、朧もちょっと遠いところ、積極的に攻めて行かない、ちょっと距離を外しての構え。ちょっと仕掛けていかない。
 ぶつかっていった朧、ぶつかってからパンチを繰り出しダウンを奪う、1-0。
 さあ、再び離れた。朧がパンチ、両腕パンチをしゃがんで躱す、かなた、起き上がれるるか、ちょっと無線の調子が良くなかったか。背後をとられたかなた、両腕パンチの朧、突っ込んで距離を置く。肉薄、これは耐えた、踵立ち、かなりぐらつくが、復帰するかなた。なかなか倒れない。
 朧はやや離れ、駆け込みざまにパンチを繰り出す、追い打ち、かなたは投げ技か、しゃがんでの攻撃が外れた。きりきりと攻めて行く朧、密着してからパンチで吹っ飛ばす、これで2ダウン。
 最後は再開、横をすりぬけるような歩き抜けざま、真横にパンチを繰り出し引っかけてダウンを奪う。これで3-0、朧の勝利となりました。

「100点中10点いけばいいほうです」と、厳しい自己評価。操縦の難しさを滲ませたHALチームの皆さんでした。

一回戦第13試合
No.31 RFJ1(Robot Factry) vs No.18 Eorz改(零型)

 さあ、タイニーウェーブがまた来るぞ! RFJ1の登場だ。こちらはシルバーのカラーリング。対するはEorz改、零型さん、こちらはKHR-…… 1でしょうか? 懐かしい感じだと思ったら、3年ぶり登場の機体だそうです。
 さあ開始、脚をがちがちと打ち付けるRFJ1、Eorzが中央に取った、これはかなり重心が後ろに傾いている、旋回中に倒れてしまった、起き上がれるか、あぶないあぶない。無線があぶなかった感じだが、復帰した。
 RFJ1、横向きからのパンチでダウンを奪う、引き倒して1-0。
 真横、しかし後ろに重心が寄っているEroz ,なかなか安定がよくない。パンチのぶつけ合い、真横からの叩き合い。一回は凌いだが、二回目でスピンするようにダウン。
 これはどうだ、ちょっとやはり無線の調子が良くないか、起き上がれない、しゃくとり虫のように前進してしまう、いやこれは前進させていた。ダウンからのリングアウト、KOを避けて復帰。
 さあ再開、2-0、脚をがちがち叩いて待ち構えるRFJ1、待ち構えていた、Eorzが突っ込んだが、待ち構えていったアタックレンジに突っ込んでしまった。これで3-0、横突きのカウンターで沈んで、試合終了となりました。

「今朝の三時頃に組み上がって、モーション入れたらここに来る時間でした」とのことでした。フレームもあちこち折れてしまったそうです。肩も膝も砕けてしまったのだそうです。

一回戦第14試合
No.16 Anubis WAN(アールティ 二足部) vs No.13 L-28(小島工房)

 アールティの超小型機、アヌビス・ワンが登場。酉旦那さんが操縦します。対するはL28、球形の頭をつけたKHR03。お子さんが操縦します。かなりのサイズ差だ。
 突っ込んでいくアヌビス、軽快な動きでリングの上を走り回るが、L28が中央で待ち構える、しかし身長で二倍以上の差は大きすぎる、不安定か、自らバランスを崩しかけるL28、大きな攻撃はアヌビスの頭上を潜り抜けてしまう。
 全く止まる事無く突っ込んで行くアヌビス、脚を掴もうと、腰を崩して投げようとするが、これは腕が届いていかなかった。背後から行った、パンチ、これは外した。肉薄、しかしアヌビス崩れた。大きさの差がかなりある、仕掛けるが、脚まで攻撃が届かない、素早くリングの端まで離れた後、一気に接近して密着、しかしこれも攻撃にならない、さあ、旋回しながら死角から来た、脚を掴めなかった、これは厳しい、腕の戻りに巻き込まれましたが、これはスリップ。
 大きさが違い過ぎて接点のない勝負、どうした、アヌビスどうした、起き上がれない、無線トラブル…… 痛恨のタイム。試合時間あと10秒でタイム申請、1ダウンでリングに復帰。スイッチが切れてしまったか。
 1-0、残り10秒、まっすぐ突っ込んでスピンするパンチ、さらに突っ込んで行く、避けていった、後ろに下がるL-28、ここで時間切れ。タイムが決勝点となり、L-28の勝利となりました。

 倒れた拍子に無線が切れてしまった、とのこと。三ヶ月くらい練習で使っていたものの、初めて起きた事態です、とのことでした。
「いつも川崎のリングで無線に泣かされるので、今回は無線を変えてきたんですが…… やっぱり出ました」とのことでした。

一回戦第15試合
No.19 Gボロット(機巧師団) vs No.8 黒騎士(ヒューマノイドロボット研究会)

 続いてGボロット、棄権…… あっと、棄権までコールされかかったところに、「してないしてないしてない!」と、会場から声が! あーっと機巧師団チーム、渋滞に巻き込まれていたが、この局面で到着そして登場だ!
 対する黒騎士は外装をかぶせたKHRといった風情です。それにしても大きさが全然違う。頭上から叩きつけるようなモーションを繰り出す黒騎士、Gロボは躱した、素早い動きで投げを狙いに行く。両腕パンチ、これは頭上を通り抜けてしまう、横パンチ、一発目は外したが踏み込んで当てた、これでダウン。1-0。
 後ろに回り込んでスリップ、正面から突っ込んで両腕のパンチ、これは真正面、頭にちょっと引っかかった、これはダウン。地面を叩く攻撃、これは強烈だ。あれ。待て、の声がレフェリーから飛びます。
 黒騎士のたたき落とす横パンチ、攻撃の腕先がリングに接地してしまう、と言う事で、捨て身技認定となりました。これで今試合、叩きおろしのパンチは使えない、と言う事に。
 しかし再開直後、真正面で睨み合った両者。Gボロットが真正面から突きを貰い、これで3-0。残念ながらGボロット、初回で敗退となりました。

 群馬から来る時に、三連休の初日の渋滞に巻き込まれてすっかり時間がかかってしまったのだそうです。
 さあ、次でいよいよ一回戦最後の試合です。

一回戦第16試合
No.5 玲瓏(九州産業大学ロボット工房) vs No.30 斑鳩(TDUヒューマノイド研究会とりさんチーム)

 最後の対決、玲瓏と斑鳩の対決。今大会で一番画数の多い対決じゃないでしょうか。KHRベースの玲瓏に対し、斑鳩は頭のないタイプのオリジナル機体です。
 中央、まずは先に中央に行った玲瓏、軽快な動きで斑鳩が追って、背後からパンチ。リング脇を逃げ回る斑鳩、追い詰めて行く玲瓏、パンチ、しかし斑鳩が小さく、パンチの打点があたらないか。
 両者移動を繰り返す、攻撃が少ないか。正面で向き合い横パンチの打ち合い、斑鳩がスリップ。あっと、ダウン、一回転してくるっと周り、上下逆立ちになってしまった斑鳩。起き上がれるか、起き上がれない、カウントぎりぎり、ぎりぎり起き上がった。
 後ろを取ったのパンチ、斑鳩、玲瓏は吸収、斑鳩が真横からなおパンチ、玲瓏も逆襲する、リング脇反対へ移動、玲瓏が移動しかかったところに斑鳩が横パンチ、これは微妙な判定だがダウン、1-1。
 玲瓏が背後を取る、斑鳩、投げを出してしまう。玲瓏が倒れてしまう、起き上がれなくなったか、玲瓏がダウンを申請。起き上がれなくなっていたようですが、これで復帰。2-1から残り20秒。
 さあ、中央に一気に寄っていった玲瓏、斑鳩は大きく距離を取って逃げ延びる構えか、いや背後からパンチ、腕を置いたところに、玲瓏がぶつかりにいってしまうような恰好になり、玲瓏、前のめりにダウン。
 これで3-1、画数対決を制して斑鳩の勝利となりました。
 残念ながらこの玲瓏が九州産業大チーム最後の機体。九州産業チームはここで全滅となってしまいました。

 さあ、これで一回戦はすべて終了。
 午後からは第二試合、8試合が行われます。

|

« 第3回ROBO-ONE light観戦記【入場編】 | トップページ | 第3回ROBO-ONE light観戦記【二回戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/52962259

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回ROBO-ONE light観戦記【一回戦】:

« 第3回ROBO-ONE light観戦記【入場編】 | トップページ | 第3回ROBO-ONE light観戦記【二回戦】 »