« 第3回ROBO-ONE light観戦記【二回戦】 | トップページ | 第3回ROBO-ONE light観戦記【準決勝~三位決定戦~決勝】 »

2011.10.10

第3回ROBO-ONE light観戦記【準々決勝】

 出そろいましたベスト8、ここから準々決勝。会場は近所のお子さんが集まってきていたりして、思いの外にぎやかな人出となっています。ちなみにここでいしかわさん会場入りです。
 続いては企業PR、サンライズの時間です。たのしみ!
 (中略)
 たのしかった! さあ、いよいよ準決勝です。

準々決勝第1試合
No.14 バンボー(バトル・バンブー) vs No.32 RFJ2(RobotFactory)

 さあ最初のカードは、バンボーvsRFJ2。タイニーウェーブ対策を進めてきたらしいバンボー、どういう勝負をしてくるか。
 開始、まずは中央に押していったバンボー、RFは横歩きで中央へ、背後を取りに行くバンボー、RFは離れた距離から一気に突っ込んで攻撃する構え、小刻みに両者移動していきます。
 間合いの外で構えるバンボー、やや離れた距離で睨み合う、片方が近付くと片方が離れる構え、大きく前を横切って亭旋回するRF、今度はバンブーは離れた、駆け寄った、横向きに連打を行うRF。バンボーかわした、今度は中央を取ったバンボー、パンチ、躱した、これは背中、Rエフがバンボーを背後から崩した。これで1ダウン。
 1-0から再開、慎重に睨み合い、位置を取りに行きたいが、脚はRFの方が早い、真後ろ、投げ、これは回避した。ちょっと離れた、背後だ、これは外した、直後の反撃、これは入らなかった。絡まってRFが倒れたが、これはスリップ。
 相変わらずリング脇を走り回るRF。中央でしのぐ、攻撃、胸板で止めたバンボー、リング脇に追い詰めた、前を通過しかけたところに、姿勢を崩し気味の一撃、これで諸共に巻き込んで、これで1ダウン、残り10秒。
 再開、攻撃、RFの攻撃をバランスぎりぎりで耐えて凌いだバンボー、伸びきった腕が戻り出す前に、ぎりぎりでバンボー、伸ばした腕に反撃を加え、これが2ダウン目、ここで同時に時間切れ。バンボーチーム、凄まじい接戦を制して勝利を収めました。

 韓国ではタイニーウェーブが300個くらい小中学生に普及していて、皆さんバトルなどでトレーニングを積んでいるのだそう。すごい。
 
準々決勝第2試合
No.27 BAUM(電気通信大学ロボメカ工房チームBAUM) vs No.33 sumitt tiny(RobotFactory)

 続いての勝負、クレーンのようにトリッキーな構成のバウム、これと戦うのはサミットタイニー、最強のタイニーウェーブの登場です。
 さあ、開始。まずは一瞬止まって、ちょっと前に出た、ひゅこひょことバウムがリング中央へ、素早く左右にタイニー、駆け寄りざまの一撃、これは崩れなかった。
 離れて一気に突っ込んで行くサミット、中央に陣取ったバウムはカウンターを狙っている構え、背中合わせ、素早く、ぐるぐるとバウムの周りを廻るサミット、腕を掴みかけて外しますが、これはスリップ。
 バウムの構造材は木じゃないか、と言う声が飛ぶ中、ヒット・アンド・アウェイを繰り返すサミットに対し、背中をめくり上げようとするバウム、これまでかなりいい動きをしてる、攻撃の伸びきった腕をめくり上げられたが、バウムがダウンを奪う。
 リング中央から段々と圧力をかけられ脇に追いつめられれるバウム、段々とリングの脇に追い詰められていく、叩き合い、サミットの攻撃を凌いでいるものの、押されて行くバウム、中央にもどしたか、伸びきった攻撃、サミット仕掛けないか、これは引っかかっていたようだ。
 逆側に回り込みたいサミットですが、残り1分、背中、サミット、スリップ。どうした、どうも攻めあぐねているようだ。大きさが合わないのか、頭の上にひっかけてしまた、腕をひっかける、これは抜けた。しかし頭にすぽんと入った、バウム正面から胸板を押して倒した、2ダウン、ここで時間切れ。
 なんと、これは…… バウムがサミットタイニーを制し、準決勝へ進みました。

準々決勝第3試合
No.10 ひてん(立地有無) vs No.15 磯工ROCK(岩倉圭弥)

 続いての対決、ロールケーキ頭なのに試合巧者のひてん、挑むのは強心臓で勝ち登ってきた磯工ROCKです。
 開始、まずは両者、中央へ、先に仕掛けたのはひてん、やや遠い攻撃ながら、崩して1ダウン、今度はどうだ、リング脇でパンチを構えて待ち構え、駆け寄ってきた磯工を弾いて2ダウン、2-0。
 あっと言う間に有利なカウント、これは…… 磯工ROCKの繰り出した攻撃の腕先に、丁度ぴったりひてんの腕が挟まった。ちょうど手のひらの指と指の間に、ひてんの板状の腕先が刺さった恰好、これで横に引き倒し、先に磯工が倒れた恰好で3ダウン、3-0。ひてんが圧倒的な勝利を収めました。

 磯工ROCK、磯工の設計制作部と言う部活で参加なのだそうです。主にマイコンカーラリーに挑んでいるのだとか。自律タイプやセンサー制御に機体が集まっておりました。

準々決勝第4試合
No.31 RFJ1(Robot Factry) vs No.8 黒騎士(ヒューマノイドロボット研究会)

 さあ、準々決勝最後の試合、まさかの展開で韓国チーム最後の砦となったRFJ1、対するは独特のモーションで勝ち上がってきた黒騎士と言う対決です。
 開始、まずは横を向き中央へ、裏に回り込む黒騎士、やや離れて様子を見ている両者、パンチ、これは遠い。黒騎士は右に左に様子を見る。
 パンチの間合いの内側、胸板に貰ったが、黒騎士耐えた、ファイト、あれ、どうした、真横を向いた。慎重な睨み合い、近づいた、腕先がぶつかる、打ちおろしパンチ、これは空振りになってしまった。真横、左右、これは入った、移動中に入れて1ダウン。
 黒騎士が1ダウンを失い、震えつつも復帰。ちょっと危ない、バランスを崩しかけたが、左右にかわしていった。距離を置いての睨み合い、突っ込んだ、ダブルパンチ、旋回して耐えた黒騎士、攻撃のチャンスを再び伺う。
 やや遠いところ構え、パンチを撃たせる構えか、背後を取った、これは崩しきれなかった、リング際、あー、しゃがんだ所で倒れるが、コレはスリップ。リング脇ぎりぎいに追い詰められた所から、一気に中央に戻ったRF。やあ、睨み合いにあった、パンチ、凌いだ、次、これはだめだ、崩れた黒騎士、2ダウン。2-0。
 安定がちょっと良くないのか黒騎士、起き上がれるか、まずい、あ、行った。起き上がった。残り時間はあとどのくらいか、近づいた、パンチ、凌いだ、旋回させる、これを両者凌ぐ、正面パンチ、左右にそらせるが残り10秒、しゃがんで凌いだ、ダブルスリップ、立ち上がった拍子に時間切れ。
 タイムアウトの時点で、スコアは2-0。黒騎士、スコア差で敗れ、RFJ1の勝利となりました。韓国勢、準決勝に希望を繋げます。

 黒騎士はハードはキット通りでバンパー的なパーツをつけた、とのことでした。

 このあとは、休憩のあと、15時から準決勝となります。

|

« 第3回ROBO-ONE light観戦記【二回戦】 | トップページ | 第3回ROBO-ONE light観戦記【準決勝~三位決定戦~決勝】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/52962275

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回ROBO-ONE light観戦記【準々決勝】:

« 第3回ROBO-ONE light観戦記【二回戦】 | トップページ | 第3回ROBO-ONE light観戦記【準決勝~三位決定戦~決勝】 »