« 法政大学ロボットバトル観戦記【入場編】 | トップページ | 法政大学ロボットバトル観戦記【玉入れ】 »

2011.11.06

法政大学ロボットバトル観戦記【大玉ころがし】

 さて、最初の競技。大玉ころがしの開始であります。
 二機ずつ、3セットの勝負を行います。

1回戦
No.10 黒カジJr vs No.1 くろりん。

 えー、最初の対決はナベケンの黒カジと、ピラニじゃないのか。くろりん。みたいです。ブラックフレームのKHR-3みたいなかんじですね。
 さあまずはくろりんが押して行きましたが、転倒した隙に黒カジが抜いた。起き上がりに苦労しているくろりん、しかし黒カジが運ぶ最中で転倒しているところに、くろりんが反対まで一気に戻って行った。両者転倒、中央での押し合い。くろりんが戻した、勢いを戻して中央から一気に押し切り、くろりんが最初のラウンドを取りました。
 さてこの競技、同じ組み合わせで3ラウンドを行いますので、この顔合わせで第二ラウンドです。横向きから開始、くろりんがちょっと押したところで転倒、黒カジはボールの横から回り込みたいが、移動に苦労している間に、再びくろりんが優勢。黒カジが転倒している隙に一気にゴール。くろりん、2ポイント先取で勝利となります。
 ここですでに勝負はついておりますが、ポイント総計に影響するため、全試合3ラウンドまで行います。黒カジ、腕でボールをキープ。している間にくろりんがバランスを崩す、巻き込んで転倒、両者倒れたところで戻す。後ろ向きにボールを押して行く黒カジ、この作戦が当たった。くろりんが倒れている間に後ろ押しで押し切り、1展を取り返して2-1に。くろりん。の勝利となりました。

2回戦
No.14 KAMO vs No.20 SMY

 続いての勝負はKAMOとSMY。軽量級からの勝負なので、これも小型機体同士の勝負ですね。SMYは「製図マジヤバイ」の略だそうです。そうなのか。
 両者横に並んでボールを挟む。両者とも頭のない構造なんですね。試合開始、まず先にやや押したkamo、SMYは構え、、もろともの抱え込む構え、kamoもろとも押して行った。
 ボールはkamoサイド、なにもかもいっぺんに押していく、腕を幅広に構えて抜かせていかない、そのままどんどん押して行きます。これはうまい、kamo、なんだかバッテリがぶら下がってますけど大丈夫でしょうか、押して行く、これはうまい。kamoもろとも押し着てSMYがまず一勝となりました。
 飛び出た電池を押し込んで、第2ラウンドの準備に入る。ちょっとだけハンデがついて、KAMO有利のポジションで開始。再び正面を向いて、構え、しかし転倒してしまった。このチャンスにkamoも倒れてしまう、両者とも倒れてしまった、電源が切れてしまったようだ。立ち上がった。かわりばんこに転倒して、これはどうにもならない。じわじわと構えて押して行くSMY、中央で押し合い、あ、これは抜かれたか、しかし早い横歩きでカバーに入れるか。粘りたい、最後はオウン的に自分で押し出してしまったか。これで2ダウン。
 なかなかいい勝負になっております。第3ラウンド、横向きで開始。押して行くかも、パンチで転がしたSMY、後ろを向いてしまった、まずい感じだ。電源が切れてしまったか、いや起き上がった。kamo起き上がりに巻き込まれて若干下がった感じ。倒れた奥に入った、ちょっと前にバランスが崩れてしまった、あー、、足が出てしまったSMY,暴走状態のkamo。抜いた、SMYが有利な構えに。しかし時間がもうないか、センター。ここでまた倒れてスイッチが倒れたと同時に時間切れ、センターでの時間切れで同点となりました。

3回戦
No.17 オーガスト vs No.22 セプタキン

 続いての対決は、昨日初お目見えのセプタキンと、何層も重ねたような恰好の腕を持つオーガスト。セプタキンのほうがボリュームがあるかんじの外観ですね。
 開始、大きな突きでボールを背後に転がすセプタキン、しかしコースから転がり出てしまう、オーガストがブロックに入りますが、倒されてしまう。しかし遊んだボールはオーガストの書面に、有利になった。押したいところだが、中央で起き上がりで絡んでいる、オーガストが起き上がりない、立ち上がったが、その間にセプタキンが回り込んだ。有利を失ってしまった。ケーブルが絡んだ、もう時間がない。ボールが中央をころころしているところで時間切れ、これで1Rは中央で終了となります。
 続いて第2ラウンド。開始、突きでボールを押して行く、オーガストは倒れているが、自分の体でボールを支えてセプタキンを押しのける、オーガスト追いついていった、セプタキンを抜いた、しかし走りすぎてボールを追い抜いてしまった。今オーガストが若干飛んだ。そうこうしているうちにボールはオーガスト側に行ってしまった、追いすがる両者、安定が良くないか、どちらもボールとタッチして転んでしまう、オーガスト、足でボールを挟んだ、起き上がれるか、……あー、また中央だ。これは微妙ですが、オーガスト勝利となります。
 続いて第三ラウンド。転んだオーガスト、ボールは押されている、これは綺麗に転がっていった、ゆっくりとではありますがセプタキンがころころと頃がして、3Rを取って終了。これで引き分けとなります。

4回戦
No.11 銀カジ vs No.16 バルト

 続いては、このへんになるとどちらもぐっと大型になってきました。銀カジとバルトの対決です。バルトは軽量ながら、非常によく動く機体。名門ナベケンの銀カジとの勝負となります。
 さて開始、バルトが押して行った、中央でボールを挟んで厳しい押し合い、銀カジが倒れた、しかし機体に引っかかってなかなかうまく押せない。無理に転がしていった。バルトがそのまま押し切って勝利。
 続いて第二ラウンド。開始、押して行く、拮抗している。今度はまた銀カジが倒れた、しかし起き上がりにバルトが巻き込まれている。完全に挟まっている感じ。やや戻して、倒れたところから再開、起き上がりの隙に大きく転がしていく、腕で転がす、銀カジが戻れないうちにこれでゴール。バルトの勝利となります。
 軽快ですバルト。第3ラウンド。押し合いになると銀カジ力負けしていないのですが、今度は銀カジ、がっしりと守っている。押し合いになる、あ、抜けた。回り込んだ、銀カジ転がってしまった、バルトちょっと外したか、小刻みなバックで戻って手前へ、キックで転がしてゴール。3-0、バルトの勝利となりました。

5回戦
No.2 ドリラー vs No.8 G・サアガ

 さて、見所宣言とともにドリラーとGサアガが登場。ドリラー、シンボルのライオンフェイスは通常営業ですが、膝についている小さなキャスターが気になりますね。大きさで言うとだいぶ違いますが、重量はいい勝負。
 開始、いきなり両腕を広げて突っ込んで行くサアガ、猛烈なパワーで無理やり押して行く、あー、いきなりなんだ。ドリラーの足を掴んで放り投げてしまった、まだです、まだそれは先の競技です、投げつけた拍子に一気に転がしてゴール。すでに無法地帯です。
 ハンデがついて第二ラウンド。猛烈に押す、サアガ反動で転倒、起き上がった、しかしこのチャンスをドリラー生かせなかったか、前に転んだ、サアガが抜いた、一気にキック、転倒しつつもゴールまで転がして二つ。
 さらに露骨にハンデがついた第三ラウンド。押した反動でサアガちょっと転んだものの、復帰、今度は腕で突きだした、コースの七割近くも一気に突き転がしてのスピード決着、圧倒的な勢いでGサアガの完勝でした。

6回戦
No.9 ひかる vs No.18 雪風

 続いてはひかると雪風。開始と同時、雪風が腕のパワーで強烈に押して行った、一気に押し切って1Rを取っていった。
 ひかるはオープニングでデモをしていた機体、一方の雪風はエキゾチックな外装の美しいロボット。キーパーモーションでボールを押さえに入る雪風、一方のひかるも腕を広げてブロック。ボールを挟んでの押し合いになった、すっぽぬけて倒れてしまう、起き上がれるか、復帰、ちょっとボールを転がす。背中押しに姿勢を変えながら押していく、ひかるは守りきれるか、キープしていきたい、腕でうまく運んでいった、運び切った。粘りきって1-1。
 第3ラウンド、開始、今度はひかるが押していく、雪風が起き上がりに巻き込みつつボールを吹き飛ばす、キープ、いいポジションだ、転がって戻ってきた。ひかるがワンチャンスを掴んで突き返す、コースに引っかかってお互い場外になったり動けなくなったりしてしまう。復帰させる、起きれないか、あー、起きた起きたボールは大きくひかるサイド、戻せるか、時間がない。お、ぎりぎり、キープした状態で時間切れ。1-2、これで雪風の勝利となりました。

7回戦
No.21 黄金雷神ゴルドサンダーリベンジ vs No.19 フェルナンド

 続いての対決は「長いのでゴルド」ということで、ゴルドとフェルナンドの対決。ゴルドは正面向きでの構えで構えます。
 開始、両腕を広げ、いわゆるキーパーモーションで突っ込むゴルド、仰向けに倒れてしまった、腕で弾く構えのフェルナンド、小刻みな移動、あまり位置を変えていかない、しゃがんで凌いだ。
 のっしのっしと押して行く構えのゴルド、あっと、起き上がれないか、フェルナンドの様子がおかしい、ゴルドは御向けに倒れながらの押し、フェルナンドが体とコースの間に挟んで凌いだものの、時間切れ。ボールとゴルドがからまっているあいだのタイムアップ、このラウンドは距離でゴルドの勝ちに。
 続いて2R。ワンタッチで転がすがゴルドに防がれてしまうフェルナンド、こぼれ玉は転がってから中央に戻った、真横に倒れたフェルナンド。復帰、ゴルドはあおむけに倒れてしまう、ちょっと大きすぎるせいか、立ち上がりに色々絡まってしまいます。ケーブルかなにかが絡んでしまったか、分けた後、横歩きで睨み合いながら真横へ、ゴルドがボールを押さえていった。腕を振り回しますが、弾けず、ここで時間切れ。
 あれ、だいぶハンデがつけられた。ゴルド露骨に押し込まれた状態から開始。フェルナンドのタッチを、あー、仰向けに倒れてしまった、足でゴルドを挟んでしまうフェルナンド。ボールは中央に戻ってきた。腕で弾いて地味にころころ頃がしていくゴルド、もうちょい、あれ、前に出てきてしまう、横歩きに切り替えて押して行った、フェルナンド倒れた、肘の角度がなんだかおかしい、起き上がりに巻き込んだ。ゴルドが起き上がりをぶつけて蹴り出し、勝利となりました。

8回戦
No.13 紅 vs No.24 ツェアスト

 続いては真っ赤な外装系女子ロボット、紅とツェアストの勝負…… あっと、ツェアストがトラブルのようです。この対決はちょっと遅らせるみたいですね。
 繰り上げで次の試合が行われます。

9回戦
No.12 Bカジ vs No.7 で・か~る

 というわけで、こっちが先に。ソリのような変わった足裏をつけたBカジと、相変わらず珍しい昆虫みたいなポーズに、すでに折れ曲がってのでかーる。
 開始、いきなりそのままの姿勢で突進するでかーる、オーバーラン、反対向きに折れ曲がり直した、勢い余ってボールを弾き飛ばしてた、やばいやばいと叫びが入りつつ、反対に折れ曲がって押して行く。その間に抜けられてしまった。
 余裕の構え、かと思いきや、Bカジも転んでしまった。前後にぐにゃぐにゃ折れ曲がるでかーる、転がってBカジに絡まってしまった。復帰、しかし動くと実に早い。猛烈な勢いでボールを押していくでかーる、残り10秒を切ったところから開始の無茶な押し切り、転がしで一気に転がりだしました。
 続いての対決。足を広げてさらに変な恰好になっています。開始、動き出した、ちょっとずれたが、Bカジと壁の隙間を強引に押していく、スラロームでBカジを牽制しつつ、ボールにぶつけ、コースから押し出した。これで2-0。
 でかーるが幻惑しつつ押している情勢。ハンデをうけての再開、Bカジ、ボディで防ぎワンパンチで転がすも、自身が転倒してしまう。出来たその隙間にでかーるが突っ込んで行った、こうなってしまうともうどうにもならない。そのままの勢いでゴールまで押し切り、3-0、でかーるの勝利となりました。

10回戦
No.4 クロムキッド vs No.5 ガルー

 続いての対決はクロムキッドとガルー、っていきなり!? そうかそうか、重量で分けてるから、同型機の対決であればそりゃそうなりますよね。この狭いところではやりづらいと思いますが、どうなってしまうのか。
 押していく、均衡状態から中央での競い合い、ガルーが押し気味になった。これはバランスを一寸崩した。横歩きで並行して押して行く恰好に、ガルーがまずは1ポイント。続いて2ラウンド、再び押し合いになった、クロムキッドがサイドに転がす、隙間が出来たところに一気に入れた、これで2R。
 最終ラウンド。開始、今度はクロムがやや押して行った、あ、脇が開いてしまったか、いや、うまく絞った。コースぎりぎりにガルーが押しながら割り込んでいく、これは抜けた、クロムキッドが強引に押し切って、1点を奪い返す。2-1、この対決はガルーの勝利となりました。

11回戦
No.15 黒鵜弐式 vs No.9 ひかる

 選手が足りないため、ひかるがリザーバとして登場なのですが、あいにく相手が黒鵜と言うですね……。
 このサイズ差は圧倒的すぎる、と思ったら、開始直後の小競り合いで、黒鵜がコースから転げ出てしまう、なにしろ大きすぎてコースの中にうまくおさまらないようです。とはいえ2回ほど押しただけでボールは何気なくゴールへ、ラウンド先取。
 さて2ラウンド、開始、黒鵜がやや下がった状態から一気に押して行った、ひかるをものともせずに勢いで押して勝利、2ラウンド目も獲った。
 続いて3ラウンド、やや黒鵜不利の設定に。黒鵜、一気に押す。ちょっとバランスを崩しかけたが、戻して行った、横突きでひかるを地面に叩き付けた。起き上がれるか、黒鵜もそのひかるが引っかかって身動きが取れない感じ。押し合いになった、横突きで再び吹っ飛ばす感じ、これは、コースが開いた隙にひかるが横突きでボールを一気に転がし、1点を奪い返して終了となりました。対戦は黒鵜の勝利です。

12回戦
No.23 JOKER vs No.6 モンギローニ

 そしてこれが最大クラスのカードですね。モンギローニとジョーカー、立っているだけでコースをほとんど占有しているほどの大型機同士の勝負です。
 開始、いきなり仰向けに倒れたジョーカー、完全にコースが塞がれてしまう。モンギローニ、一瞬迷ったが、構わず押して行く構えに。ジョーカーの復帰も、おかまいなしに一気に押し切って、モンギローニがまず1点。
 続いて第二ラウンド、腕を大きく前に出して、抱え込んだ構えのモンギローニ、ジョーカーは転倒してしまう、モンギローニ、ボールとジョーカーをもろともに押す構え、ジョーカーを復帰させようという隙に、ボールをキープしたまま押して行き、これで2点。
 今度は膝でのドリブル、膝で押していくモンギローニ、コースを空いた隙に体とボールを入れ、ジョーカーが挟んで妨害に入るもものともせず、ジョーカーを押し切ってモンギローニの勝利となりました。

8回戦
No.13 紅 vs No.24 ツェアスト

 さて、最後は先程延期になっていた紅とツェアストの対決です。
 正面から睨みあった、サイズは同格ですね。開始、両腕を広げてキープする構えの紅、ツェアスト、どうした、膝をやや曲げた立ち姿勢で動かなくなってしまった。通信トラブルか、コントローラーを必死に動かしますが、動けない。動けないツェアストにえいえいと正面突きを繰り出す紅。あ、いきなり動き出したツェアスト! 紅慌てますが、そのまま一気に押して行ってツェアストがボールをゴールにポイントで。あー! と言う表情で、ツェアストチームの電通大の皆さんが、うわー!? ごめんなさい-、としている間。意図せざる再起動、意図せざる奇襲でのゴールでありました。
 2R、開始。紅がしゃがんで押す、今度はどうした、紅が無線トラブルか。一体どうしたんでしょうか、電源が落ちてしまったようです。仕切り直して再開。
 開始、しゃがんで、再びツェアスト、無縁トラブルか。思いましたが動きました。さて、いろいろ大変です。転んだ拍子に蹴り飛ばし、ボールはゴールぎりぎりへ。転倒した隙に、頭取れてる、ツェアスト頭取れちゃってます。
 ボールをうまく戻さないと自殺点の瀬戸際から、慎重に慎重に紅が押し戻した。起き上がれないツェアスト、神の手で起き上がって、無線も同時に動く。押されて行ったボールは時間ぎりぎりで紅サイドへと転がっていた。ここで時間切れ。ボールは若干紅サイドですが、これは審判判断でノーサイドに。
 第三ラウンド。開始、ツェアストが押して行く、ややボールが転がった、ツェアストの横にボールが出たところに紅が蹴った、まだ電波が弱いか、ちょっとツェアストがコントロールできなくなってしまった。紅がボールに回り込んでカバーに入りますが、起き上がり、転倒、巻き込まれてたツェアストの頭がまた取れてしまった。
 激しい転倒でがたんがたん行っています。横に構えて凌ぐ、真横に構えての押し合い。この状況で時間切れとなりました。

 さて、これで第一競技はすべて終了。
 お昼休みを挟んで、13時より。第二競技の玉入れとなります。

|

« 法政大学ロボットバトル観戦記【入場編】 | トップページ | 法政大学ロボットバトル観戦記【玉入れ】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/53181510

この記事へのトラックバック一覧です: 法政大学ロボットバトル観戦記【大玉ころがし】:

« 法政大学ロボットバトル観戦記【入場編】 | トップページ | 法政大学ロボットバトル観戦記【玉入れ】 »