« ROBO-ONEエンターテイメントin2011国際ロボット展観戦記【入場編】 | トップページ | ROBO-ONEエンターテイメントin2011国際ロボット展観戦記【GPトーナメント準決勝~決勝】 »

2011.11.12

ROBO-ONEエンターテイメントin2011国際ロボット展観戦記【エキシビジョン~GPトーナメント一回戦】

 さて、会場コーナーのメインステージ。こちらが本日のGPイベントの会場となります。
 すでにステージ上ではマノイのダンスパフォーマンスが行われており、会場に来ているお子さんのリアクションも上々といった感じ。音楽も否応なく盛り上がる感じで、いよいよそろそろの開幕です。

 さあ、最初はまずデモンストレーションから!
 トコトコ丸が深々と一礼し、扇子を広げて軽やかに舞います。いつも思うんですけど、足運びが綺麗なんですよね。舞を止めて一礼、。、お、片足を上げて止めを入れ、首を大きく回しての連獅子の動き。おお、これは。頭のファンを回して髪の毛を大きく振り回し、最後は綺麗に一礼。
 トコトコ丸のオープニングダンスから、GPステージ開始です。トコトコ丸のダンスから、あみのさんのトコトコ丸海外遠征の話から。司会とリングアナは松田さんが。解説は御存知、先川原先生。レフェリーは小林さんと言う布陣でお送り致します。

 さて、本日の題材、最初のイベントはワン・デイ・トーナメント。と言う事で、まずはGPについてとワンデイトーナメントについての解説が先川原さんから行われます。……あれ、ちょっと確認が入ります。
 お、ちょっと順序の調整が。まずはオープニングバトルからですね。というわけで、エキシビジョンマッチからの開始です。

エキシビジョンマッチ~ ガンダム vs アッガイ

 というわけで、最初の勝負は、holypongさんとくままさんのガンダムvsアッガイから。まずは小林さんの紹介で、それぞれのデモンストレーションが行われます。
 まずはリングに横たわったガンダム、黄色いシートをかぶせて、それを取ったあと。足を片足ずつ引いて、リングに立ち上がる。
 続いてビームサーベルを抜いて、手に握る。手差しでビームサーベルの刃をつけたところで、まずは袈裟斬り、そして両腕を添えての突き刺し。
 さらに箱からやかんが登場。やかんを握り締め、立ち上がる。そして背中を反らして、ころんとやかんを置いて完了です。
 レフェリー小林さんから「今のロボットじゃなくて当時のロボットを作ってしまうところがあるんですね。アッガイって非常に微妙かも知れませんが」
 細かすぎて伝わらない物真似みたいな感じに若干なっていますが、ともあれガンダムのデモ終了からバトルに。バトルそのものは3ノックダウン先取、スリップダウン無しのROBO-ONEルールとなります。

 開始、一礼したアッガイ。リング中央へわしわしと寄る、横歩きで寄っていく、ガンダム、真横に位置取った。ガンダム、アッガイの腕を持ち上げる、これはまだ倒れない、横へ躱すアッガイ。
 ガンダム、膝を打たれた恰好になってやや引っ繰り返る。スリップ、レフェリーの補助が入りつつ起き上がった。横向きに向き直る、下から突き上げる攻撃のガンダム、同じくクローを繰り出すアッガイだが流石にちょっと手が短いか。アッガイ、打撃でちょっとひっくり返りかけるものの、意外な安定で崩れない。
 位置的に膝下を狙う恰好のアッガイ、しかしリング脇に追い詰められてきた。ガンダムが腕を伸ばしてなんかわきわきしています。
 打撃の戻りで頭をぽこんと叩く。肘でアッガイの頭を押し出しにかかる。頭を叩いた。離れた、アッガイ、さすがに大きさの差がありすぎるか、有効打が出しにくい。中央まで逃げてきた、意外なくらいガンダムの攻撃は上手い事入らない。
 攻撃角度がちょっと狭いかガンダム、脇に来た、後ろに下がってきた、危ない、リング際ぎりぎりから戻して行った。正面、手を突き出しますが、アッガイの攻撃はさすがに手が短すぎる感じ。スリップ、ガンダム起き上がった。ちょっとバランスを崩した、まだ倒れない、くるりと一回転し姿勢を変える。腰の辺りに攻撃を突き上げるが、アッガイの攻撃が届かない、またリング脇ぎりぎり、手を突き上げる、と言うか、もはや手を振っているだけの構え。
 いかんせんパワーが足りないか、両者ダウンのまま時間切れ。通常は延長戦なんですが、ここは拍手の量でどっちが勝ったか決める、と言う事に。
 まずはガンダムが先に拍手を受ける。続いてアッガイの拍手。「明らかな差がついてしまいました」と言うことで、アッガイの勝利となります。

 さあ、オープニングバトルの後は、いよいよGP組のワンデイトーナメントとなります。解説はさっき出てきたので、さっそく試合から…… いや、まずは全選手の紹介からですね。
 トップを切るのはダイナマイザ-、これはビッグモデルのダイナマイザーだ。続いて登場は腕にフィンをつけたトコトコ丸。やってきたぞ無敵の皇帝グレートキングカイザー。そして完全新造、実力未知数のモンスター、百戦錬磨のクロムキッドに、復活なるか、久々登場の古豪・YG不知火。この六人のGP選手でトーナメント戦が行われます。
 ちょっと松田さんとアシスタントさんのトークが入ったあと、いよいよ試合開始となります。

一回戦第一試合
ヨコヅナグレート不知火 vs クロムキッド

 さあ、トップを切ってスタンディングの雄、YG不知火がリングに上がった。対戦するは打撃も投げも自由自在、広角打法のクロムキッドの対決です。
 開始、不知火、まずは拳を打ち付ける。クロムが返礼、真横を向いた、ちょっと勢いが余りすぎたか、歩き出しで真横に転倒してしまう。スリップ。
 不知火が大きく回り込んで攻撃レンジへ、リング中央まで移動したクロムキッド、中央に陣取って迎撃の構え、不知火は移動しながら攻撃ポイントに踏み込もうとする。一回転倒したら安定したのか、クロムキッド走り出した。素早い動きでリングを横切って行く、やや遠い輪合いで待ち構える、横突き同士がぶつかった。
 大きく回り込む不知火、リング脇ぎりぎりに立った、危ない、戻してきた。クロムキッド。、スリップしてしまう。起き上がった、これは不知火が崩れる、突撃したところにクロムの爪を貰った、1ダウン。1-0。
 近付いての突き、クロムキッド、どうしたんでしょう、ちょっと横歩きでスリップしてしまっている、蹴りを入れる不知火、近付いていった、真横での突きのぶつけあい、不知火、離れて正面に変える、何もないところで蹴り、孤を描いて回り込もうとする不知火、クロムキッドは回転しながら不知火を正面に捉えようとする。
 クロムキッド、腕を伸ばして掴みに行った、抜けてしまった、これは抜けた。投げについての解説が行われているところに、クロムキッド、再び上体を伸ばして掴みかかった、不知火の肩に爪を引っかけて横に転がす投げ、2-0。
 クロムキッド、足首がやや良くない感じだが、なお移動して間合いを開ける、不知火の打撃範囲のわずかに外に構える。突きが空転する不知火、背中合わせになった、裏拳を突き上げるが崩せない。爪を伸ばした。不知火の腕下に引っかかるが、これは持ち上がらなかった。時間切れ。2-0で勝者はクロムキッドとなりました。

「最近バトルしてなかったので腕がなまりました」とDr.GIYさんでした。

一回戦第二試合
グレートキングカイザー vs トコトコ丸

 さあ、続いては第二試合。皇帝今だ退位せず! グレートキングカイザー、久々にGPのリングに登場だ。対するは両腕にファンを搭載したトコトコ丸、猛烈にスピンしながらの登場です。操縦の難しさに注目が集まります、 
 開始、まずは両者様子見、珍重に睨み合う両者、ちょっとトコトコ丸がスリップ。
 キングカイザーが距離を取って睨み合う、お、いきなり突っ込んだ、腕をエンジンのように後ろに出して、トコトコ丸突撃。キングカイザー受け止めた。絡んだか、これはどうなった。
 トコトコ丸、ファンを回し始めたところをキングカイザーに一撃され、そのまま滑ってリングアウト、って、あれ、今回はリングアウトはダウンにならない、ノーカウントルールなのだそうです。
 これでトコトコ丸安心になった。あー、受け止めて投げるカイザー、トコトコ丸、中央で転がりながら、ファンで回って飛んでいってしまう。再開、待ち構える構えのカイザー、トコトコ丸は攻めかかる、顔面でスライドしてしまい明後日に落下、カイザーに突っ込んでいけない。しかもどこかからバッテリが落ちてしまった。トコトコ丸、大丈夫でしょうか。むしろ解説席に動揺が走る中、立ち上がったトコトコ丸、パンチで転び1ダウン。
 このダウンの間に、ちょっと調整の時間に。取れてしまったのはファン用のバッテリのようで、再度組み込みが行われます。これは本来はタイム扱い(正確にはダウン中なのでタイムも申請できない)なのですが、今回GPと言う事でノーカウントに。
 再開、正面出睨み合い、投げの構えで待ち構えるカイザー、スライディングで突っ込んだ後、戻ろうと方向転換して逆方向にリングアウトしてしまうトコトコ丸。
 あー、構えに入った瞬間に落ちてしまう、旋回、猛烈な勢いでその場旋回、起き上がるものの、回って倒れてしまう。お、スライディングで突撃、激突しのまま力比べ、しかし押し切れない、バックしたトコトコ丸、ブレーキでリング脇ぎりぎりで踏み留まった。
 キングカイザー、凌ぐ。とことん凌いでいく、達県ところに体当たり、これも凌ぎ位言った最後はトコトコ丸がその場で高速回転しはじめたところで時間切れ、1ダウン差で決着し、キングカイザーの勝利となりました。

「操縦が下手なのが大きくてですね…… 3分間戦えたのは初めてです」とあみのさんでした。

 さて、ここでいったん休憩-。
 つづきは13時から、準決勝戦となります。

|

« ROBO-ONEエンターテイメントin2011国際ロボット展観戦記【入場編】 | トップページ | ROBO-ONEエンターテイメントin2011国際ロボット展観戦記【GPトーナメント準決勝~決勝】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/53232459

この記事へのトラックバック一覧です: ROBO-ONEエンターテイメントin2011国際ロボット展観戦記【エキシビジョン~GPトーナメント一回戦】:

« ROBO-ONEエンターテイメントin2011国際ロボット展観戦記【入場編】 | トップページ | ROBO-ONEエンターテイメントin2011国際ロボット展観戦記【GPトーナメント準決勝~決勝】 »