« モッサマグナと雪は降る。(☆☆☆) | トップページ | 朝起きたら一匹の虫を大紹介!(☆☆☆) »

2012.01.24

ドラゴニック近未来編。(☆☆☆)

セブンスドラゴン2020 (通常版)

 vitaで始めてプレイしてクリアしたゲームがこれって言うのもどうかって言う気はしますが、ともあれセブンスドラゴン(DL版)、クリア致しました-。
 いや面白かった。一気に遊びきってしまいました。大満足。

 しかし何と言うか、手触りの良さと言うか。決して楽なバランスではないはずなのに、ひやりとする爽快感がずっと続くデザインは、ほんとうまいなあと思います。
 基本的には、もはや古典的と言ってもいいような2DのRPGのシステムを踏襲しているはずなのですが、ランダムエンカウントとシンボルエンカウントを組み合わせて、雑魚戦とボス戦との緩急をがっしりつけているなど、ひとひねりの妙とバランスの上手さは、ほんとひやりとするほどのハイレベルであります。

 自分はトリックスター(銃型)&サムライ&ハッカーのパーティでクリアしたんですが、終盤で戦術が固まってくると、他のクラスの組み合わせだと、どうやってクリアすんだろこれ、と思わず頭を捻ってしまうような(そしてたぶん、他の組み合わせでもそういう風に頭ひねるんだろうなあ、と思うような)バランス取りをしているんだろうなあ、と思います。

 雑魚は蹴散らせるけど、手順を誤ればリソースを消費してしまう。リソースが整っていない状態で、中ボスであるドラゴンに襲撃されたりぶつかったりすると、詰め手的に戦術を決めていけば落とせるものの、ちょっとしたことでバランスを崩すと、容易く総崩れになったりする。
 かと思うと、進みやすいところはほんとに進みやすい。レーダーやエンカウントのサイン、セーブポイントでHPなどが全回復する、消耗品のアイテムは結構潤沢に手に入るので、手に入りにくい消耗品がもったいなくて使えない、と言う事態が起こりにくかったり、(手持ちの数に制限があるのも上手い)。細かいところでは、いわゆる「お金」が、施設を改修するのに必要なものと、アイテムを買うのに必要なものに完全に別れているので、「施設を改修してお店に新しいアイテムが増えたが、それを買うためのお金がなかった」なんていうことに陥らないのも、非常に親切、と言うか、ストレスフリーで非常な快楽を覚えるところです。

 システム的なところもそうですけど、話も若干緩急はあるものの、結構好みの熱い話でありました。詳しい事はともあれ、ボスのあれとかそれとか嫌いな人も多そうですけど、僕はあれはあれでいいと思いますな。
 一行の台詞の力で見せるところが多くて。たった一言の台詞で「うあああああー!?」と言うテンションになる事が多いのは、非常に好みでありました。「天の超電磁砲」の展開は、正直ぐうっと掴まれたなあ……。

 あと、そうそう。これはちょっと意外なことだったんですが、vitaで見たグラフィックは、原色などがビビッドに出ていて非常に綺麗でした。思わぬところで有機ELディスプレイの底力を見た感じ。……特に見所は、地下道の横穴の、なんか鮮やかな緑色のシダ植物みたいなやつ。本当に幻覚めいた極彩色で、目が覚める勢いです。

 そんなこんなで、非常に楽しませて頂きました、セブンスドラゴン2020でした。考えてみるとRPGクリアしたのもずいぶんまた久しぶりなんですけども。まだ裏ダンジョンもあればやってない職業もあるので、ぼちぼちやっていこうかなーと思っております。

 さてさて、しばらくは読書の日々か。次はなにをしましょうか。
 体験版が面白かったフロンティアゲートも気になるんですよねー。vitaだとまたグラフィックが綺麗そう。ともあれ、いろいろ考えてみたい昨今です。

|

« モッサマグナと雪は降る。(☆☆☆) | トップページ | 朝起きたら一匹の虫を大紹介!(☆☆☆) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/53816544

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴニック近未来編。(☆☆☆):

« モッサマグナと雪は降る。(☆☆☆) | トップページ | 朝起きたら一匹の虫を大紹介!(☆☆☆) »