« ROBOT JAPAN 3nd観戦記【バンタム級準決勝】 | トップページ | ROBOT JAPAN 3nd観戦記【フライ級 三位決定戦・決勝戦】 »

2012.01.09

ROBOT JAPAN 3nd観戦記【一発芸部門】

 さて、休憩のあとは一発芸部門なのですが、ここでミステル・タマオ総統がなぜかリングに割り込んで登場。監督にAKBの写真渡して買収に成功したそうです。さっきのだ。そんなこんなで小競り合いの後、ロボットプロレスの紹介を行う事に相成ります。

 そんなわけで、ロボットプロレスの紹介から。きちんとフォールしてカウントを取りますよ、と言う事で。「クリスマスに、ブディストホールで、プロレスをしたんです」「宗教的にもばらばらじゃないですか」 仏教とキリスト教とプロレスの混交です。いまキリスト侠って変換した。

 えー、前回のできんのか!のセミファイナルの映像を見ながら、タマオ総統がきつつき師匠に試合の内容を説明すると言う,非常に心臓の強さが問われるマシンガントークイベントになっておりました。いかすなあ。
 この時点ですでに、猛烈な勢いで一発芸だったような気がしますが、ここから一発芸部門となります。

No.1 スタローンF

 さて、一番手はサバゲチームによるスタローンFの登場です。前回のアーノルドスタローンは六足タイプでしたが、今度は四つ足モデルのスタローンFが出てきます。
 前回はカメラの色認識デモを行っていましたが、今回はロボットそのものも動きながら、標的をカメラでトレースし続ける、と言う仕組みを今回繰り出します。
 舞台に登って…… アレ。流血仮面が四つん這いになったみたいな恰好の機体が、リングの上に登ってきました。ターゲットとなるドローンが中央に置かれています。這い回る流血仮面、首がじわじわと動いて、標的を中央に捉えようと自動で首を動かします。あー、なるほど。顎のところにカメラがついてるんですね。
 次々と動き回り、補足の画像を四角く表示するスタローンのPC画面。今後は動いている標的を自動認識し、さらに動いている標的の色を分析して、その色を自動追尾する、と言うシステムも作り得る、とのことでした。
 そしてなんだかこのスタローン、流血48に入れさせられたらしい、と言うところで、この演技は終了となりました。

No.2 ひかる

 続いては法政大学チームのひかるが登場。今回はアナログコントローラーを使って、物を掴んで動かす、と言うデモを行います。ぬいぐるみの円筒形の積み木を抱えて運ぶ、と言うデモです。
 リングの端に置いた積み木を、いきなり攻撃してばしっと叩いてしまいつつ。今度はきっちりと腕で抱え込んでホールド。アナログ作業で腕を動かす事により、適宜、人間の感覚でコントロールすることで、抱え上げてあっちからこっち、こっちからあっち、と運んでいきます。
 通信の速度が十分かどうか、と言うところが難しい、とのこと。最後は肩での倒立もおまけに披露して、これで終了となりました。

No.3 さくら2号

 さて、続けて登場は吉田さんのさくら2号。リングの上の登場してきました。娘さんがあんまりロボット触ってくれないんですよ、みたいな話をちょろりと。今日はボールを投げるデモを行います。キーパーモーション。ちょっと懐かしいですね。
 さて,侠のデモはボールを投げるとのこと。ステージの上にボールをころころ転がして、掴みに行きました、ちょっと抜けてしまった、お、掴んだ掴んだ、両腕の間でちょっとボールを揉んだ後、飛んだ飛んだ。客席で言うと参列目くらいまで綺麗に飛んで、綺麗に客席に飛んできます。おおう、こっち来た。あーしまった、掴めなかった。もう一つのボールはプロデューサーの後ろに飛んで行きます。
 ボールを揉んで、プロデューサーがキャッチ。ぽんぽん投げますよ。ボールの大きさの関係でちょっと遊びがあるせいか、ちょっと飛距離に不安定さがあるみたいですね。

 というわけで、ここで一発芸部門は終了に。
 続けて、フライ級・バンタム級の三位決定戦、決勝戦となります。

|

« ROBOT JAPAN 3nd観戦記【バンタム級準決勝】 | トップページ | ROBOT JAPAN 3nd観戦記【フライ級 三位決定戦・決勝戦】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/53692870

この記事へのトラックバック一覧です: ROBOT JAPAN 3nd観戦記【一発芸部門】:

« ROBOT JAPAN 3nd観戦記【バンタム級準決勝】 | トップページ | ROBOT JAPAN 3nd観戦記【フライ級 三位決定戦・決勝戦】 »