« ROBOT JAPAN 3nd観戦記【フライ級 三位決定戦・決勝戦】 | トップページ | ROBOT JAPAN 3nd観戦記【ダンス部門】 »

2012.01.09

ROBOT JAPAN 3nd観戦記【バンタム級 三位決定戦・決勝戦】

 さあ、残すところ、あと二試合。
 今度はバンタム級の三位決定戦、そして決勝です。

三位決定戦 第試合
ひかる vs 紅~くれない~

 かなり大きさが違うこの対決、紅との交錯で、転がるひかる、両腕パンチを繰り出しつつ、左右に位置を取るひかる、パンチのあと軌道を変えた攻撃、投げにかかった、両腕を突き出して詰め寄る。これはひかるを掴み切れなかった。かなり大きさが違います。ひかるは紅の半分くらいしかない。低い位置からの攻撃を、両腕を同時に突き出すパンチで沈められ、これで1ダウン。
 これはどうした、紅に肩の上にのしかかられた恰好のひかる、腕をばたばたさせて躱して行った、かなり激しくばたばたしていました。ひかる、やや距離を放した、紅のパンチをかわして飛び込む、これはどうした、動かなくなったひかる、無線トラブルか。急いでPCに操作の手を写し、なんとか復帰、掴みに行った、ひかるが胴体を抱え込んだが、パンチを押し込んで、紅が躱した。
 パンチの打ち合い、バランスを崩して吹っ飛び、紅がダウン。これで1-1。
 やや遠くへ離れたひかる、遠い間合いへ構えた。後頭部からのパンチ、これは凌いだひかる。紅、背後を追った。パンチを打ち込むが、背丈がかなり違う、これはダウンか、打ち込んだ後に横に振る、このパンチで紅がひかるを倒し、これで2-1。
 ここで時間切れ、復帰しようとするひかるが非常に激しく震動しつつ、これで決着。紅が三位を勝ち取りました。

「インフルエンザの方がいるので代わりに出る事になりました」って、なぐさんのことですよねそれは……。大変だなあ。三年生なので、次回は後輩に紅を譲ります、とのことでした。
「コンデンスミルクです。みんなで飲んで下さい」と、三位賞品はコンデンスミルクでした。

決勝 第試合
フェルナンド vs ヘラクレス

 さあ、これは見応えのありそうな勝負です。これまでの試合、いい動きを見せつけてきた両者、決勝で対決となりました。身の丈も同じくらい、バランスのいい勝負になりそうです。
 開始、さあ、中央、まずは横への振り下ろす攻撃を放つヘラクレス、交錯からフェルナンドが倒れたが、スリップ、再開、中央でのぶつかり合い、吹っ飛んだフェルナンド。スリップ。倒れた、立て続けヘラクレスに狙われ、これでダウンを速攻で奪われる、1-0。
 再開直後、がちんと激しい音を立てつつ、巻き上げる攻撃を放つヘラクレス、すれ違いつつ背後を追ったフェルナンド、背後から攻撃、ダウンを奪い返す。1-1。
 再開、ヘラクレスの攻撃がフェルナンドの腿のあたり、フレームの隙間に絡まった、これは両者スリップ。立ち上がれるか、フェルナンド、ちょっと下がった。
 距離を置かせて、ヘラクレスが立ち上がる。立ち止まらない両者の勝負、さあ、中央、再開、立ち上がった。
 ファイト、突撃したヘラクレス、再開直後に下からめくって、フェルナンドを正面から倒す、これで2-1。
 さあ、中央、斜めに交錯してぶつけ合い、腕を突き出して凌ごうとしたところに、フェルナンドを正面から押し込む、攻撃の腕ごと、無理なく押し込むような動作で、ヘラクレスが3ダウン目を確保。
 速攻で押し切り、ヘラクレス、3ダウンで勝利となりました。

 もうちょっとかな、と思った、と言うフェルナンドチーム。賞品はすでにおわかりの通り、まぐろ金ゴマの佃煮でした。
 そしてヘラクレスチーム。「賞品はなんでしょうね!」「ところでカブは好きですか?」「漬け物とかおいしいですよね」「でも賞品はなんだか判りませんよ」なんてことをやりとりをしているうちに、すでにお盆に載って出ているわけですが、西京漬けの鮭と一緒にカブが授与されました。

 さてさて、優勝はヘラクレスでした! これでバンタム級も終了となりました。
 最後はロボットダンス・コンテストとなります。

|

« ROBOT JAPAN 3nd観戦記【フライ級 三位決定戦・決勝戦】 | トップページ | ROBOT JAPAN 3nd観戦記【ダンス部門】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/53692882

この記事へのトラックバック一覧です: ROBOT JAPAN 3nd観戦記【バンタム級 三位決定戦・決勝戦】:

« ROBOT JAPAN 3nd観戦記【フライ級 三位決定戦・決勝戦】 | トップページ | ROBOT JAPAN 3nd観戦記【ダンス部門】 »