« 第10回ナガレンジャーファイティングフェスタ観戦記【バトル・準決勝~三位決定戦~決勝】 | トップページ | 第10回ナガレンジャーファイティングフェスタ観戦記【表彰式】 »

2012.02.04

第10回ナガレンジャーファイティングフェスタ観戦記【サッカー】

 このあとはサッカーであります。3~4機でのチームを組んでのトーナメント戦。試合時間は前後半なしの5分です。
 チーム分けは以下の通りとなります。

----

A(チームロボ道楽)

クロムキッド(くぱぱ)
GENRYU2.1号(長井工業高校機械)
GENRYU1.1号(長井工業高校機械)
で・か~る(道楽、)

B(チームメキシコ)

ガルー(くまま)
ナガレゴールド(KENTA)
流血仮面(ミステル・タマオ総統)

C(チームイエロー)

ナガレイエローUC(ナガレイエロー)
スーパーナガレブルー(長井工業高校電子)
ナガレブルー・スプリンター(長井工業高校電子)
ぬまンダム(寒河江工業高校)

D(チームNONAME)

OHKUBOスペシャル(山形大学大久保研究室)
Cavalier(キャバリア)(えまのん)
Purple Star(TeamSSK)
煌舞闘(バンセイ)

----

第1試合
A(チームロボ道楽) vs B(チームメキシコ)

 さて、最初の試合。道楽、さん率いるクロムキッド&長井工業機械チーム+臨時助っ人のzakさんに対し、流血+ガルー+ナガレゴールドの強豪チームが挑みます。強い機体の組みあわせと言う事なのか、このBチームだけ3機なんですね。
 さあ開始、いきなりボールを押し込んでいったメキシコチーム、クロムキッドとゴールドとの奪い合いに、でかーるが食い込んでくる、ボールは後ろに転がっていった、zakさんの機体はゴールキーパーのよう。一方のメキシコチームは流血仮面がゴールキーパーです。
 サイドに転がったボールはメキシコ側へ、クロムとガルーが押し合いになる、ガルーが転がしてボールはサイド、クロムのキックイン。中央、ガルーをスルーしてゴールドがホールド、ゲンリュウが割り込んでインタラプト、ボールを足に掴んでゴールドがキープ、転がったボールをクロムとゴールドが押し合う。コートを横切って移動しラインを割る。
 ガルーのキックイン、ドリブルした、中央、でかーるが近い。これは出た。でかーるが出したため、ゴールドのキックから再開。
 中央、ガルーの正面だがクロムがカット、ゴールドが再び押さえる、これはゴールへ転がったがサイドへ出た、ゴールキック。クロムキッドのキックから再開。ドリブルになった、ゴールドが割り込む、ボールはコーナー、まだ生きている、これをクロムが出してしまった。
 ゴールド、チャンスだ。キック、しかし出てしまう。ゴールキック、クロムのキックをゲンリュウが止めた、自らドリブル。キーパーの流血仮面が上がってきた、ここにいた、キックをクロムが止める、流血、戻れるか、でかーるとゴールドのボールの奪い合い、キーパーが止まった。でかーるがボールを押していく、ガルーがカバーに入る。クロムキッドのキック、これは惜しい、ポストぎりぎりに嫌われた、これはどうだ、ゴールキック、ゴール前まで転がっていった! zakさんの機体が動けないところにゴールドが駆け寄り、これで1点。
 中央、でかーると流血仮面が複雑に絡まっている、無視して続行の指示、そこにガルーが絡まったところで時間切れ、試合終了。1-0、チームメキシコの勝利となりました。

第2試合
C(チームイエロー) vs D(チームNONAME)

 さて続いては、チームイエローとチームNONAMEの対決。ナガレイエローにスーパーナガレブルー、ぬまンダム、そしてナガレスプリンターに変わって、六足のナガレスパイダーもコートに入ってきました。対するチームNONAMEはキャバリアがキーパー、パープルスターと大久保スペシャルの陣容。四対三(ただし多脚含む)です。

 さあ、開始、パープルスターのキックを多脚が止めた、ブルーが割り込む、パープルとスパイダーの押し合いに、ボールを取りに行くスパイダー、驚くべき安定性でボールを確保、そのままドリブルでシュートに入っていく、これは強い、しかしゴールに巨体キャバリアがいる以上は押し切れないか。機体ごと押していきボールを戻すが、キャバリアが倒れてしまった、再起動、ここでナガレシャイニングでしょうか、追加の選手が試合に入ります。これで四対四。
 パープルと大久保が絡んでいる間に、ボールはイエローサイドに。スパイダーとシャイニングが押し合いになっています。ボールを掴んだスパイダー、しかし団子になった、イエローが上がってきました。イエローチームのゴールは、ぬまンダムとスパイダーが守る構え。
 ボールはNONAMEサイド、しかしイエローのキックをパープルが転がりざまに外させ、シャイニングが転がりながらもイエローの足下に絡んで行動を掣肘する。周りを取り囲むような恰好、しかし多脚が再び来た、腕で押さえるような大久保のスリップ、これはボールはライン上、サイドぎりぎり。スパイダーが巧みに戻し、パープルの裏へとボールを転がす、団子になってしまった、ここに突っ込んできたイエローしかし、しかしボールはゴールのサイドへ。
 キャバリアに変わってゴールキック、中央へドリブルするシャイニング、ナガレブルーを押し切りますが、ボールはいつのまにかスパイダーがキープ、パープルスターが割り込みますが、ボールはシャイニングの脇の下に。ハンド扱いとなり、イエローのキックから再開、ボールは大きくイエロー側に戻りますが、ゴールがらあきの状況下で惜しくもここでタイムアップ。
 0-0のまま時間切れの状況下で、結局じゃんけんでの決着と言う事に、これはチームイエローの勝利となりました。

3位決定戦
A(チームロボ道楽) vs D(チームNONAME)

 続いては敗退したチーム同士で3位決定戦となります。調子の悪いキャバリアは思い切った構え、脚を大きく広げてゴールをまるまる塞いでしまいます。これに対し、最終調整でキックモーションを仕込みにかかっている模様のクロムキッド。すでに前哨戦からして、見応えのある状態になっています。
 さあ、クロムのキックから試合開始となります。ボールの位置を慎重に調整し、NONAMEチームは壁を作る。すでにペナルティキックみたいな構え。開始、まずは小さく蹴ったクロムキッド、ボールを転がした、これをでかーるが拾いに行く取った、ボールはコーナーぎりぎりの隙間に転がった、これを狙うか、押し込みに行った! コーナーぎりぎりに、慎重に狙ってコーナーを押し込みに行く、キーパーもゴールもいっしょくたに懸命に押して行き、巧みに押し込んでゴールを奪う。1-0。
 さあ再開、シャイニングのキックを止めたクロム、でかーると干渉してしまいつつ,クロムキッドがキック、これはいい角度に転がった、真ん前だ、でかーるが突っ込んで行く、シャイニングを退けて、いい位置に付けたでかーる、押して行く、下がった、キャバリアがずるずると下がった! 押すことはできたがボールが横に転がってしまう、パープルスターが体を入れてこれ以上の攻撃を防いでいますが、クロムキッドが回り込んだ、ボールがゴールのサイドへ転がった、これはクロムキッドが出してしまい、ゴールキック。
 パープルのゴールキック、これを素早く反応したでかーるが止めた、なんかみんな転がっちゃってますが、ともかく団子状態から復帰、絡まったのを分けている間に、でかーるがドリブルで再びゴールの前に。クロムキッドが助走まで付けて強引にゴールへ突っ込んで行った。ちょっと戻したボールをクロムがキック、打ち上げるがこれはフックしたボールを落としきれなかった、こぼれたボールをでかーるがさらに押し込む、波状攻撃、届かないか。しかし立ち上がろうとしたキャバリアが脚を閉じ、その動作でボールをゴールラインの向こうに巻き込んでしまう、これはオウンゴール、2点目。
 残り時間が乏しい、キャバリアが攻撃に加わった、大きなキックでドリブルを入れるが、クロムが体を張って防ぎ止める。再開、しかしキャバリアが復帰できず分ける、ボールはゴールの前でかーるが転がしてゴール正面、クロムが突きを繰り出してしまう。ともあれこれは凌ぎ切り、ロボ道楽の勝利となりました。

 このあとは決勝戦です。

決勝戦
B(チームメキシコ) vs C(チームイエロー)

 ガルーとナガレゴールドと言う鉄の二枚看板を抱えたメキシコチームに対し、多脚機スパイダーが健闘を見せているチームイエローの勝負です。予告じゃんけんで総統が負けたため、チームイエローのキックから開始。
 三枚看板で初弾を防ぐ構え、ボールは大きく横に転がる、サイドから直接狙う速攻のキックをガルーが凌いだ、しかしもう一撃コーナーキック、これもガルーが再度防いだ。開始直後の攻防からゴールドがボールをキープ、一転ゆっくりした展開になった、ゴールドが転倒、ネジが転がっているが誰のでしょう。
 再開、ラインぎりぎりで微妙な奪い合い、これは出た。スパイダーが出してしまった。流血キックから再開、予想外にいいキックだったが、イエローがカット。中央での押し合い、ボールが出た、ゴールドが殺到して押して行くが、スパイダーに当たって弾かれる。これはセットプレイだ。コーナーキック、流血のキックはゴールドの正面、しかし弾いてしまた、まだチャンスは続く、ややそれた。ゴールキックに変わる、ナガレイエローのキック。、転倒しつつボールは中央に戻る、ゴールドがキープ、ナガレブルーが転倒してボールをまくらにしてしまう。これはレフェリーが分けた。イエローのキックを流血仮面がカット、ゴールドが横に、シュートのチャンス、しかしイエローが割り込んだ、イエロー倒れた、ナガレゴールド、空白の隙にボールを押し込む、1-0。
 大きなキック、しかしガルーがカット、イエローとガルーの勝負、ボールはサイドに。流血仮面のキック、空白のコース、いいところで止まった。ガルーが突っ込んできた、これはドリブルで見事に押して行った、これはいけない、入ってしまったか、ナガレブルーが転がしたボールはぎりぎりゴールの前に、これにナガレゴールドが反応して押して行った、これで2-0。
 再開、イエローの転がしたボールはゴールラインぎりぎりに、割り込んだガルーが慎重に蹴り戻し、中央に、ゴールドがボールをキープして、イエローのマークを割ったところで、ここで時間切れ。2-0、チームメキシコが見事な連携で勝利を収めました。

 これにてサッカー競技は終了。
 優勝はチームメキシコ、準優勝はチームイエローでした。

 さて、これで全競技は終了。
 このあとは表彰式となります。

|

« 第10回ナガレンジャーファイティングフェスタ観戦記【バトル・準決勝~三位決定戦~決勝】 | トップページ | 第10回ナガレンジャーファイティングフェスタ観戦記【表彰式】 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/53913291

この記事へのトラックバック一覧です: 第10回ナガレンジャーファイティングフェスタ観戦記【サッカー】:

« 第10回ナガレンジャーファイティングフェスタ観戦記【バトル・準決勝~三位決定戦~決勝】 | トップページ | 第10回ナガレンジャーファイティングフェスタ観戦記【表彰式】 »