« なんとかこれで。(☆) | トップページ | 足枷機能の可能性とRSSにおける重み付け(☆☆) »

2012.04.12

中央を走るもの。(★)

 これは、また、と言うべきだと思うのですが。
 京都で悲惨な自動車事故が起きた事について、被害者のご冥福をお祈りします。

 自動車事故って言うのには、もちろん色々な要因があるんでしょうけども。起きた事故はほとんどの場合、運転していた個人の責任になるんですよね。

 それは要するに「免許を持って運転しているから」って言う事だからと思うんですが。それは個人に対しての免許じゃなくて、社会に対しての免許になっていないか。って言う気が、なんとなくします。事故が起きても、明らかにメーカーの責任ではないかぎり(車の一部が離脱して事故を起こすケースなど)、どんな大規模な事故が起きたとしても、それは運転者か、運転者を使用していた会社の責任に帰する。
 リコールなどの構造的な欠陥、信号や歩道などの整備不足などのインフラ的な問題を除けば、自動車事故の責任が、自動車会社や交通行政の責任になっているケースと言うのは、どのくらいあるんでしょうかね。僕があんまりその分野に興味を持っていないので、耳にしないだけと言う分もかなりありそうなのですが。

 でも、事故の責任は、過大に個人に乗せられているような気がするのです。そして、個人のモラルと言う脆くあてにならないものに、あまりにも期待されている気がするのです。
 飲んだら乗るな、と、どれだけ繰り返したところで、乗る人は乗る。それなら、「飲んだら乗れない車」を作ってはくれないものなのでしょうか。売れてくれないものでしょうか。

 自動車大国であり、技術立国であるのですから。例えば。アクセルとブレーキを踏み間違えない(あるいはそうしにくい)車とか、運転者の意識レベルを監視して自律的にコントロールする車とか、そういうものを本腰入れて実用化してくれないのかな、と、時々思います。
 運転する人に問題があったとしても、事故を起こさない、起こしにくい、起こしたとしてもその原因を究明しやすい車。そういうものを可能にするのは技術であり、そういう技術が普及するよう誘導していくのは社会である、と言う気がするのですが。

 見えない放射能が恐くないとは言いませんが、見える車も同じくらい恐い。
 生まれた時から見ているから、気にならないけど、とんでもない重量の鉄の塊が、とんでもないスピードで、道の真ん中を我が物顔に突っ走っていく。もし宇宙から、地球のことを何も知らない宇宙人が都市を見たとしたら、自動車がこの星の支配種族であり、僕達人間は自動車に奉仕する種族に見えるやも知れません。

 乗っている人の安全も完全、まわりの人の安全も万全。
 技術が張り切ってそんな車が作られ、社会の気運に乗って飛ぶように売れる。そんな社会になりますように、と思いつつ。

|

« なんとかこれで。(☆) | トップページ | 足枷機能の可能性とRSSにおける重み付け(☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 実際、飲酒運転厳罰化以来、その手の開発も進んではいるようですね。
 とは言え、詳しくはないですが、そう言った事故を起こしにくい車両を開発したところで、売上に繋がりにくいような気もしますねえ。そこを政治が後押ししてくれるといいと思うんですが。「環境格付け融資」みたいな感じで、安全により配慮した資金援助とか。

投稿: 烏羽 | 2012.04.14 21:40

 研究の方は着実に進んでいる、と言う話はときどき耳にしますよね。あとはほんと、どう売れてくれるか、って言う話になってくると思います。

 「事故を起こす車よりも、事故を起こさない車を」はやっぱり政治主導なんだろうな、って言う気はしますが、地デジの時みたいな事になりかねない気も懸念ですよね。
 ここは自動車会社とかの宣伝とかキャンペーンに頑張ってほしい気はします。買い換え需要を強制的に喚起する、的な。

 ……アメリカのベンチャーが「事故を起こさない車」をぱきっと開発して、それが入ってきてスタンダードになっちゃったりとかして。

投稿: sn@散財 | 2012.04.15 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/54456060

この記事へのトラックバック一覧です: 中央を走るもの。(★):

« なんとかこれで。(☆) | トップページ | 足枷機能の可能性とRSSにおける重み付け(☆☆) »