« 再世到来!(☆) | トップページ | 人見桜見飛鳥山。(☆☆☆) »

2012.04.06

軒の影あかあかなりや月の円。(☆☆☆)

 仕事を終えて帰路につき、家の前まで戻って来ると。家の前の道路に、やけにくっきりと、我が家とお隣の軒先の影が張り付いていました。
 はて、こんなにはっきり影がつくほどの光源があっただろうか。と、家の前の影の袂に立ち、ふと振り返ると。郵便受けの背後、自宅と隣家の間のわずかな隙間の夜の空、見惚れるほどに丸い月が、強く輝いてそこに浮かんでいたのでした。

 太陽の照り返りに過ぎないはずなのに、空間を超えに超えてなお、くっきりとした影を落とすほどのこの月明かり。
 なるほど、あかあかや、とはこういうことだったのかも知れないと。そんなことを考えた帰路でした。

 春一番と言うにはなんていうかあまりにも桁外れな奴が通過して、いきなり桜満開とか言う、相変わらず大雑把な気候の春ですが。時間があいたら、うらうらふらふらと、また散歩にでも行きたいものであります。

|

« 再世到来!(☆) | トップページ | 人見桜見飛鳥山。(☆☆☆) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11580/54407705

この記事へのトラックバック一覧です: 軒の影あかあかなりや月の円。(☆☆☆):

« 再世到来!(☆) | トップページ | 人見桜見飛鳥山。(☆☆☆) »